佐賀県総合トップへ

佐賀県の有機農業支援制度

最終更新日:

 

佐賀県の有機農業支援制度

本県では、農業生産における環境への負荷軽減、またより安全・安心な農産物の生産拡大を図るため、環境保全型農業の推進について積極的に取り組んでいるところです。なかでも、有機農業については、一層の拡大を図るため、様々な支援事業を行っています。

 

 

 

(1) さが有機農業塾

 有機農業者や有機農業を目指している農業者が、どのようにしたら有機農産物を安定生産できるのか、また有機農産物を消費者が求めやすくなるのか等について学ぶことができるように、有識者を講師に招き、年2回「さが有機農業塾」を開催しています。これまでの開催内容については、ホームページでご覧いただけます。

 

  ・令和3年度 第2回さが有機農業塾

  ・令和3年度 第1回さが有機農業塾

 

 

 

(2) さが有機農業支援対策事業

 有機農業の定着と取組拡大を図るため、有機農産物の認定申請料の一部を支援します。

 

【補助対象等】

1.令和4年度に新規の有機農産物(加工を含む)の認定および年次審査による再認定を受けていること。但し、補助限度は3回(年1回のみ)とする。

2.認定面積が5a以上であること。

3.県内在住者で、県内に圃場があること。

4.年1回のみ申請できます。

5.タケノコ、キノコは対象外です。

 

【補助金額】

・有機農産物:上限5万円

・有機加工食品:上限5万円(有機農産物と併せて申請)

 

【申請受付期間】

令和4年4月1日~令和5年2月末日まで

【申請方法】下記の申請に必要な書類を佐賀県農林水産部農業経営課環境保全型農業担当まで提出(郵送可)

【申請に必要な書類】

(1)補助金交付申請書および実績報告書(様式第1号)

(2)令和3年度に交付された有機農産物の認定証(コピー可)

(3)認定申請料の領収書(コピー可)

 ※書類について下記の申請様式からダウンロードできます。


 

 

 

(3)環境保全型農業直接支援対策

 農業者等が地球温暖化防止を目的とした農地土壌への地球温暖化防止効果及び生物多様性保全に効果の高い営農活動に取組む場合に支援を行います。

 

  【対象者】

    支援対象となる農業者の組織する団体(本交付金に取組む農業者が2戸以上で構成)

 

  【支援対象となる農業者の要件】

   (1) 主作物について販売することを目的に生産を行っていること

   (2) みどりのチェックシートに定められた取組を実施していること

   (3) 推進活動に取組むこと(技術向上や理解促進に係る活動等)

 

みどりのチェックシート
                            みどりのチェックシート

 

  【支援対象取組】

    化学肥料・化学合成農薬を原則5割以上低減する取組とセットで行われる以下の取組

 

   <全国共通取組:全国で共通した支援対象となる取組>

    カバークロップ、リビングマルチ、草生栽培、有機農業、炭素貯留効果の高い堆肥の水質保全に資する施用、不耕起播種、長期中干し、秋耕

    有機農業の取組拡大の取組

 

   <地域特認取組:地域を限定して支援の対象とする取組>

    冬期湛水管理、総合的病害虫・雑草防除(IPM)

 

    カバークロップ  冬期湛水
   (写真:カバークロップ)          (写真:冬期湛水管理)

 

 

 

        単価表

     (支援対象取組と単価について)


 

   ・環境保全型農業直接支払交付金

   ・有機農業の取組における支援対象となる作物の判定について

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 農林水産省の有機農業関連情報別ウィンドウで開きます(外部リンク) 

     

 

  

   


 


 

 

 

 


 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:85565)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.