佐賀県総合トップへ

季節性インフルエンザ

最終更新日:
季節性インフルエンザの基礎知識

季節性インフルエンザとは

 季節性インフルエンザとは、例年冬季に流行が見られるインフルエンザのことで、インフルエンザウイルスを原因とし、急な発熱を特徴とする呼吸器感染症です。

 インフルエンザウイルスにはA型・B型・C型があります。A型とB型が主に人に感染します。

 典型的な症状としては、1~5日(平均3日)の潜伏期の後に、突然38度以上の高熱が出現し、頭痛・関節痛・筋肉痛・全身倦怠感などの全身症状に加えて、咽頭痛・咳・鼻汁などの風邪様症状が出現します。ほとんどの場合、約1週間で軽快しますが、重症化すると、肺炎、脳炎・脳症などを起こすこともあります。通常の風邪に比べて、高熱などの全身症状が急に出現することが特徴です。

 

感染経路

 

飛沫感染

 感染者が咳やくしゃみをすると、ウイルスを含んだ飛沫が飛び、この飛沫を、周辺の人が鼻や口から吸い込んだり、目の粘膜から体内に入って感染します。

 このような感染経路によるものを「飛沫感染」といいます。

 

接触感染

 感染者が口を手で覆って咳やくしゃみをすると、その飛沫の中のウイルスが手につきます。
 そして、その手を洗わないまま、ドアノブやエレベーターのボタン、コンピューターのキーボード等を触ったりした後、他の人がその場所を触り、その後自分の鼻や口、目を触ってウイルスが体内に入って感染します。このような感染経路によるものを「接触感染」といいます。

 

写真:ドアノブ写真:エレベーターのボタン

 

<参考>

感染経路の説明 

飛沫感染

  1. 感染者が咳やくしゃみをする
  2. ウイルスを含む「飛沫」が飛散
  3. 近くにいる(1~2メートル以内)健康な人が鼻や口から吸い込む
  4. ウイルスが体内に入る
  5. 感染

接触感染

  1. 感染者が口を手で覆って咳やくしゃみをする
  2.  「飛沫」の中のウイルスが手に付着する
  3. 手を洗わないままドアノブやエレベーターのボタン等を触る
  4. その部位を健康な人が触れる
  5. その手で自分の鼻、口、目を触る
  6. ウイルスが体内に入る
  7. 感染

 

 

予防方法

   十分な睡眠をとり、日頃からバランスの良い食事を取るようにすることで、体力や抵抗力を高めます。

 

お問い合わせ先

季節性インフルエンザについてのお問い合わせ

佐賀県 健康福祉部 健康増進課 感染症対策担当

〒840-8570 佐賀市城内1丁目1-59

TEL:0952-25-7008 FAX:0952-25-7289

E-mail:kenkouzoushin@pref.saga.lg.jp

このページに関する
お問い合わせは
(ID:34812)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.