佐賀県総合トップへ

企画展示「伝染病・感染症と公衆衛生」

 

概要

 コレラ・狂犬病など、かつて佐賀でも伝染病が流行し多くの犠牲者が出ました。

 それら伝染病が流行した際の県の対応や、県民の健康を支えるための衛生・保健機関の変遷について、当館所蔵の資料を使い展示を行いました。

【展示期間:平成24年10月3日(水曜日)~12月28日(金曜日)】


展示風景

 

展示ケース1展示ケース2


展示風景1展示風景2

 

 

主な展示物紹介

明治期の県報佐賀県庁支達

「県報」

(明治・大正期)

 

 現在の佐賀県公報に相当する、明治・大正期の「県庁布達」や「県報」。伝染病への予防・注意喚起、発生の知らせなども載せられました。特に衛生課(係)が保存したものは、衛生業務に関する布達類を中心に綴られています。

「病院教師スヱモン氏虎列刺病論頒布ノ事」

(明治10年10月20日、佐賀支庁達164号)

 

 西南戦争が起きた明治10年、全国的にコレラが流行。佐賀支庁より各区々戸長へ、佐賀病院(現在の好生館)の外国人教師シモンスのコレラ論を頒布する旨の通達が出されました。

 通達には、佐賀病院からのコレラ論頒布の申し出の文書が添えられていますが、そこには救命の緊急なることをもって、シモンスが診察の合間にコレラ論を編纂し佐賀病院に託したこと、その論述が刮目するに値するものだったので、要旨を翻訳したものを同志(医員)へ頒布したい、ということが記されています。

 

任命書保健所予算調書

「検疫官及び検疫委員任命書」

(明治28年、『判任官以下黜陟簿』より)

 

 明治の始めから終戦時にいたるまで、伝染病対策など衛生行政の現場で活躍していたのは警察でした。県は、警部を検疫官に、巡査部長や巡査を検疫委員に任命し、その職務にあてましたが、本人自身が感染し殉職する者もありました。

 明治28年、コレラ蔓延の徴候がある東松浦郡入野村高串地区に派遣された若き巡査・増田敬太郎も、伝染病対策に奔走した警察官の1人でした。自らも感染し殉職した彼ですが、その献身的な行為により村民の崇敬心を得て、後に神社に祀られることとなりました。

「保健所経費ニ関スル件照会」

(昭和12年、『県立保健所建築工事予算調書』より)

 

 昭和12年制定の「保健所法」により、保健指導機関として保健所が全国的に設置されることになりました。

 本県では設置するにあたり、他府県へ保健所設置に要する経費をたずね、10数の県から回答をもらっています。昭和13年には県下初の保健所となる唐津保健所が開設しました。

 



 

 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:47749)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.