佐賀県総合トップへ

国指定(無形文化財の部)01

 

前に戻る佐賀県文化財データベース続きを見る

 

 

国指定無形文化財(工芸技術)の部 

重要無形文化財 色鍋島(いろなべしま)

昭和51年 4月30日 「色鍋島」指定 

             「色鍋島今右衛門技術保存会」を保持団体として認定
西松浦郡有田町赤絵町2-1-15
工芸技術


十四代今泉今右衛門  肥前の磁器は、17世紀初頭に有田で焼成に成功すると、17世紀前半のうちにわが国最大の磁器生産地へと発展を遂げ、17世紀後半の海外輸出時代に技術は更に洗練され高度に発展した。この頃鍋島藩は藩の経営する窯を設置したといわれるが、本格的な藩窯の組織ができあがるのは延宝(1673~1680)ごろに伊万里市大川内山に移転してからである。
 この鍋島藩窯の製品は分業化された生産機構と厳密な品質管理のもとに、精選された材料、高度な技術によって製作され、その完成された独自の様式は、わが国で最も精巧な窯芸とされている。

 なお、「色鍋島」については昭和46年4月23日に重要無形文化財に指定され、その保持者(代表者)として十二代今泉今右衛門氏(所属する団体:色鍋島技術保存会)が認定されたが、昭和50年5月2日に十二代今泉今右衛門氏死去のため、「色鍋島」の指定及び当該保持者(代表者)十二代今泉今右衛門氏の認定が解除された。

 昭和50年に文化財保護法が改正(同年7月1日公布。10月1日施行)され、それまでの保持者の認定に代えて、無形文化財を保持する者を主たる構成員とする団体で代表者の定めのあるものを保持団体として認定することができるという制度に改められた。

 このようなことから、昭和51年4月30日に「色鍋島」が新たに重要無形文化財に指定され、「色鍋島今右衛門技術保存会」が保持団体として認定された(代表者:十三代今泉今右衛門)。

 ※ 昭和32年3月30日には、「上絵付(色鍋島)」(十二代 今泉今右衛門)として「記録作成等の措置を講ずべき無形の文化財」に選択されている。

  

重要無形文化財 柿右衛門(濁手)(かきえもん(にごしで))

 

昭和46年 4月23日 「柿右衛門(濁手)」指定

昭和51年 4月30日 「柿右衛門製陶技術保存会」を保持団体として認定
西松浦郡有田町南山丁352
工芸技術


柿右衛門(濁手)  初代酒井田柿右衛門は、17世紀前半の寛永末から正保ごろにわが国ではじめて色絵磁器の焼成に成功し、さらに17世紀中頃には金銀焼付技術も完成したと伝えられる。柿右衛門の創始した上絵付技法はたちまち有田一円にひろまり、近世における日本各地の陶芸に飛躍的な発展をもたらした。
 柿右衛門の最盛期は、正保から元禄ごろで、特に17世紀後半から18世紀初頭には濁手と呼ばれる乳白色の磁胎に、それぞれの器物の意匠形状に順応した独創的な構図と配色の赤絵を施した柿右衛門独特の様式を完成させた。
 柿右衛門様式には、下絵付を施さない上絵付だけのいわゆる濁手によるものと、染付に上絵を併用する染錦手のものがあるが、濁手は江戸中期以降衰退し、現代になってようやく十二代・十三代柿右衛門父子により復元された。

 

 なお、「柿右衛門製陶技術保存会」認定の日付が昭和51年 4月30日になっているのは、昭和50年の文化財保護法の改正(同年7月1日公布。10月1日施行)により、それまでの保持者(代表者)「酒井田柿右衛門(十三代)」の認定が解除され、保持団体として「柿右衛門製陶技術保存会」が認定されたことによる。

 

※ 昭和30年3月19日には、「柿右衛門」(十二代 酒井田柿右衛門)として「記録作成等の措置を講ずべき無形の文化財」に選択されている。

 

 

重要無形文化財 白磁(井上萬二)(はくじ(いのうえまんじ))

平成7年5月31日指定
西松浦郡有田町南山丁307
工芸技術


白磁(井上萬二)  白磁は、陶石や磁土を主原料として成形し、その上に長石・石灰等に木灰を調合した透明釉をかけて焼成する陶芸技法で、その白の発色は素地の白さに負うところが大きい。わが国では近世初期の初期伊万里以来、格調の高い白磁が各地で焼成され、その伝統技法が現代に伝えられている。
 井上萬二氏は、16歳で十二代酒井田柿右衛門及び奥川忠右衛門に師事して白磁制作を始め、その後佐賀県立窯業試験場に勤務しながら磁器の成形、釉薬の研究を重ね、伝統的な白磁の制作技法を高度に体得した。伝統技法を駆使して造形・色調の美しさを追求した清新な白磁の作風を確立し、日本伝統工芸展等において現代感覚にそった優品を発表し、かつ、技法の錬磨、保存及び後進の指導に尽力して高い評価を得ている。平成2年に佐賀県の重要無形文化財(工芸技術)保持者に認定されていた。

 

 

重要無形文化財 青磁(中島宏)(せいじ(なかしまひろし))

平成19年9月6日指定
武雄市西川登町大字小田志
工芸技術


青磁(中島宏)

 中島宏氏は昭和16年10月、武雄市に生まれる。昭和33年父の工房に入り作陶を始め、同44年弓野の古窯跡に築窯して独立した。この頃より、青磁を中心とする技法・表現の研究を重ね、伝統的な青磁の技法を体得した。

 同人は、中国各地の古窯跡を踏査するなどして宋時代の官窯青磁の研究を深めるとともに、胎土や施釉、焼成等について創意工夫を加え、独自の青磁を創出すべく努めてきた。

 その現代感覚に即した創作への取り組みは、素地に線彫文を施した壺や鉢等の多様な器形と釉色によって重厚で存在感のある青磁の世界を創り出し、高い評価を得ている。

 

 

 

 

 

 

 

重要無形文化財 木版摺更紗(鈴田滋人)(もくはんずりさらさ(すずたしげと))

平成20年9月11日指定

鹿島市大字山浦
工芸技術


  鈴田滋人氏は、昭和29年6月、鹿島市に生まれる。木版と型紙を併用する「鍋島更紗」の制作技法の研究と復元に力を注いだ父(鈴田照次氏)の後を受け、昭和56年から「木版摺更紗」の研究と錬磨を重ね、その技法を高度に体得し、独自の作風を確立した。

 更紗は、室町時代後期から江戸時代初期に、南蛮貿易等により舶載されたインドやジャワの更紗等、異国情緒溢れる文様染め布であるが、この影響を受けて我が国で製作されたものが「和更紗」と呼ばれている。

 「和更紗」の技法は、手描きによるものと、型紙を用いるものに大別されるが、「木版摺更紗」は、木版(版打ち)と型紙を併用する独特のものである。手の平ぐらいの大きさの木に文様を彫った木版(地型)と、それに合わせて型紙を作り、まず、木版を布に押し当てて輪郭線等を出し、その線に合わせて型紙を使い染料や顔料を刷毛摺して仕上げる。作品によっては、最後に木版(上型)で線書き等して完成させる。

 この技法は、佐賀鍋島藩の保護のもとで受け継がれ、その製品は藩主からの献上品や贈答品として使われており、「和更紗」のなかでもきわめて格調高いものとして位置付けられる。近代に入りその技法は、いったん途絶えたが、鈴田照次氏により昭和40年代に復元された。

木版摺更紗(鈴田滋人)木版摺更紗(鈴田滋人)

右 / 木版摺更紗着物 漿果文(しょうかもん) 平成11年<BR>
     第45回日本伝統工芸展 NHK会長賞(平成10年)の姉妹品

 

重要無形文化財 色絵磁器(十四代今泉今右衛門)(いろえじき(じゅうよんだいいまいずみいまえもん)) 

1件

平成26年10月23日指定
西松浦郡有田町
工芸技術


 十四代今泉今右衛門今泉今右衛門氏は、江戸時代に鍋島藩窯の御用赤絵師を代々務めていた今泉家に生まれ、武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科を卒業した後、陶芸作家・鈴木治に師事。平成2年からは、父であり平成元年に人間国宝に認定された十三代今泉今右衛門のもとで家業に従事し、色鍋島を中心とする色絵磁器の陶芸技術を習得した。

 平成13年に十三代今泉今右衛門が死去したことにより、同14年に十四代今泉今右衛門を襲名。家伝の色鍋島の技法を中心としながら、江戸時代から鍋島焼に用いられている、墨に含まれる膠(にわか)分が撥水剤の役割を果たして絵具を弾く特性を活かした白抜きの技法である「墨はじき」を発展させた技法を駆使。

 また、上絵付にプラチナを施して変幻的な白金色を輝かせる「プラチナ彩」を導入するなど、色絵磁器の表現に新生面を開きました。その作風は、伝統技法の上に独自の作風を確立し、現代感覚に溢(あふ)れ、芸術的にも優れたものとして高い評価を得ている。

 

 

 

前に戻る佐賀県文化財データベース続きを見る

 

 

 

クイックメニュー

新しい文化財の紹介佐賀県の文化財紹介

カササギの紹介埋蔵文化財の保護

銃砲刀剣類の登録文化財保護関係例規集

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1638)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.