佐賀県総合トップへ

中山間地域の現状と課題

最終更新日:

【現状】

 佐賀県の中山間地域では、米やみかん、佐賀牛など、本県を代表する農産物の産地が形成されているものの、平坦地域と比較して、生産条件が不利なところが多く、高齢化や担い手不足が深刻です。
 また、機械利用組合や農作業受託組織などの受け皿づくりや、農業所得の向上対策などが思うように進んでおらず、農業生産が年々縮小している状況です。
 これまでに、中山間地域農業・農村対策として、「耕作放棄地対策」、「担い手への農地集積」、「機械整備等支援措置の要件緩和」などに取り組んできましたが、課題解決に向けた集落全体での話合いは十分になされていない状況です。

 

※参考資料


【課題】

 中山間地域における、担い手不足や耕作放棄地、有害鳥獣被害の増加など、地域ごとの様々な課題を解決していくためには、中山間地域の集落や産地において、自分たちの農業・農地をどのようにして守り、農業所得をどのようにして向上させていくかを考え、取組を進めていくことが重要です。
 例えば、

  • 中山間地域の農業生産を維持するための仕組みづくり
  • 一定規模の区画で農地を確保し、農作業の効率化や安全性を確保
  • 平坦部と比べて厳しい環境にあっても、生産活動が維持され、所得の向上を図る

など、こういった取組について、現状をどう変えていくかについての話合いを行い、地域自らが設定した目標の実現に向けて、できることから実践していく必要があります。

 

佐賀県においては、中山間地域農業の振興に向けた以下の取組を実施しています。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:69820)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.