佐賀県総合トップへ

マイナンバーカードの健康保険証利用について

最終更新日:
 

マイナンバーカードの健康保険証利用について

 マイナンバーカードの保険証利用については、令和3年10月までにオンライン資格確認(マイナンバーカードの健康保険証利用)が本格運用される予定です。

 ※国ではマイナンバーカードの保険証利用については、令和3年3月下旬から本格運用をすることとしていましたが、システムの

  安全性やデータの正確性担保などの観点から、プレ運用を継続したうえで遅くとも薬剤情報の閲覧開始を予定している10月ま

  でに、本格運用を開始することとされました。

   ※プレ運用期間中は、導入保険医療機関等を受診する場合であっても、マイナンバーカードだけでなく、健康保険証等や高齢受

  給者証、限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証及び特定疾病療養受療証を併せて保険医療機関等へ持参する

  必要があります。

 

利用には事前登録が必要です

 マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、マイナポータル(※)で事前に登録が必要です。

 ※マイナポータルとは、子育てや介護をはじめとする行政手続の検索やオンライン申請がワンストップでできたり、行政からの

  お知らせを受け取ることができる自分専用のサイトです。

  マイナポータルサイト:トップぺージ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

マイナンバー(12桁の数字)使いません

 マイナンバーカードの健康保険証利用には、ICチップの中の「電子証明書」を使うため、マイナンバー(12桁の数字)は使わ

 れません。医療機関や薬局の受付窓口でマイナンバーカーを取り扱うことはありませんし、ご自身の診療情報がマイナンバーと

 して紐づけられることもありません。

 

健康保険証として利用するメリット

  ・健康保険証としてずっと使える!
   マイナンバーカードを使えば、就職や転職、引越しをしても保険証の切替えを待たずにカードで受診ができます。
   ※医療保険者への加入の届出は引き続き必要です。
 
 ・医療保険の資格確認がスピーディに!
   カードリーダーにかざせば、スムーズに医療保険の資格確認ができ、医療機関や薬局の受付における事務処理の効率化が期
   待できます。
 
 ・手続きなしで限度額以上の一時的な支払いが不要に!
   限度額適用認定証がなくても、高額療養費制度における限度額以上の支払が免除されます。
   ※自治体独自の医療費助成等については、書類の持参が必要です。
 
 ・健康管理や医療の質が向上!
   マイナポータルで、自分の薬剤情報や特定健診情報を確認できるようになります。(2021年10月予定)
   ※特定健診情報の確認は、医療保険者によって開始時期が異なります。
   本人が同意をすれば、初めての医療機関等でも、今までに使った薬剤情報や特定健診情報が医師等共有できます。
 
 ・医療保険の事務コストの削減!
  医療保険の請求誤りや未収金が減少するなど、医療保険者等の事務処理のコスト削減につながります。
    
 ・医療費控除もカードで便利に!
  マイナポータルを活用して、ご自身の医療費情報を確認できるようになります。(2021年10月予定)
   

マイナンバーカードの保険証利用について(外部リンク)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:80264)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.