佐賀県総合トップへ

アニサキスによる食中毒にご注意ください

最終更新日:
 近年、全国で アニサキス(寄生虫)による食中毒が増加傾向にあり、県内でもアニサキスを原因とした食中毒が発生しています。 
 主な原因はサバやアジなどの生食によるもので、その他にもカツオやサンマなどで食中毒が発生しています。 

 

1.アニサキスとは

 アニサキスの成虫は、クジラやイルカなどの胃に寄生している寄生虫ですが、幼虫段階をサバなどの魚やイカの腹腔や筋肉内で過ごしています。
 アニサキスが寄生したサバやアジなどを生で人が食べることで、胃や腸の消化器系粘膜からアニサキスが体内に侵入し、アニサキス症が起きます。 

 

2.アニサキスの特徴

 大きさ  体長2センチメートルから3センチメートル位。
 魚に寄生しているアニサキスは幼虫である。
 色  半透明白色。
 魚における寄生場所  主に内臓に寄生しているが、まれに筋肉内にも寄生している。
 特徴

 渦巻き状になっていることが多く、また半透明粘膜の袋(シスト)に入っているものもある。 

 

3.臨床症状 

  1. 胃アニサキス症
    胃アニサキス症の場合は、原因食品摂取後2時間から8時間で発症するものが多く、胃に差し込むような痛みが起きて、それが持続し、また悪心、嘔吐を伴う場合があります。
  2. 腸アニサキス症
    腸アニサキス症の場合は、原因食品の摂取後、数時間から数日して臍部を中心に差し込むような痛みが出現し、悪心、嘔吐を伴います。
 

4.予防方法

 アニサキスを死滅させる処理を行うことで、食中毒を予防できます。
  • 加熱調理を行う。
  • -20℃で24時間以上冷凍する。
  • 内臓の生食をしない。
  • 魚介類の保管中に、幼虫が内臓から筋肉に移行することがあるので、魚介類を生食する際には、より新鮮なものを選び、早期に内臓を除去し、低温(4℃以下)で保存してください。
    (注意)簡易な酢漬け処理やしょう油、ワサビなどでは、アニサキスは死滅しません。
 詳しくは、添付資料のチラシをご覧ください。 

 

関連リンク

このページに関する
お問い合わせは
(ID:34434)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.