佐賀県総合トップへ

ドナー休暇制度導入にご協力をお願いします

最終更新日:

 

 

骨髄ドナーの現状 

 

骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血病や再生不良性貧血などの病気によって、正常な造血が行われなくなってしまった患者さんの造血幹細胞を、健康な方の造血幹細胞と入れ替える(実際はドナーから採取された造血幹細胞を点滴静注する)ことにより、造血機能を回復させる治療法です。

骨髄移植や末梢血幹細胞移植を必要とする患者さんは、年間2,000人以上いらっしゃいます。多くの患者さんは、自分に適合するドナー候補者を見つけることができますが、患者さんに選ばれたドナー候補者の6割が提供を辞退されています。辞退理由で多いのは、「仕事への影響があると思うため」、「仕事の都合がつかなかったため」が挙げられます。

ドナーは提供に関して、4~6回の外来受診と、骨髄提供の場合4日程度の入院、末梢血幹細胞提供の場合7日程度の入院が必要になります。長期の休暇が必要になることから上司や同僚の目が気になる、会社の理解が得られなかったなどの理由で提供を辞退されています。

 

 

 

 

ドナー休暇制度(働きながらドナーになりやすい環境整備)

 

 ドナーになって造血幹細胞を提供するために必要な外来受診や入院のために取得する休暇を、年次有給休暇ではなく、特別休暇として認める制度が「ドナー休暇制度」です。

勤務先にドナー休暇制度があることは、ドナーの心理的・肉体的な負担の軽減になります。造血幹細胞の提供がスムーズに行われるようになれば、多くの患者さんの命を助けることにつながり、社会的にも大きな意義があります。既に一部の企業・団体においては導入されています。

ドナー休暇制度の導入についてご検討をお願いします。

ドナー休暇制度導入企業・団体については、日本骨髄バンクのホームページをご覧ください。

日本骨髄バンク別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:76460)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.