佐賀県総合トップへ

電気工事士になるには

最終更新日:
 一般家庭や工場などの電気工事に従事するには、電気工事士の免状が必要です。(電気工事業の業務の適正化に関する法律)

 

 

電気工事士(第一種、第二種)免状を取得するには

  • 第一種電気工事士免状

(一般用電気工作物及び自家用電気工作物(最大電力500キロワット未満の需要設備に限る)の作業に従事することができる)

  1. 第一種電気工事士試験に合格し、一定の実務経験を有すること
  2. 電気主任技術者免状を取得後、または、高圧電気技術者試験に合格後、一定の実務経験を有すること

 なお、第一種電気工事士免状取得者は、電気工事士法により、5年に1回の講習が義務付けられています。 

  • 第二種電気工事士免状

(一般用電気工作物の作業に従事することができる)

  1. 第二種電気工事士試験に合格すること
  2. 経済産業大臣が指定する養成施設(※)で、所定の課程を修了すること

(※)佐賀県内における養成施設には、佐賀県立産業技術学院(多久市多久町7183-1 TEL 0952-74-4330)があります。

 

 

電気工事士(第一種、第二種)免状交付申請について

電気工事士免状は、住所地の都道府県知事に申請することにより、交付されます。

申請の案内、申請様式等については、添付ファイルをご覧ください。

 

 

第二種電気工事士免状交付申請(再交付、書換含む)をされる方へ

佐賀県では、第二種電気工事士免状の交付事務(再交付、書換含む)を佐賀県電気工事業工業組合へ委託しております。

なお、第一種電気工事士免状については、引き続き、佐賀県消防防災課において、交付事務を行っております。

 

 

試験日程や試験申し込み等のお問い合わせは

(一財)電気技術者試験センター(TEL 03-3213-5994)へ。

 

 

第一種電気工事士定期講習について

平成25年4月から指定講習機関が変わりました。

詳しくは、関連リンクの第一種電気工事士定期講習のご案内を参照してください。 

 

※ 地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部改正に伴い、

 令和元年10月1日から手数料が改定されます。

 

 

関連リンク

別ウィンドウで開きます(一財)電気技術者試験センター別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 
 

添付ファイル



 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:26688)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.