佐賀県総合トップへ

佐賀空港の自衛隊使用に関する現時点での佐賀県の考え方

最終更新日:

 国際社会の不確実性が高まる中、戦争のない平和な社会をしっかりと次の世代へとつないでいくことが、何より大切だと考えています。そして、平和な社会を守り、国民、県民の生命と財産を守るためにも国防は重要であり、国防の負担は、国全体で分担し、分かち合わなければならないと考えています。

 防衛省からの佐賀空港の自衛隊使用要請は、国防上の問題でありましたが、県民の安全・安心に関わる重要な課題であったことから、その要請内容、佐賀県への影響などについて、検討を行ってきました。

 具体的には、環境等への影響とその対策、オスプレイの安全性など、様々な観点から、3年半にわたる検討を行い、県議会における議論や決議において、さらには有明海漁協(以下「漁協」という。)をはじめ多くの関係者から、まずは県が判断すべきとの意見をいただいたことも踏まえ、平成30年8月24日に、県としては、「今回の防衛省からの要請を受け入れ、公害防止協定覚書付属資料の変更について漁協と協議をさせていただく」との判断を行い、漁協に対して協議の申し入れを行ないました。

 その後、漁協では検討を重ねられ、令和4年11月1日に、覚書付属資料の変更を受け入れ、「県は佐賀空港を自衛隊と共用することができる」とする決定をされ、同日その旨の回答文書を漁協から頂きました。

 そして、令和5年5月に、防衛省と有明海漁協との間で、土地売買契約が締結され、6月12日からは駐屯地開設に向けた工事が始まっています。

 事業主体である防衛省には、工事期間中はもちろん、駐屯地の整備後においても、地域に寄り添い一つ一つ丁寧な対応を行っていくよう求めていきます。

  一方、令和5年11月29日に、鹿児島県屋久島沖で米空軍CV-22の墜落事故が発生しました。

 飛行の安全は何よりも大切であり、何事にも100%安全という安全神話は存在せず、安全性については、常に追求していかなければならないと考えています。

 事故等が発生した場合に大切なことは、原因やその対策を確認することです。

 今回の墜落事故については、直ちに防衛省に対し、迅速な情報提供と徹底した事故原因の究明を米当局に求めるよう要請し、さらに後日、改めて文書により要請を行いました。まずは原因究明が重要であり、米側での調査に、強い関心を持って注視していきます。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:42326)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.