佐賀県総合トップへ

天ヶ瀬ダムは大雨に備えて水位を下げ始めました

最終更新日:
 

天ヶ瀬ダムは大雨に備えて水位を下げ始めました

〇概要

 天ケ瀬ダムは六角川水系治水協定(R2.5.29締結)に基づき、洪水調節容量を確保するためダムの水位を下げ始めました。

 協定に基づく本ダムの洪水調節可能量は20万トン(約4m程水位を下げる予定)

 ダム下流の河川災害復旧工事の完成の目途がついたことから、6月10日から水位を下げ始めました。

 晴天が続けば10日ほどで計画の洪水調節量20万トンを確保できる見込みです。

 

〇天ケ瀬ダムの概要

 場所:多久市南多久町

 河川:瓦川内川(六角川水系)

 堤高:39.4m 堤長:270.0m 貯水量:50.4万トン

 造成:昭和47年から昭和57年

 ダム管理者:多久市(佐賀県の農業用ダムを多久市が管理)

 

天ヶ瀬ダム放流状況(ダム直下)
             天ヶ瀬ダム全景

             事前放流状況

          (放流量は約0.23m3/s)


 

瓦川内川(放流前)河川の状況(放流中)
          ダム下の河川状況(放流前)

          ダム下の河川状況(放流中)

           (水位が約10cm上昇)


 

放流翌日のダム貯水状況放流翌日の状況(牛津川合流部)

          放流2日目のダム貯水状況

          (水位は1日で約30cm低下)

           放流2日目の河川状況

            (牛津川合流地点)




このページに関する
お問い合わせは
(ID:80898)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.