佐賀県議会TOP総合トップへ佐賀県議会TOP総合トップへ
佐賀県 佐賀県議会佐賀県 佐賀県議会(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

平成16年11月決算特別委員会委員長報告《委員長 原口義己》

最終更新日:
 
平成16年11月定例県議会

決算特別委員長報告
委員長 原口義己


決算特別委員長の報告をいたします。
 9月22日の本会議におきまして、本委員会に付託され、閉会中の継続審査となっ
ておりました、乙第73号議案「平成15年度佐賀県歳入歳出決算の認定について」、
乙第74号議案「平成15年度佐賀県立病院好生館事業決算の認定について」及び乙
第75号議案「平成15年度佐賀県工業用水道事業決算の認定について」、以上3件
の議案について、11月5日から18日まで、現地視察を含め委員会を開催し、慎重
に審議いたしましたので、その経過及び結果について報告いたします。
 まず、採決の結果を申し上げます。
  11月17日に全ての質疑を終了、翌18日に採決を行い、乙第73号議案「平成
15年度佐賀県歳入歳出決算の認定について」、乙第74号議案「平成15年度佐賀
県立病院好生館事業決算の認定について」及び乙第75号議案「平成15年度佐賀県
工業用水道事業決算の認定について」、以上3件の議案を一括して採決の結果、全会
一致をもって認定いたしました。
 続いて、審議の過程で申し述べられました主な意見及び要望の概要を申し上げます。
  まず、総務常任委員会関係の事項について申し上げます。
1、県民満足度調査を継続的に実施し、障害者等幅広い県民の意見を県政に反映され
 たい
1、食糧費等問題の実態の解明を行い、適正な使途による県政の円滑な運営に努めら
 れたい 
1、市町村との連携による税の徴収率向上対策や滞納整理の強化により、収入未済額
 ・不能欠損処分を縮減し、税収の確保に取り組まれたい
1、市町村合併については、住民生活への大きな影響を考慮し、積極的な情報の提供
 等支援に努められたい
1、今後も厳しい状況が見込まれる過疎地域の自立促進に向け、過疎対策事業債の有
 効活用など、積極的な指導・助言に取り組まれたい
1、未利用財産の有効活用や処分については、各本部が連携して県全体で取り組まれ
 たい
1、公益法人等の監査・検査に際しては、破綻や不祥事も想定し、人員の増減など柔
 軟な監査体制により実施されたい
1、現在の厳しい犯罪情勢下における治安の維持については、警察署の再編整備によ
 る警察力の強化や防犯ボランティア等地域住民との緊密な連携により取り組まれた
 い
1、地域住民の安全・安心な生活を守るため、警察予算を充実するとともに、空き交
 番の解消対策や交番機能の強化に取り組まれたい
との意見などが出されました。
 次に、文教厚生常任委員会関係の事項について申し上げます。
1、炎の博記念地域活性化事業について、これまでのイベント的な事業への助成から、
 県民協働をになう民間組織の育成のための支援への転換 を図られたい。
1、地球温暖化防止地域計画の推進にあたり、その目的達成のために、広く県民の努
 力を積み上げるような施策を展開されたい
1、保育所整備による待機児童の解消、延長・休日保育の拡充、病後児保育の推進な
 ど、一層の少子化対策に積極的に取り組まれたい
1、県民の心の豊かさの実現に供する音楽文化など、芸術文化の振興を積極的に推進
 されたい
1、東部医療圏における夜間救急外来診療体制について、関係機関と十分協議を行い、
 早期の実施に努められたい
1、地域リハビリテーション支援センターについて、関係者に対して施設のもつ重要
 性の普及啓発に努め、その適切な運用を図られたい
1、介護生活予防の観点から、より一層の高齢者の健康づくり対策や生きがいづくり
 対策に取り組まれたい
1、グループホーム設置については、地域の実情等に応じた適切な配置や規模の調整
 を図るよう、各介護保険者に十分な指導をされたい
1、少子化対策のため、乳幼児医療費助成事業の適用対象年齢の拡大を検討されたい
1、県立病院好生館の経営について、法的措置の活用など未収金回収に一層努めると
 ともに、責任の明確化、病院の独立性の向上のため、地方公営企業法の全部適用を
 検討されたい
1、市町村が行う小中学校における障害のある子どもの教育のための介助員配置につ
 いて、教育的観点から県による財政的支援を検討されたい
1、スポーツ競技力向上のため、目標を設定し、優秀な指導者の養成・確保を図り、
 関係機関・団体等が協力できる体制づくりに努められたい
1、児童生徒の環境意識の向上のため、環境学習施設の十分な周知を図り、環境教育
 の一層の推進に努められたい
との意見などが出されました。
 次に産業常任委員会関係の事項について申し上げます。 
1、新世紀戦略型技術移転推進プロジェクト事業の見直しに当たっては、その実施効
 果を踏まえ、中小企業が利用しやすい採択要件の設定や、産学官の連携が推進され
 るよう取り組まれたい
1、シンクロトロン光応用研究施設整備については、多岐に渡る利活用の期待に応え、
 最大の費用対効果が得られるよう戦略的な取組みに務められたい
1、中心商店街の再生、活性化対策を有効に推進するため、具体的な数値目標を掲げ
 た支援策に取り組まれたい
1、大型店出店の影響により衰退する商店街対策を実効あるものとするため、地域を
 限定したモデル事業に取り組まれたい
1、「観光県さがダイナミックキャンペーン」の実施結果の検証に基づく観光客の誘
 致拡大や、一過性の効果とならないための観光地の魅力づくりに取り組まれたい
1、本県農業について生産額向上に向けた実効ある振興施策に積極的に取り組まれた
 い
1、中山間地におけるイノシシ被害について、地元への周知徹底と隣県との連携を確
 保しながら効果的な被害防止に努められたい
1、本県農産物の有利販売やブランド化を推進する方策のひとつである「フライト農
 業」の振興に努められたい
1、ノリ養殖の経営基盤強化及び後継者の確保策である協業化推進事業を積極的に推
 進されたい
1、県内の林家が継続的かつ活発に林業活動を行っていくための、林業の振興策を積
 極的に講じられたい
との意見などが出されました。
 次に、県土整備常任委員会関係の事項について申し上げます。
1、公共事業予算の選択と集中による効率的執行を行い、繰越額の縮減及び事業の早
 期効果が発揮されるよう努められたい
1、公共事業の住民説明については、視覚的な資料を配付するなど住民の理解が深ま
 るよう改善を図られたい
1、ローカル発注の一層の推進を図り、この趣旨を市町村まで広げられたい
1、公共工事の剪定枝等の処理については、野焼きがされないよう適切な取組みを図
 られたい
1、用地取得に当たっては、土地収用法の活用を図り、民間の専門家を配置するなど
 一層の推進体制の整備を図られたい
1、城内地区の土地利用については、佐賀城内の歴史的構造物等の具体的な位置づけ
 をした上で、佐賀城公園の整備計画を改めて検討されたい
1、吉野ヶ里ニューテクノパーク跡地は、遺跡群の真ん中に位置し、その特性を活か
 した整備を検討されたい
1、都市計画道路の見直しに当たっては、地域住民の十分な理解を得たうえで推進さ
 れたい
1、農業集落排水施設については、全施設の運転状況を調査し、適正な運転管理を指
 導されたい
1、持ち家政策に重点を置き、県産材の需要と結びつけた住宅政策を推進されたい
1、城原川ダム事業は中止し、他の治水対策事業で推進されたい
1、急傾斜地崩壊防止事業の市町村移管に当たっては、市町村に対する支援や制度の
 県民等への周知徹底に努められたい
との意見などが出されました。
 以上をもちまして、決算特別委員長の報告を終わります。
 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:39325)
佐賀県議会事務局   〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-45  
(総務課)TEL:0952-25-7215  (議事課)TEL:0952-25-7216  (政務調査課)TEL:0952-25-7306  メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県議会事務局

佐賀市城内1丁目1-45
(総務課)TEL:0952-25-7215
(議事課)TEL:0952-25-7216
(政務調査課)TEL:0952-25-7306
メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.