佐賀県総合トップへ

麻しん(はしか)について知っていますか?

最終更新日:

 麻しんは、平成19~20年に10歳代、20歳代を中心とした大きな流行が見られ、多くの学校が休校、学級閉鎖の処置をとるなど、社会的な問題となりましたが、平成20年から5年間、中学1年相当、高校3年相当の年代に麻しんワクチン接種を受ける機会を設けたことで、患者数は激減しました。

 また、ウイルス分離・検出状況からは平成22年11月以降は海外由来型のみであり、平成19年、20年に国内で大流行の原因となった日本土着の麻しんウイルスは見られません。平成27年3月27日、世界保健機関西太平洋地域事務局により、日本が麻しんの排除状態にあることが認定されました。
 しかし、平成28年に入り、全国各地で麻しんの患者報告が相次いでいます。今年は特にアジアの国々(インドネシア、モンゴル等)に渡航歴のある患者の届出報告が目立ちます。また、関西国際空港内の事業所等を中心に麻しん(はしか)の集団感染が発生しています。
 日本では、日本土着の麻しんウイルスによる感染は「排除」が確認されていますが、海外では麻しん(はしか)が流行している国があるため、今後も、渡航歴のある患者や、その接触者から患者が発生する可能性があります。

 

麻しんとは

   「はしか」とも呼ばれており、麻しん患者のせきやくしゃみなどによって感染します。ウイルスがしばらく空気中をただようこともあり、部屋などの閉鎖空間では少しの間患者と同室になることでも感染するなど感染力が強く、感染した人の90%以上が発症します

  症状は、感染後、10~12日間の潜伏期間を経て、38℃程度の発熱や咳、鼻水といったかぜのような症状が2~4日続き、その後39℃以上の高熱とともに発しんが出現します。肺炎、中耳炎を合併しやすく、脳炎といった重い合併症を発症することもあります。合併症がなければ、主な症状は7~10日で回復します。
 麻しんに一度罹ると、その疾患に二度かからないとされる終生免疫を獲得するといわれています。

  

 

予防方法は?

  麻しんは、感染力が強く、空気感染もするので、手洗い、マスクのみで予防はできません。

  個人でできる唯一有効な予防方法は、ワクチンを接種し、免疫をあらかじめ獲得しておくことです。

    また、麻しん患者と接触した場合、接触後3日以内なら麻しんのワクチンで感染を防止できる可能性があります。

 

定期の予防接種について

 昭和51年6月から予防接種法に基づく定期の予防接種の対象疾病に麻しんが位置づけられていましたが、麻しんの患者数が減少し、自然感染による免疫増強効果が得づらくなってきた状況を踏まえ、それまでの1回接種から、平成18年6月2日より1歳児(第1期)と、小学校入学前1年間の幼児(第2期)の2回接種となりました。

 

 第1期、第2期の接種年齢を過ぎてしまうと定期の予防接種として受けられなくなってしまいます。

  接種年齢になったら速やかに接種を受けるようにしましょう。

 

 また、麻しんが流行しやすい4~6月までには、接種を受けるようにしましょう。


<定期の予防接種対象者>

 ・ 第1期:1歳児

 ・ 第2期:5~7歳未満で小学校入学前の1年間(入学前年度4月1日~3月31日)の方

  

<定期の予防接種の予診票と実施場所>

 お住まいの市町から渡される予診票に必要事項をご記入ください。

 県内の指定された協力医療機関なら、どこでも予防接種を受けることができます。

 (協力医療機関リストは佐賀県庁ホームページ「こども及び高齢者の予防接種」をご覧ください。)

 

<費用>

 定期予防接種の対象となる方は、無料(公費負担)で予防接種を受けることができます。

 

任意の予防接種について

 定期の予防接種対象者以外の方は任意の予防接種として麻しんワクチンの接種を受けることができます。
 麻しんに罹ったことがなく、ワクチンを接種していない方は、麻しんに感染する可能性がありますので、予防のために麻しんワクチンの接種を御検討ください。
 20~30歳代の方は、定期の予防接種として麻しん含有ワクチンを1回のみ接種している世代ですので、十分な免疫を獲得していない可能性があります。母子健康手帳等で接種歴を確認してください。
 <費用>
  定期予防接種対象外の方は、1万円程度かかります。

 

接種時の注意点について

 ・ほとんどの医療機関では、事前の予約が必要です。事前に医療機関にご相談ください。  

 ・他の予防接種を受けた場合は一定の期間を空けてから接種しましょう。

 (例:インフルエンザワクチン接種後は、6日間以上あけて、麻しん・風しん ワクチンを接種するなど)

 ・妊娠中の方は胎児に影響を及ぼすことがありますので、接種できません。

 ・アレルギー体質の方は医師と相談してから受けましょう。

 ・体調やワクチンの在庫状況によっては、すぐに接種できない場合がありますので、余裕をもって接種の日程をお決めください。

 

麻しんかなと思ったら

 麻しん(はしか)患者と接触後、発熱、せき、発しんなどの症状が出た場合には、学校や仕事を休み、早めに医療機関を受診してください。
 受診の前に麻しん(はしか)が疑われると電話等で伝えておいてください。渡航歴や麻しん(はしか)患者との接触歴等についても伝えてください。
 過去に予防接種を受けたことのある方は、典型的な症状が出現しないことがあるので、かかりつけ医等に御相談ください。

 

関連リンク

このページに関する
お問い合わせは
(ID:34217)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.