佐賀県議会TOP総合トップへ佐賀県議会TOP総合トップへ
佐賀県 佐賀県議会佐賀県 佐賀県議会(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

意見書案と採決状況(平成29年6月第7号)

最終更新日:
 

平成29年6月定例会 意見書案と採決状況

意第7号

否決

 

 若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める意見書(案)

 

 公的年金は高齢者世帯収入の約7割を占め、約6割の高齢者世帯が年金収入だけで生活をしており、老後の生活保障の柱となっている。
 現在、年金の支給は隔月となっているが、欧米諸国では毎月支給しているところが多く、年金生活者にとって年金が毎月支給されることによって、月ごとの計画的な生活設計が成り立つことが期待される。
 年金が高齢者の所得保障であることに鑑みれば、高齢者の生活の安定の観点から、雇用と年金の接続が制度的に確実に行われることが必要であり、年金支給開始年齢のさらなる引き上げは、無年金や無収入となるものが生じる可能性があるなどの課題がある。
 また、年金支給開始年齢のさらなる引き上げは、引き上げが行われる以降の世代にとっては、年金給付総額の減少が生じることとなり、将来世代に影響が強く出ることが懸念される。このことは、高齢者だけの問題ではなく、若者の年金不信を増長し、ひいては、年金制度への信頼がさらに低下することにもつながる。
 特に、若者からの信頼を高めるためには、年金給付における世代間格差をこれ以上拡大させず、合わせて、将来的に持続可能な年金制度に改善することが求められる。
 年金はそのほとんどが消費にまわるため、消費や税収など地域経済と地方財政に与える影響は大きく、自治体の行政サービスにも直結する問題となっていることから、年金の増減は地方経済や地方財政にも大きな影響を与える。
 よって、政府及び国会に対し、若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を図るため、次の点について要請する。


                                  記

1 年金の隔月支給を国際水準並みに毎月支給に改めること。
2 年金支給開始年齢はこれ以上引き上げないこと。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成29年  月  日
                                           佐 賀 県 議 会
 内閣総理大臣    安倍 晋三 様
 衆議院議長     大島 理森 様
 参議院議長     伊達 忠一 様
 厚生労働大臣    塩崎 恭久 様

 以上、意見書案を提出する。
  平成29年7月3日

 

  提出者  武藤 明美  井上 祐輔 

  
 佐賀県議会議長 石倉 秀郷 様

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:56373)
佐賀県議会事務局   〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-45  
(総務課)TEL:0952-25-7215  (議事課)TEL:0952-25-7216  (政務調査課)TEL:0952-25-7306  メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県議会事務局

佐賀市城内1丁目1-45
(総務課)TEL:0952-25-7215
(議事課)TEL:0952-25-7216
(政務調査課)TEL:0952-25-7306
メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.