佐賀県総合トップへ

中小家畜

最終更新日:

研究内容

受精卵移植技術を活用した種豚導入システムの構築

    生体(豚個体)による種豚導入は疾病侵入リスクや輸送費などのコストがかかることから、これらを解決する手段として種豚由来の超低温保存(ガラス化)受精卵の導入による種豚導入の取り組みを行っています。  

   受精卵移植関連の写真

飼料用米や抗酸化能の高い飼料原料を活用した豚の飼養管理技術

     繁殖・育成成績を向上させる飼料用米等の地域飼料資源を活用した給与技術の確立を図るとともに、抗酸化能の高い飼料原料を活用した付加価値の高い豚肉生産技術に取り組んでいます。

  焼酎粕を利用した現場での実証

    焼酎粕等を利用した生産現場での実証


 

県内農家への人工授精用精液の分譲

  当試験場では県内種豚の改良や人工授精の普及推進のため、純粋種豚3品種(ランドレース種、大ヨークシャー種、デュロック種)の精液配布を行っています。注文については電話で受け付けています。詳しくは当試験場中小家畜研究担当係(TEL:0954-45-2030)までご連絡ください。 

精液譲渡業務 

       精液譲渡業務 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:20591)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.