佐賀県総合トップへ

佐賀県河川管理施設長寿命化計画(排水機場・水門)に基づき排水機場等の維持管理を実施していきます

最終更新日:

 

概要

佐賀県内は、自然排水が困難な低平地が多く、特に有明海沿岸は広大な低平地が広がっており、有明海の満潮の時には自然排水が行えず、これまで幾度となく浸水被害に悩まされてきました。このため、県内には、排水機場や水門といった河川管理施設が数多く設置されています。

今後、施設の老朽化に伴い、点検・整備や更新等を効率的かつ効果的に行うため、予防保全計画を柱とした「佐賀県河川管理施設長寿命化計画(排水機場・水門)」を策定しました。

この計画に基づき計画的に施設の補修・更新を行うことで、施設の延命化、ライフサイクルコストの縮減を図ることが可能となり、効率的かつ信頼性の高い施設の維持管理を行うことができます。

 

※定期的な点検結果等により、適宜、計画の見直しを行い対策年度が前後する場合があります。

 

 

添付ファイル

 PDF 佐賀県 河川管理施設長寿命化計画(排水機場・水門) 別ウィンドウで開きます(PDF:3.74メガバイト)

 PDF 年次計画(排水機場) 別ウィンドウで開きます(PDF:64.8キロバイト)

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:61086)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.