佐賀県総合トップへ

高病原性鳥インフルエンザに関する情報

最終更新日:
 

県民の皆さまへ

・人への感染は、鳥インフルエンザにかかった鳥の羽や粉末状になったフンを吸い込んだり、その鳥のフンや内蔵に触れてウイルスに汚染された手から鼻へウイルスが入るなどといった、人の体内に大量のウイルスが入ってしまった場合などの、ごくまれなケースに限られており、人への感染力は弱いと考えられています。

これまで鶏卵や鶏肉を食べて、人に感染した事例は報告されていません。

 

高病原性鳥インフルエンザとは

・高病原性鳥インフルエンザは、A型インフルエンザウイルスによる鳥類の病気です。

 

佐賀県の対応状況

・2月4日に江北町で高病原性鳥インフルエンザが発生しましたが、2月28日午前0時をもって、一連の防疫対応が終了しました。

 江北町で発生した鳥インフルエンザの対応に関する情報別ウィンドウで開きます

 

・現在、県内において新たな高病原性鳥インフルエンザの発生は確認されておりませんが、いつどこにおいても発生するおそれがあるため、農場内へのウイルスの侵入防止、異常家きんの早期発見・早期通報など、予防対策を強化しています。

 

 

 (1)家畜保健衛生所による鶏飼養農場の指導

   ◇9月下旬~11月上旬 全農場への立入指導

   ◇11月28日~ 農場巡回を強化

 ・防鳥ネットの補修、消石灰散布の確認 などを再徹底


 (2)会議開催
  国内での高病原性鳥インフルエンザ発生状況の情報共有、県内発生時の対応の再確認、予防対策等の再徹底など

   ◇11月22日  庁内連絡会議(庁内関係各課等)

   ◇11月29日  緊急防疫対策会議(JA、養鶏関係団体等)

   ◇12月20日  庁内連絡会議(庁内関係各課等)

   ◇12月27日  庁内連絡会議(庁内関係各課等)

  

  江北町での発生に伴う対策本部会議開催はこちら別ウィンドウで開きます


 (3)消石灰散布状況確認

   ◇12月1日  養鶏農場における消石灰散布状況の確認

   ◇12月2日  全ての養鶏農場において消石灰散布済を確認

 

 (4)発生の都度、養鶏農家及び関係団体等への発生状況の情報提供及び注意喚起

 

 (5)消石灰の配布

  鶏舎内への鳥インフルエンザウイルスの侵入を防止するため県内の養鶏農家を対象に消石灰を緊急配布

   ◇平成29年1月16日より県内の養鶏農家を対象に消石灰を配布

   ◇平成29年1月23日より家畜保健衛生所の職員が消石灰の散布状況を確認

   ◇平成29年2月6日に防疫対策の強化のため県内の養鶏農家を対象に消石灰を配布(江北町発生に伴う措置)

 

 【参考】佐賀県の高病原性鳥インフルエンザに関する鶏の定期検査結果はこちら別ウィンドウで開きます

 

国内において高病原性鳥インフルエンザが発生しています

 現在、平成28年11月28日の青森県での発生をはじめとして、本県を含めた7道県で家きんへの高病原性鳥インフルエンザが発生し、いずれもH5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザと確認されています。
 県内においては、平成29年2月4日に江北町で発生が確認され、2月28日午前0時をもって、一連の防疫対応が終了しました。
 現時点で、佐賀県内での新たな発生は確認されておりません。
 

  

青森県の概要 

【1例目】発生場所:青森県青森市、飼養状況:あひる(フランス鴨) 約16,500羽
【2例目】発生場所:青森県青森市、飼養状況:あひる(フランス鴨) 約4,800羽
 ※1例目から約350メートル離れた農場であり、1例目と疫学的な関連が確認されている。

 

新潟県の概要

【1例目】発生場所:新潟県関川村、飼養状況:採卵鶏 約31万羽
【2例目】発生場所:新潟県上越市、飼養状況:採卵鶏 約23万羽
 
 

北海道の概要

 ・発生場所:上川郡清水町、飼養状況:採卵鶏 約21万羽

 参考:北海道のホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 
 

宮崎県の概要

【1例目】発生場所:児湯郡川南町、飼養状況:肉用鶏 12万2000羽

【2例目】発生場所:児湯郡木城町 飼養状況:肉養鶏 16万8400羽

 参考:宮崎県のホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  

 

熊本県の概要

 ・発生場所:玉名郡南関町、飼養状況:採卵鶏 10万7000羽
 
 

岐阜県の概要

 ・発生場所:岐阜県山県市、飼養状況:採卵鶏 8万羽
 
 

家きんを飼育されている皆さまへ

 家きんを飼育されている皆様は、家きん舎内に高病原性鳥インフルエンザが持ち込まれることがないよう、鶏舎や防鳥ネットの点検・補修を行うとともに、家きん舎内外の消毒の徹底等を実施してください。
 また、飼育している家きんに異常が見つかった場合は直ちに家畜保健衛生所に通報してください。
 

 

県内の家畜保健衛生所

 家畜保健衛生所名 電話番号 管轄市町
 中部家畜保健衛生所 0952-31-2211 佐賀市、鳥栖市、多久市、小城市、神埼市、吉野ヶ里町、基山町、上峰町、みやき町
 北部家畜保健衛生所 0955-82-3841 唐津市、玄海町
 西部家畜保健衛生所 0954-22-3185 伊万里市、武雄市、鹿島市、嬉野市、有田町、大町町、江北町、白石町、太良町

 

死亡野鳥をみつけたら

 同じ場所でたくさんの野鳥が死亡しているなど、異常な死亡個体を見つけられた場合は、お近くの市町に連絡してください。
※野鳥は、エサが取れずに衰弱したり、壁に衝突して死亡したり、急激な温度変化等で死んでしまうこともあります。
 野鳥が死んでいても、高病原性鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。
 
 
 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:52123)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.