佐賀県総合トップへ

各課業務紹介-環境理学

最終更新日:

環境理学課

原子力発電所周辺の環境放射能調査

放射能水準調査(原子力規制庁委託調査)

佐賀県緊急時モニタリング計画

騒音・振動の調査・測定に関する技術指導 

原子力発電所周辺の環境放射能調査

九州電力(株)玄海原子力発電所周辺環境の安全を確認するため、環境放射能調査を実施しています。

空気中の放射線量の常時監視
緊急時に備えて、発電所周辺における空間放射線量の変動状況を把握するため、モニタリングポストを設置し放射線テレメータシステムによる常時監視や、モニタリングカーによる測定を行っています。また、長期間の積算放射線量を把握するため積算線量計による定点観測も行っています。

環境試料中の放射能の分析
発電所周辺の農畜産物、海産物、土壌、水などに含まれる放射性物質の量を調査しています。

環境放射能調査 空間放射線量の測定 モニタリングポスト(県26局、九電7局)
放射線量率の他、風向・風速などの気象についても観測しています。
常時
積算線量計(27地点) 4回/年
モニタリングカー(発電所周辺主要道路) 6回/年
環境試料の放射能分析  海産生物(魚類、海草類、貝類等) 12試料
農畜産物・植物(穀類、いも類、果実類、野菜類、牛乳、松葉等) 22試料
水(海水、河川水、水道水、井戸水) 15試料
土(海底土、陸土) 12試料
浮遊じん 30試料

 

 モニタリングポストの写真 モニタリングポスト   モニタリングカー
 <モニタリングポスト>  <モニタリングカー>

 

 環境放射能調査の結果を取りまとめた報告書「放射線テレメータシステムのリアルタイムデータ」別ウィンドウで開きます(外部リンク)は、佐賀県の原子力安全行政のホームページで公開しています。


放射能水準調査(原子力規制庁委託調査)

原子力規制庁がわが国における環境放射能の水準把握等を目的に行っているもので、本県を含め全国の都道府県で行われています。

空気中の放射線量の測定
モニタリングポストを当センターに設置し、連続測定を行っています。


雨水の全β放射能の測定
当センター屋上で降雨があるごとに雨水を採集し、雨水に含まれる放射性物質の量(β線)を測定しています。

環境試料の核種分析
県内の農畜産物、海産物、土壌、水などに含まれる放射性物質の量を調査しています。

放射能水準調査 空間放射線量の測定 モニタリングポスト(6地点) 常時
雨水の全β放射能測定 降雨ごと
環境試料の核種分析 大気浮遊じん 4試料
降下物 12試料
水(水道水) 5試料
土壌 2試料
農畜産物(精米、ほうれん草、大根、牛乳) 4試料

佐賀県を含め全国の結果は、原子力規制庁でとりまとめ、公表されています。

 

佐賀県緊急時モニタリング計画

 県では、原子力災害対策指針及び佐賀県地域防災計画(原子力災害対策編)に基づき「佐賀県緊急時モニタリング計画」において、原子力災害時における緊急時モニタリング体制の整備及び緊急時モニタリングの実施について定めています。

 

添付ファイル
このページに関する
お問い合わせは
(ID:8157)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.