佐賀県総合トップへ

土地の形質の変更届出(土壌汚染対策法)の手続き

最終更新日:
 

土地の形質変更の届出義務

 土壌汚染対策法では、一定規模以上の土地の形質を変更しようとするときは、土地の形質の変更に着手する30日前までに、その旨を県に届け出る必要があります。

 県は、当該土地において特定有害物質による土壌汚染のおそれがある場合には、その土地所有者等に対し、当該土地の土壌汚染状況調査の実施及びその結果の報告を命令することとなります。

 

届出の対象となる土地

 「土地の形質の変更」とは土地の形状を変更する行為全般をいい、掘削、盛土の別を問わず、土地の形質の変更の部分の合計面積が、3,000平方メートル以上であれば届出が必要になります。

 

 ※有害物質使用特定施設(*)を設置している工場、事業場における土地の形質の変更や、有害物質使用特定施設の使用廃止に係る土壌汚染状況調査が一時的に免除されている土地における土地の形質の変更の場合、合計面積が900平方メートル以上であれば届出が必要となります。(平成31年4月1日 改正法施行)

 

(*)有害物質使用特定施設とは、水質汚濁防止法第2条第2項の特定施設であって、特定有害物質をその施設で製造し、使用し、または処理するものをいいます。

 

【届出対象外】

 土地の形質変更が盛土のみである場合は、届出は不要です。

 また、土地の形質変更が、以下に該当する軽微な土地の形質変更のみである場合は届出不要です。

(1)次のいずれにも該当しない行為

 イ 形質変更対象土地の区域外へ土壌を搬出すること。

 ロ 土壌の飛散又は流出を伴うこと。

 ハ 土地の形質の変更に係る部分の深さが50センチメートル以上であること。

(2)農業を営むために通常行われているような(1)イに該当しない行為

(3)林業の用に供する作業路網の整備で、(1)イに該当しない行為

(4)鉱山関係の土地において行われる土地の形質変更行為

(5)非常災害のために必要な応急措置として行う行為

 

 なお、届出対象かどうかの考え方については、下記添付ファイル欄にある「届出の対象となる行為」 もあわせて参照してください。

 

届出方法

(1) 届出対象者

土地の形質を変更しようとする者

(その施工に関する計画の内容を決定する者で、土地の所有者等、土地を借りて開発行為等を行う開発業者等(工事の発注等の責任を有する者))

(2) 届出様式 一定の規模以上の土地の形質の変更届出書(届出書「様式第六」)

(3) 提出部数 2部(1部は届出控)

(4) 届出期限 土地の形質の変更に着手する30日前まで

(5) 届出書の添付書類

イ 土地の形質の変更をしようとする場所を明らかにした図面(平面図、立面図及び断面図)

(掘削部分と盛土部分が区別して表示されていること)

ロ 届出者が形質の変更を行う土地の所有者等でない場合、土地の形質の変更の実施に係る当該土地の所有者等の同意書(添付書類の様式「別紙1」参照)又は工事請負契約書等の写し

ハ 土地の登記事項証明書及び公図の写し

ニ 工事の工程表(添付書類の様式「別紙2」参照)

ホ 形質変更に係る土地における土壌の特定有害物質による汚染のおそれを推定するための有効な情報が記載された書類

(土地の履歴がわかるもの(土地の利用履歴書(添付書類の様式「別紙3」参照)、過去の地図等、過去の土壌汚染調査結果など)

(6) 提出先  佐賀県県民環境部環境課

〒840-8570 佐賀県佐賀市城内1-1-59

       TEL 0952-25-7774

       FAX 0952-25-7783

     提出方法 持参又は郵送


届出様式

添付ファイル

関連リンク

このページに関する
お問い合わせは
(ID:13739)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.