佐賀県総合トップへ

企画展示「佐賀県のシンボル」

 

概要

 佐賀県の正式な象徴として公式な場面で使用される「県紋章」、県の各機関・各種行事等で掲揚される「県旗」、県政施行90周年を契機に制作された「佐賀県民の歌」など、佐賀県のシンボルが、いつ、どのように決定されたのか、どのような意味由来を持つのか、当館所蔵資料等を使用して館内展示を行いました。【展示期間:平成25年1月9日~3月31日】

 

展示風景

 
展示風景01
展示風景03
 

主な展示物紹介

佐賀県紋章制定02県旗の取扱いについて(伺)「佐賀県民の歌」発表会プログラム

県公報「佐賀県紋章制定」
(告示192号、昭和11年4月1日)

 昭和11年4月1日、佐賀県紋章が制定されました。

 県紋章の制定について詳しい資料は当館には残っていませんが、当時の佐賀新聞に「県民精神を表徴する県紋章を制定し県から下附する表彰、賞品記念品其他各種の場合に使用する為め」、懸賞金つきで一般から作品を募ったとあります。

 その後、応募作品800余点の中から厳選された一等入賞作品が県紋章として採用されました。

 現在でも、この県紋章は県の正式な象徴として公式の場面で使用されています。

佐賀県紋章制定01

 

県旗の取扱いについて(伺)

(昭和43年12月11日発議)

昭和43年12月11日、県の花「クスの花」をモチーフにした県旗が制定されました。

県は、県旗の取扱いについて「佐賀県旗取扱い要領」を作成。「県を表示する場合に広く活用するとともに、その取扱いにあたっては、尊厳と品位をそこなわないよう十分配慮すること」とし、掲揚の方法や掲揚場所によって県旗のサイズを指定するなど、決められた用い方をするよう関係各所に通達しています。

 

 

 

 

県旗

 

 

「佐賀県民の歌」発表会プログラム

(昭和49年3月21日)

 昭和49年2月11日、「佐賀県民の歌」が制定されました。 

 昭和48年4月10日から5月末まで歌詞を一般公募。応募総数296点の中から明石省八氏の作品が選ばれ、作曲家・團伊玖磨氏に作曲を委託しました。

昭和49年3月21日には「『佐賀県民の歌』発表会と体育館創立11周年記念文化講演の夕べ」の中で演奏・披露され、その発表会プログラムには、ソノシート(塩化ビニール製の薄手のレコード)が付いていました。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:28012)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.