佐賀県総合トップへ

国民健康保険の現状と課題

最終更新日:
国民健康保険の現状と課題について記載しています。

 国民健康保制度は、被用者保険及び後期高齢者医療制度の被保険者等を除く全ての人が加入する公的医療制度です。しかし、加入者の年齢構成

が高く医療費水準が高くなっていることや、加入者の所得水準が低く国民健康保険税の負担が重いことなどの構造的な課題を抱えており、厳しい

財政運営状況にあります。

 佐賀県においては、国民健康保険の被保険者数3千人未満の小規模保険者が存在し、そのような小規模保険者では財政が不安定になりやすいと

いった課題もあります。

 また、保険給付は全国共通であるものの、保険税は市町毎に大きく異なり、被保険者側に不公平感があることも課題として挙げられます。

 

佐賀県内の医療費の状況と推移

 本県の医療費は、平成23年度は3,047億円、平成29年度には3,332億円に達しました。

一人当たり医療費に置き換えると平成23年度は36万円、平成29年度は40万4千円となっています。
 特に近年では、国民健康保険、後期高齢者医療費の増加が顕著です。

 

 

 佐賀県の総医療費、一人当たり医療費の推移

 

県から国への要望状況

  令和元年度の国への政策提案について、本県では保険税率の一本化について、県と市町首長レベルの連携会議で仮目標の合意がされるなど、

全国的に見ても先進的な取組を行っています。また、一本化に当たっては医療費水準の格差縮小が必要ですが、そのための取組のノウハウが

なく、停滞している状況にあります。そのため、次のような提案を行いました。

(1) 保険者努力支援制度(都道府県分)においては、医療費適正化の取組のみならず、国民健康保険料(税)率の一本化など、国保制度の安
 定化に資する取組を評価する指標を新設すること。
(2) 医療費水準の格差縮小のための医療費分析等については、都道府県と市町村のみでは課題解決が難しいため、国においても解析ソフトの
 開発や専門家の派遣等、具体的な分析手法の支援対策を講じること。
 佐賀県としては、今後もあらゆる機会を通じて要望していきたいと考えています。
 

国への政策提案

 国への政策提案ページ

令和元年度(R1.5.30)  : 該当頁  P50
  • 平成30年度(H30. 5.25) : 該当頁  P53
  • 平成29年度(H29. 5.18) : 該当頁  P49
  • 平成28年度(H28. 5.24) : 該当頁  P44
このページに関する
お問い合わせは
(ID:34238)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.