佐賀県総合トップへ

企画展示「佐賀に国体がやってきた!―若楠国体―」

 

概要

 昭和51年の夏と秋、佐賀県で「若楠国体」の愛称で開催された第31回国民体育大会について、国体誘致や県民運動、炬火リレーなど、その準備段階からの様子を、当館が所蔵する関係資料と写真等でご紹介しました。【展示期間:平成25年7月3日~10月6日】

 

展示風景

 

展示風景01

 
展示風景02
 
展示風景03
 

 

主な展示物紹介

誘致について(お願い)

総会・常任委員会資料

第31回国民体育大会の誘致について(お願い)

(昭和45年4月1日)

 

 

知事・県議会議長・教育委員会長・県体育協会長の連名で出された、国体誘致について協力をお願いする文書です。
 どこ宛に出されたか、また実際出されたのかは不明ですが、第31回国体誘致が県議会で決議されたのは、前月27日のことでした。

第31回国民体育大会佐賀県実行委員会

総会・常任委員会資料

昭和48年~52年) 

 

 若楠国体の様々な事項について、総会や常任委員会で審議・決定されました。
 昭和51年4月8日開催の第7回総会では、以前より検討されていた国体運営上の改善事項31項目が正式決定しました。


 

 

「県民運動」関係広報資料

炬火リレーコース概要

「県民運動」関係広報資料

(昭和48年~51年)

 

佐賀国体開催を契機として、国体の機運を盛り上げ、成功を期するとともに、将来にわたる明るく豊かな郷土づくりを目指した県民運動が提唱されました。

県民運動の項目には「心のふれあい運動」「花いっぱい運動」など7項目があり、国体と県民運動の周知をはかり理解を深めてもらうため、様々な広報資料が作成されました。
  「県民運動の手びき」には、国体・県民運動の概要や、若楠国体のために作られた「佐賀国体音頭」の歌詞・振り付けなどが載っています。

第31回国民体育大会 炬火リレーコース概要

 (昭和51年)

 

県内各地の部門ごとに採火された火を「若楠の火」として一つに集火する式典が、昭和51年10月18日に県庁で行われました。
 4部門(農業・林業・漁業・商工業)の採火団体の代表者が、各地で採火した火をそれぞれトーチに点火、その後実行委員会会長の池田知事のトーチに集火され、リレー隊隊長の宣誓の後リレー隊が出発しました。

リレー出発

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:28088)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.