佐賀県 教育委員会TOP総合トップへ
佐賀県 教育委員会佐賀県 教育委員会(スマホ版)
背景色
青
黒
白
文字サイズ
拡大
標準

唐津西高校では、「地域社会の担い手育成プロジェクト」に取り組んでいます(令和4年9月)

最終更新日:
 

子ども食堂

令和4年9月10日(土曜日)、フードバンクKARA TSUの生駒代表が、月2回、子ども食堂かがみにおいて子ども達の為にお弁当を作り配布する活動をされており、その手伝いに参加しました。この日は、2年生4名が参加し、パックにお弁当を詰めたり、配布したりする手伝いをしました。今回は、80食のお弁当が配布されましたが足りなくなり、パンとチーズの配布もして、約100人の子ども達が集まりました。

 参加した生徒は、「今回、初めて子ども食堂のボランティアに参加して、とても驚いたことがいくつもありました。その中で、特に関心を持ったことは、来てくれた子どもの数です。最初、子ども食堂へは食べ物に困っている方が来るのだと思っていたのですが、誰でも受け取れるようにすることで誰でも行きやすく、子ども食堂の思いやりの心を感じることができました。私はこの思いやりの心を見習い、今後のボランティアでは誰かのことを思いやり、行動できるようになろうと思いました」と感想を述べていました。
 子ども食堂1 子ども食堂2

孫の手クラブ

敬老の日に合わせて、長松校区、成和校区、大志校区の60歳以上で、夫婦もしくはおひとりでお住まいの方を対象に日常のちょっとした生活のお手伝いを募集しました。

 熊原町のI様より依頼があり、9月16日(金曜日)17時よりボランティア部の生徒5名が自宅へ訪問し、庭の清掃活動(草むしり、草集め等)を行いました。I様も大変喜んでくださいました。
孫の手クラブ1 孫の手クラブ2 孫の手クラブ3
 

海と日本プロジェクト「スポGOMI甲子園2022佐賀県大会」

 令和4年9月23日(金曜日)、全国30都道府県の若者がごみ拾いを競い合う「スポGOMI 甲子園佐賀県大会」が、東の浜海浜公園周辺で開催されました。唐津西高校からは15組が参加しました。3人一組のチームで、50分の制限時間内に定められたエリアでごみを拾い、その質と量をポイントで競い合います。結果は、1・2・3位を唐津西高校が独占しました。優勝したチーム名は「すのこ」で、佐賀県代表として東京で開催される全国大会へ出場します。
 スポGOMI甲子園1 スポGOMI甲子園2

3年選択科目「地歴総合」での「地域の防災・減災ハンドブック」作成

令和4年9月30日(金曜日)、選択科目である「地歴総合」の授業で、「地域の防災・減災ハンドブック」の作成を行いました。そのハンドブックを一学期より授業連携・協働している唐津市危機管理防災課の方にチェックしてもらい、修正点や改善点などのアドバイスをいただきました。

この活動を通して、生徒たちからは「ハンドブックを作ることで災害に対する意識が高まった。」「高校生が防災の課題に取り組むことで地域の貢献になると感じた。」などの意見が聞かれました。

 今後は、いただいたアドバイスをもとに、ハンドブックの内容をブラッシュアップしていきたいと考えています。
地域の防災・減災ハンドブック作成 地域の防災・減災ハンドブック作成2

このページに関する
お問い合わせは
(ID:88161)
佐賀県  教育庁  教育総務課
〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59  TEL:0952-25-7398 FAX:0952-25-7281

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県  教育庁  教育総務課

〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59
TEL:0952-25-7398
FAX:0952-25-7281
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.