佐賀県総合トップへ

佐賀空港の自衛隊使用に関する現時点での佐賀県の考え方

最終更新日:

 今回の防衛省からの要請は、国民、県民の生命と財産を守る国防に関する要請であったことから、県としては真摯に向き合ってきました。

 県民の安全・安心に関わることでもあり、環境等への影響とその対策、オスプレイの安全性など、様々な観点から、3年半にわたる検討を行い、県議会における議論や決議において、さらには有明海漁協をはじめ多くの関係者から、まずは県が判断すべきだとの意見をいただいたことも踏まえ、平成30年8月24日別ウィンドウで開きますに、「県としては、今回の防衛省からの要請を受け入れ、公害防止協定覚書付属資料の変更について有明海漁協(以下「漁協」という。)と協議をさせていただく」との判断を行い、漁協に対して協議の申し入れを行いました。

 その後、令和元年5月24日別ウィンドウで開きます及び11月26日別ウィンドウで開きますにも知事が漁協を訪問し、今回の防衛省からの要請を漁協としても受け入れ、公害防止協定覚書付属資料の変更に応じていただきたいとの申し入れを行いました。

 こうした県の取り組みと並行して、令和元年8月には、事業主体である防衛省から漁協に対して、計画の概要や環境保全対策などについて説明が行われました。翌9月からは、支所(15支所)ごとの説明会が順次開催され、令和2年6月3日までに全ての支所で説明が終了しました。

 今後は、有明海漁協として対応を検討されることになると考えていますが、漁協内での議論が進むよう、引き続き調整していきます。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:42326)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.