佐賀県総合トップへ

建設業退職金共済制度(建退共制度)について

最終更新日:

制度の概要

 建設業退職金共済制度(建退共制度)とは、建設現場で働く方々のために、「中小企業退職金共済法」という法律により、国が作った退職金制度です。
 建設業を営む事業主の方が、対象となる雇用者の方々の共済手帳に、働いた日数に応じて、掛金となる共済証紙を貼り、その方々が建設業で働くことをやめたときに、独立行政法人 勤労者退職金共済機構 建設業退職金共済事業本部(建退共)から退職金が支払われます。
 
   ◇加入できる事業主:建設業を営む方
   ◇対象となる労働者:建設現場で働く方
   ◇掛金:日額310円
 
 ※制度の詳細等については、建退共ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧ください。
 

制度の特長

 1.国の制度なので安全、確実、申し込み手続は簡単です。
 2.経営事項審査において加点評価の対象となります。
 3.掛金の一部を国が助成します。
 4.掛金は事業主負担となりますが、法人は損金、個人では必要経費として扱われ、税法上全額非課税となります。
 5.事業主が変わっても、退職金は企業間を通算して計算されます。
 

お問い合わせ先

 ◆建退共佐賀県支部
  〒840-0041 佐賀県佐賀市城内2-2-37
   電話: 0952-26-2778
   ファックス: 0952-24-9751 
   建退共佐賀県支部ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)
 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:70842)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.