佐賀県 九州佐賀国際空港TOP総合トップへ佐賀県 九州佐賀国際空港TOP総合トップへ
佐賀県 佐賀県 九州佐賀国際空港佐賀県 佐賀県 九州佐賀国際空港(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

SAGĀNA Project(サッガーナ プロジェクト)ANA連携企画

最終更新日:

 

 

SAGANAロゴ


雨の日も 、風の日も 、雪の日も

どんな時も 佐賀の空にはいつもANAがいた。

 

当たり前だったことが一変した今、毎日、変わらずに、

佐賀の空を支えて頑張ってくれているANAの皆さまへ

感謝と応援の気持ちを込めて…

 

 

 

SAGĀNA Project(サッガーナ プロジェクト)とは

 

   ANAと佐賀県は九州佐賀国際空港開港以来のパートナーです。

 1998年、初めて基幹路線としてANAが就航し、短時間で首都圏との往来が可能となりました。

 佐賀県民のみならず、福岡県南西部地域の公共交通機関として、無くてはならない路線となり、

 様々な産業分野で地域発展に寄与してきました。

  

 2020年新型コロナウイルス感染症の影響で、ANAは未曾有の事態に直面しています。

 共にこの難局を乗り越えていくため、ANAとの連携企画である『SAGĀNA Project(サッガーナプロジェクト)』に取り組んでいます。

 プロジェクトの名称は、「SAGA」と「ANA」を組み合わせた造語で「SAGĀNA」(タガログ語で「豊かな」)と命名しました。

 

 

プロジェクトの歩み

 

 

 《 第一弾 》 2020.7.28 SAGĀNA Project キックオフ宣言

 

第一弾(庁内アナウンス)
  【県庁県民ホールでANA佐賀支店長と山口知事ほか関係者でキックオフ】

 

 
 
 佐賀県庁内放送で、機長に扮した山口知事から、プロジェクト始動宣言を
  ANA機内テーマソング “Another  Sky” にのせてアナウンスを実施!
 

 

  


 

 

 

 

《 第二弾 》  ANAとアート県庁プロジェクト「星空の庭園」とのコラボ

    第二弾(アート県庁プロジェクト)
   
 
                
佐賀県庁展望ホールを活用したプロジェクションマッピング
大好評につき第5弾、今年のテーマは、佐賀の四季折々の花々
このワンシーンに、佐賀の空を支えるANAの飛行機が登場します。
ぜひ、ご来場いただき、見つけてください。
           

 ANA×佐賀県(アート県庁プロジェクト)

      【佐賀県空港課長からANA佐賀支店長へ星空の庭園招待状贈呈】 

 
 開催期間:2020年9月4日(金曜日)~2021年2月28日(日曜日)

 開催場所:佐賀県庁最上階 展望ホール

 開催日時:9月 20時~22時 、10月~2月 18時30分~22時
 料  金:小学生以上 500円 
                               
詳細は、こちら別ウィンドウで開きます(外部リンク)または「星空の庭園」で検索 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 《 第三弾 》 2020.10.4 空の日フェスタ
   みんなでANA機のお出迎え・お見送り & SAGĀNA特製マスクプレゼント

空の日(2)
【受付でSAGANAマスクを配布する空港課長】

  

空の日(9)

【MADE IN SAGA のSAGĀNAマスク】

 杵島郡江北町の「イイダ靴下(株)」× 三養基郡上峰町の「ヤマシンフィルタ(株)」のご協力のもと
 “ MADE IN SAGA ” の SAGĀNA特製マスク&フィルターを作成し、参加者500名にプレゼント!
 

空の日の写真
【ANA機を心待ちにする県民】

 

空の日(6)
【SAGANA横断幕を掲げ、みんなでANAを応援】

  
  SAGĀNA Project の 特別横断幕を掲げて
   ANA451便(佐賀着9時15分)お出迎え       
 ANA454便(佐賀発9時55分)お見送りを実施!
 
当日の様子は、九州佐賀国際空港のSNSで配信中
    ぜひ下記URLからご覧ください。
 
 

 

 
 
 
 

《 第四弾 》  羽田空港に佐賀県のANAの皆さまに対する想いを掲出! 『佐賀県から愛を届けよう』

京急線ホーム(掲出後撮影)
【京急 羽田第1第2ターミナル駅ホーム】


羽田空港(掲出後撮影)
【羽田空港第2ターミナル国内線出発エリア】


QRコード

【SAGĀNA特設Facebookページ】

               
 
 
佐賀県の今の想いをANAの皆さまに伝え、全国の航空機利用者にも感謝の想いを共有し、
全国へ波及することを期待し、企画いたしました。
 
佐賀県出身のデザイナー・コピーライターに協力いただき、佐賀県の本物の愛が詰まっています。
 
QRコードを読み取ると、SAGĀNA特設Facebookページ(下記リンク)につながります。
ぜひ、みなさんもご一緒に、今だからこそ伝えたい想いを…言葉にしてANAへ届けましょう!
 
        
          掲出期間:2020年11月1日(日曜日)~2021年3月31日(水曜日)
          掲出場所:(1)京急 羽田第1第2ターミナル駅ホーム
                   (2)羽田空港第2ターミナル国内線出発エリア
                 (65番搭乗口付近・エアポートラウンジ[南]前) 
 
           
                ○ SAGĀNA特設Facebook別ウィンドウで開きます(外部リンク)  
                                     

 

《 第五弾 》  「世界に誇れる佐賀づくり」に素晴らしいANA人財のチカラを

 11月7日に、山口知事がANAホールデイングス株式会社片野坂真哉 代表取締役社長と面会し、佐賀県とANAの連携企画「SAGĀNA(サッガーナ)Project」の状況報告とともに、新企画/第5弾「ANA人財のチカラを佐賀県で」を発表しました。 

 当日は、テレビ、新聞等在京マスコミ全14社が出席しました。

<参加報道機関> 

テレビ朝日、フジテレビ、TBSテレビ、日本テレビ、共同通信社、日刊工業新聞、テレビ東京、日本経済新聞社、産経新聞、NHK、東洋経済新報社、Aviation Wire、時事通信社、佐賀新聞

 

1 日時:11月7日(土曜日) 18時30分~19時

2 場所:羽田空港第2ターミナル国内線出発エリア 65番ゲート付近

3 内容:

【1】   佐賀県山口知事とANA片野坂社長の挨拶

山口知事と片野坂社長の挨拶
【山口知事と片野坂社長の挨拶】

山口知事

「佐賀空港開港以来、辛抱強く5便まで増やしていただき側にいていただいた。言わば我々の仲間。これからもずっと苦しい時だからこそお互い支え合える関係でいたいという思いで、SAGĀNA  Projectを開始した。」

 

ANA片野坂社長

「非常に熱い応援メッセージをいただき、大変感謝している。SAGĀNA Project、第4弾のメッセージボードでは、私どもANAグループ社員を直接励ましていただけるということで、非常に力強いメッセージ」。

 
【2】    
  (1)「SAGĀNA Project」第4弾「羽田空港で佐賀の想いを」のメッセージボードに込めた想いの紹介

 

【第4弾メッセージを紹介する山口知事】

【第4弾メッセージを紹介する山口知事】
 

山口知事

「11月1日から、ANAの皆様へ佐賀県の今の思いということで、あそこに掲げてます。

雨の日も風の日も雪の日も佐賀の空にはANAがいました。どんな状況でもお客様を1番に思う。その姿を知っているから、私たちも皆様の力になりたい。佐賀はいつでもANAを応援していますというボードを、京急とここと2枚掲出させていただいてます。ANAの社員の皆さんが勇気づけられたっていううれしい声もいっぱい出ているようです。」

 

 

ボード前知事説明

【メッセ-ジボードへの佐賀の想いをANAのみなさんへ説明】

 (2)第5弾「ANA人財のチカラを佐賀県で」の計画発表

 

【第5弾を説明する山口知事】

【第5弾を説明する山口知事】

第5弾

山口知事

「SAGĀNA Project第5弾は、佐賀県と全日空で社員の派遣を2年程度、10名、佐賀に来ていただこうというプロジェクトであります。今、CAさんが1人、佐賀県庁の方に来て、全日空さんに県職員が行って、人事交流の実績がありますので、そういった中で、今回10人、各部署で、想定される業務は、佐賀県は人を大切に世界に誇る佐賀づくりというのがテーマなんですが、その中でKIZUKIプロジェクトですとか、イクメン日本一にこの前になりました。さらにオープンエア佐賀ということで様々な屋外型のプロジェクトがあったりとか、子育てし大県佐賀という子育て系のプロジェクト、森川海人っプロジェクトという、森林を守るプロジェクトなど様々なプロジェクトがあります。

グローバル企業のANAの社員の皆さんだから、今の予定では、40歳以下ぐらいの若い社員さんに、様々なグローバル企業ANAでの経験も生かしていただいて、アドバイスもいただきながら、ウィン・ウィンの関係をつくっていきたいと思っております。

佐賀県の11月補正予算でこの話もさせていただいておりまして、お互いで、人件費など負担をし合いながら、ウィン・ウィンの関係を構築していきたいと思っております。」

 

 

ANA片野坂社長

「今日この新しいプロジェクトの中で人材を受け入れていただくという話をいただき、非常にありがたいと思っている。観光や芸術などあらゆる分野で可能性があると思いますので、しっかり受け止めて準備に入りたいと思っています。」

 

第5弾(ANAグループ社員の佐賀県受け入れ)に対し、ANA片野坂社長も社員の派遣を前提とした考え方を表明され、佐賀県・ANA双方がトップレベルで合意したことを確認しました。

 

【3】   記念撮影  

 

【メッセージボード前で山口知事とANA片野坂社長、旅客係員、グラハンのみなさん】
【メッセージボード前で山口知事とANA片野坂社長、旅客係員、グラハンのみなさん】

 

ボード前にて  ボード前にて(2)

【山口知事自ら、佐賀県のマスコットキャラクターをANAのみなさんへPR】

 

 

マスコミからは、主に佐賀県への質問が多く、山口知事から丁寧に、回答しました。主な質疑は以下のとおり。

 

<主な質疑>

  • 社員への期待、取組意義は、社員にはどんな活躍をしてもらいたいか。  
  • 正式に合意したと捉えていいか。
  •  佐賀県という、地理的な特性を含めて空路がどれくらい重要か
  •  6弾、7弾の計画は
  •  イノベーション観光ということで何か新しいことを考えられるか。
  •  10人ということですが、もうちょっと、佐賀県が受入れたいっていうことがあれば、会社として歓迎するか。

<エピソード>

当日、山口知事は、佐賀で原子力防災訓練を終えた後、羽田着17時40分で上京し、ANA片野坂社長との懇談、第5弾発表等を終え、滞在時間約90分、羽田発19時30分で帰佐しました。

羽田発457便搭乗の際、ボーデイングブリッジでANA片野坂社長ほか関係者のみなさんが、佐賀のお客様向けに特別横断幕を掲げ、お見送りしていただくというサプライズ演出もあり、タイトな行程を忘れさせるような感慨深い1日でした。

 

 「ANA ⼈財のチカラを佐賀県で(※ANA グループ社員の佐賀県受け⼊れ)」が、2 ⽉ 1 ⽇にスタートし、⼭⼝知事による辞令交付式が⾏われました。

今回、株式会社 ANA エアサービス佐賀と ANA テレマート株式会社から1 名ずつ出向社員として、佐賀県庁に受け⼊れを⾏いました。

⼭⼝知事は「佐賀県庁は⺠間企業経験者を多く中途採⽤していて、多様な発想を⼤事にしています。お⼆⼈もこれまでの経験を活かして⾃由な発想でチャレンジしてください」と、佐賀県庁での活躍を期待するコメントを寄せました。

チーム佐賀の新しい仲間として、共に佐賀県を盛り上げていきましょう!

辞令

 

 

《 第六弾 》 SAGAn BEAUTY weekend 2020 @サッガーナ

《 第七弾 》 SAGĀNA Projectから佐賀県民の皆様へクリスマスプレゼント

11月20日、知事記者会見にて、「SAGĀNA Project」第六弾、第七弾を発表しました。

記者会見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

12月24日、25日、県民の皆様へSAGĀNA Projectからクリスマスプレゼントとして、ANAグループの客室乗務員などで構成する「※ANAチーム羽田オーケストラ」が来佐し、県内で実演とオンラインコンサートを行いました。

コロナ禍の中、みんなで乗り越えようという想いで、25日には医療従事者及びそのご家族の方々もご招待し、ひと時の癒し空間を演出していただきました。

イベントは、「新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドライン」に基づき、演奏者の距離、会場内のマスクの着用、館内会話の自粛、観客席の距離、手指用消毒液の設置、氏名・連絡先の確認等徹底した上で、実施しました。

その様子をご紹介します。Youtubeでも佐賀県のアカウントで閲覧可能ですので、是非ご覧ください。

 

【ANAチーム羽田オーケストラ 佐賀県内 Xmasコンサートツアー】

<第一部> 実演

日 時:12月24日(木曜日)12時~13時

会 場:佐賀県庁1階県民ホール

参加者:来賓 佐賀県知事、コスメ事業者8名 

  一般客50名程度 (事前の抽選で当選した方々)

 当日の様子は、こちら別ウィンドウで開きます(外部リンク)でご覧ください。

 

<プログラム>

チラシ1 24チラシ2

1 山口知事挨拶 

知事

〇全国的にコロナ感染が拡大している中、佐賀県は、現場に重きを置き、先手先手で感染拡大防止対策に取り組んでいる。

○医療現場がひっ迫しないよう、保健医療行政に携わる職員が一丸となって、感染経路の調査、入院調整、病床確保等に動いており、感染拡大の大きな抑止力となっている。

○ANAの皆さんは佐賀空港ができた当初から佐賀の空を飛び続け、空港を大切にしてくれた。コロナ禍の影響で様々な立場の人が苦しんでおり、ANAもまた苦しい状況にある。この状況を一緒に乗り越えるため、サッガーナプロジェクトに取り組み、パートナーシップをさらに深めていきたい。コロナ対策はエールを送ること。お互いに感謝することだと信じている。

○明日は、コロナの最前線で勤務されている医療従事者やその家族を招待しての演奏会と聞いており、リラックスしたひと時を過ごされることを願っている。

 

 

2 コスメ商品贈呈

○商品の提供にご協力いただいた全9社を代表し、唐津市の株式会社バーズ・プランニング松尾社長から挨拶の後、ANAの代表者へコスメ商品を贈呈しました。

 

<協賛いただいた事業者の皆様と商品>

コスメ

・ 株式会社アルビータ(佐賀市):Sila サンプルセット

・ Cosmetic in aimi(佐賀市):サングリエユイール(ぼたん油)

・ 農業生産法人グレイスファーム(唐津市)

   :白きくらげ洗顔石鹸・伊万里鍋島焼ソープディッシュ

・ 株式会社バーズ・プランニング(唐津市)

   :洗顔石鹸・化粧水(お試しサイズ)、バーム、リップ(ノーマル・色付き)

・ YOKO・JAPAN株式会社(唐津市)

   :男性用化粧品(オールインワンクリーム、シャンプー、トリートメント)

・ 松浦通運株式会社(唐津市)

   :男性用化粧品(オールインワンクリーム、シャンプー、トリートメント)

・ Caffe Luna(唐津市):せっけん

・ へちまや群生舎(武雄市):へちま水

・ 株式会社きやまファーム(基山町):エミュー石鹸

 ※贈呈したコスメ商品

 PDF コスメ商品一覧 別ウィンドウで開きます(PDF:540.4キロバイト)

 

 

贈呈    コスメ2

4 コンサート

県民ホール1   コンサート

5 エピソード

コンサートでは、クリスマス関連が3曲、今年の流行曲、鬼滅の刃から紅蓮華、アンコール曲は、SAGAにちなんだ選曲など、場を盛り上げる粋な計らいも演出されていました。

全国各地で演奏されていることから、バンドマスターのMC力が秀でており、観客も魅了されていました。山口知事もコロナ禍で業務多忙の中、最後まで鑑賞いただきました。

 

<オンラインコンサート>

日 時:12月24日(木曜日)18時~19時

会 場:九州佐賀国際空港 東側増築部1階 国内線到着ターミナル

※無観客演奏、ANAグローバルチャンネルで全世界へ配信


円陣      崔さん 

◇    エピソード

前日から供用開始した九州佐賀国際空港東側増築部1階国内線到着ターミナルのPRも兼ね、会場を選定していただきました。

無観客ですので、第一部のような会場の賑わいはありませんが、ドイツやスコットランドなど世界中のファンから、コンサートへの感想がライブで届けられていました。このような ウィズコロナスタイルが、これからの主流となる予感を抱きました。

 

 

<第二部 実演コンサート>

日 時:12月25日(金曜日)12時~13時

会 場:佐賀城本丸歴史館

参加者:招待客 医療従事者及びご家族の方々 19名、一般客100名程度 (事前の抽選で当選した方々)

当日の動画は、こちら別ウィンドウで開きます(外部リンク)でご覧いただけます。

 

<プログラム>
25  25-2

 

<コンサートの様子>
honnmaru  honnmaru


<ANAと佐賀県で記念撮影>

集合写真

 

<エピソード>

佐賀城本丸歴史館のご理解のもと、外御書院一之間から四之間の320畳の大広間を会場に、和空間でコンサートを行わせていただきました。1838年の本丸完成時には、1000人の家臣が集まったと言われる厳粛な大広間で、会場に掲げられるお殿様の掛け軸も紹介しながら、和と洋のコラボでクリスマス演奏していただきました。

貴重な演奏機会でバイオリンやフルートの音色が厳かな雰囲気を醸し出していました。

第二部は、佐賀県とANAからささやかな気持ちとして医療関係者の方々をご招待しましたが、全国でコロナ第3波が起きる中、県内遠くからもご参加いただき、大変嬉しかったです。冬休みに入り、お子様連れのお客様も多く、数少ないイベントを満喫していただけたのではないかと思います。関係者共々厚く御礼申し上げます。

 

※ Team HND Orchestra とは

2012年4月に認定された音楽クラブ CA、旅客係員、グランドスタッフ、整備、操縦士、事務職とANAのあらゆる職種で結成されたオーケストラ。

バイオリン、フルート、サックス、トランペット、トロンボーン、チューバ、キーボード等、10名程度で都度編成されています。

 

 

《 第八弾 》  【ANA企画】空港のおしごと体験

3月23日(火曜日)、3月25日(木曜日)の2日間、AS佐賀企画の空港のおしごと体験を開催しました。

 

普段見ることのできない特別な景色にみなさんの顔からワクワク感が伝わってきました。

空港のお仕事を体験後、最後は456便をみんなでお見送り!

たくさんの笑顔の花が咲く時間になりました。


 

車両乗車体験手荷物搭載装置456便お見送り
【普段乗ることができない車両に乗車】【空港の裏側に興味津々】【みんなで456便をお見送り】

 

当日の様子は、九州佐賀国際空港のSNSで配信中。

ぜひ下記URLからご覧ください。

 

〇SAGĀNA特設Facebook別ウィンドウで開きます(外部リンク)

〇Twitter別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

※3月28日(日曜日)に実施予定だった空港のおしごと体験および早朝RUNWAY WALKは雨天のため中止になりました。


 

 

《 第九弾 》  TEAM SAGĀNA発足式

令和3年4月1日に、佐賀県及び県内市町自治体に出向するANAグループ社員12名からなる、TEAM SAGĀNA発足式を実施しました。

「チーム佐賀」の一員として、「世界に誇れる佐賀づくり」に向けて一緒に取り組んでいきます!

 

<TEAM SAGĀNAとは>

県内自治体で勤務するANAグループ社員及び受入自治体が連携し、地域の課題解決や新たな価値の創出に取組むために発足

 

<TEAM SAGĀNA発足式の概要>

・日時 令和3年4月1日(木曜日)13時40分~14時15分

・場所 佐賀県庁来賓室

 

TEAMSAGANA意見交換会TEAMSAGANA意見交換会
知事と対談するTEAM SAGĀNA渋谷リーダー知事と対談するTEAM SAGĀNAメンバー



〈知事のコメント〉

 こうやってみんな一堂に会することができまして大変うれしく思いますし、今日は佐賀県に派遣されるみんなと、佐賀市と有田町に派遣されるみんな集めてSAGANAのメンバーということでそれぞれの仕事をやっていただくと同時に、このメンバーみんなでチームワークよく、佐賀県をどうしたらいいのだろうかということを考えていただきたいと思いまして今日お集まりいただきました。心から歓迎申し上げます。人と人とが出会うことというのは必ずそういう宿命だったのだろうといつも思うようにしていて、きっといろいろなことがあっても、本当にコロナでみんな大変だけれども、その中でこうやって出会うことができたという奇跡にみんなで感謝したいと思います。前を向いて少しでもここに集まった意味がいずれそれぞれの人生で見出せるように一日一日を大切にしながら、常に前向きに頑張ってくれればいいと思います。

 特に佐賀県は全日空さんとご縁があって交流を続けていたので、今回これだけ多くなっても何ら驚きもありませんし、自然な感じがいたします。きっと多くの成果をそれぞれのところで上げていただけるのではないかと思います。かといって、今日新人にも言ったけれども、佐賀県庁は全国の中で中途採用の率が12%を超えていて、日本で一番いろんな人たちが集まっているところです。普通の県庁は2~3%しかいないのに、うちはその6倍もいます。そのうちわかりますが、いろいろな人がいろいろなところでいろいろな経歴を持って働いている人が多いので、あまり特別な感じはしないような気がします。ただ今回は会長といろいろな意味で意気投合して、むしろこれを前向きに、様々なイノベーションがいろいろなところで起きるように一緒にやっていこうという前向きなことなので、ぜひこれからそれぞれ頑張っていただきたいと思います。

 それから、渋谷リーダーはつらそうな人がいたら、ぜひ私に言ってください。つらい状況の中で無理することもないので、肩の力を抜いて自然にやっていったら、きっとそれぞれのところで出会いがあって、いいことがいっぱいあると思います。これからよろしくお願いします。

 

 

〈TEAM SAGĀNA渋谷リーダーのコメント〉

 山口知事はじめ佐賀県庁の皆様に心からお礼を申し上げたいと思います。ANAグループに支え合いの手を差し伸べていただきましたとともに思いを届けていただきました。

 7月から始まりましたこのプロジェクト、ちょうど思い起こしますとANA社員一同前を向かなくてはならないと頭では分かっていても気持ちが前向きになれないような時期でありました。佐賀からこういった思いがあるということを届けてくださったことによって、グループ社員一同このままではいけない、前を向いて踏み出そうということで、これ以降、社内でもいろいろなプロジェクト、前を向く動きが始まってまいりました。この一番のきっかけが佐賀県ということで、私が佐賀県の鳥栖市出身ですので、とても誇らしく思いました。これからの佐賀県といったところでは、今チャンスではないかと思います。佐賀県の価値を私たちが、まだ知らなかった方、知っていると思っているけれど地方じゃないよという価値観をお伝えできる大きなチャンスをいただいたと思っております。笑いがないところに成功はないのかなと思いますのと、山口知事のお言葉に泣きそうになりまして、やっぱり佐賀に生まれたことはひとつの私の強運というか、よかったこと、人生で選べないことかもしれませんが、これまた運だったのかな、ご縁だったのかなと思います。

 私どもSAGANA一同、ANAグループ社員一同の感謝を形として佐賀県民のみなさんの未来づくりに取り組んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

〈TEAM SAGĀNA集合写真〉
 TEAMSAGANA発足式

〈TEAM SAGĀNAメンバーの配属先一覧〉

・佐賀県 政策チーム

・佐賀県 企画チーム

・佐賀県 広報広聴課

・佐賀県 移住支援室

・佐賀県 SSP推進グループ

・佐賀県 SAGA2024総務企画課

・佐賀県 観光課

・佐賀県 まなび課

・佐賀県 コスメティック構想推進室

・佐賀市 観光振興課

・佐賀市 国際課

・有田町 商工観光課

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:76957)
佐賀県  地域交流部  空港課  
〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59  TEL:0952-25-7104  FAX:0952-25-7318   メール:kuukou@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県  地域交流部  空港課

〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59
TEL:0952-25-7104
FAX:0952-25-7318
メール:kuukou@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.