佐賀県議会TOP総合トップへ佐賀県議会TOP総合トップへ
佐賀県 佐賀県議会佐賀県 佐賀県議会(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

意見書案と採決状況(平成29年6月第10号)

最終更新日:
 

平成29年6月定例会 意見書案と採決状況

意第10号

可決

 

 教職員定数の改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書(案)

 

 学校現場における課題が複雑化・困難化する中で子どもたちのゆたかな学びを実現するためには、教材研究や授業準備の時間を十分に確保することが不可欠である。そのためには教職員定数改善などの施策が最重要課題となっている。(公財)連合総合生活開発研究所の教職員の働き方・労働時間に関する報告書によると、7~8割の教員が一月の時間外労働が80時間(過労死ライン相当)となっていること、1割がすでに精神疾患に罹患している可能性が極めて高いことなどが明らかにされた。明日の日本を担う子どもたちを育む学校現場において、教職員が人間らしい働き方ができるための長時間労働是正が必要であり、そのための教職員定数改善も欠かせない。
 義務教育費国庫負担制度については、「三位一体改革」の中で国庫負担率が2分の1から3分の1に引き下げられた。いくつかの自治体においては、厳しい財政状況の中、独自財源による定数措置が行われているが、地方自治体の財政を圧迫している。国の施策として財源保障をし、子どもたちが全国どこに住んでいても、一定水準の教育を受けられることが憲法上の要請である。ゆたかな子どもの学びを保障するための条件整備は不可欠である。
 よって、国会及び政府におかれては、地方教育行政の実情を十分に認識され、地方自治体が計画的に教育行政を進めることができるようにするために、下記の措置を講じられるよう強く要請する。 

                                  記

1 計画的な教職員定数改善を推進すること。
2 教育の機会均等と水準の維持向上をはかるため、義務教育費国庫負担制度の堅持と義務教育費の総額を確保すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成29年  月  日
                                           佐 賀 県 議 会

 内閣総理大臣  安倍 晋三 様
 衆議院議長   大島 理森 様
 参議院議長   伊達 忠一 様
 財務大臣    麻生 太郎 様
 総務大臣    高市 早苗 様
 文部科学大臣  松野 博一 様

 

 以上、意見書案を提出する。
  平成29年7月3日

 

  提出者  留守 茂幸   石丸  博   石井 秀夫   武藤 明美
       木原 奉文   稲富 正敏   竹内 和教   中倉 政義
       藤木 卓一郎  石倉 秀郷   桃崎 峰人   土井 敏行
       指山 清範   大場 芳博   岡口 重文   原田 寿雄
       徳光 清孝   宮原 真一   坂口 祐樹   藤崎 輝樹
       向門 慶人   米倉 幸久   八谷 克幸   定松 一生
       川﨑 常博   江口 善紀   古賀 陽三   井上 常憲
       池田 正恭   野田 勝人   中本 正一   西久保 弘克
       木村 雄一   青木 一功   井上 祐輔 

  
 佐賀県議会議長 石倉 秀郷 様

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:56377)
佐賀県議会事務局   〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-45  
(総務課)TEL:0952-25-7215  (議事課)TEL:0952-25-7216  (政務調査課)TEL:0952-25-7306  メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県議会事務局

佐賀市城内1丁目1-45
(総務課)TEL:0952-25-7215
(議事課)TEL:0952-25-7216
(政務調査課)TEL:0952-25-7306
メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.