佐賀県総合トップへ

野鳥における高病原性鳥インフルエンザ

最終更新日:
 

高病原性鳥インフルエンザとは

 鳥インフルエンザとは、A型インフルエンザウイルスが引き起こす鳥の病気です。家きん(ニワトリ等)に対する病原性の高さで、高病原性鳥インフルエンザと、低病原性鳥インフルエンザ、それ以外の鳥インフルエンザの3つに分類されます。
 鳥インフルエンザウイルスは、野鳥に近づいたり触れたりする等、通常の接し方では、人に感染しないと考えられています。正しい情報に基づいた、
冷静な行動をお願いいたします。
 これまで野鳥から人へ鳥インフルエンザが感染した事例は確認されていません。
 
【参考】

 

野鳥との接し方について

 野鳥は、エサが取れずに衰弱したり、壁に衝突して死亡したり、急激な温度変化等で死んでしまうこともあります。野鳥が死んでいても、高病原性鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。
 野鳥は、体内や羽毛などに細菌や寄生虫などの病原体を持っていることがありますので、素手で触らないでください。
 万が一、死亡野鳥や傷ついた野鳥、野鳥の糞便等に触れた場合でも、十分に手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。
 野鳥の糞を踏んだりしても特に問題はありませんが、ニワトリ等を飼っている場所に出入りされる方は、靴を履きかえたり、必要に応じて消毒を行うなど対応をお願いします。
 不必要に野鳥を追い立てたり、捕まえようとするのは避けてください。

 【参考】

 

 

死亡野鳥の簡易検査について

 県では、環境省のマニュアルに基づき、下記参考の通り死亡野鳥の簡易検査を実施しています。同じ場所でたくさんの野鳥が死亡している等、異常
な死亡個体を見つけられた場合は、お近くの市町に連絡してください。
 環境省の基準では、現在の対応レベルは「レベル2」となっています。
 (下記参考の「発生状況に応じた対応レベルの概要と検査優先種」を参照ください。) 

  

 【参考】

 また、検査対象外の野鳥が自宅敷地内で死亡していた場合は、ビニール袋に入れて、一般ごみとして処分をお願いします。

 

【高病原性鳥インフルエンザに関する情報】

    鳥インフルエンザに関するQ&A(国立感染症研究所感染症情報センターHP)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

    鳥インフルエンザに関するQ&A(厚生労働省HP)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  鳥インフルエンザに関するQ&A(農林水産省HP)別ウィンドウで開きます(外部リンク)  

  高病原性鳥インフルエンザに関する情報(環境省HP)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:15752)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.