佐賀県議会TOP総合トップへ佐賀県議会TOP総合トップへ
佐賀県 佐賀県議会佐賀県 佐賀県議会(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

平成14年11月定例県議会 決算特別委員長報告《委員長 篠塚周城》

最終更新日:
 
平成14年11月定例県議会
決算特別委員長報告
委員長 篠塚周城

決算特別委員長の報告をいたします。

 9月26日の本会議におきまして、本委員会に付託され、閉会中の継続審査となっ
ておりました、乙第77号議案「平成13年度佐賀県歳入歳出決算の認定について」、
乙第78号議案「平成13年度佐賀県立病院好生館事業決算の認定について」及び乙
第79号議案「平成13年度佐賀県工業用水道事業決算の認定について」、以上3件の
議案について、11月11日から22日まで、現地視察を含め委員会を開催し、慎重に
審議いたしましたので、その経過及び結果について報告いたします。
 まず、採決の結果を申し上げます。
 質疑終結の後、討論に移り、まず乙第77号議案について、反対の立場から「県
民の願いに応える生活密着型公共事業の実施、農業の再建、有明海・玄海の再生、
教育の充実を図るべき」、次に乙第78号議案について、反対の立場から「県立病
院好生館については、県民の命と健康を守る自治体病院としての観点から運営を
行うべき」との討論がありました。
 以上討論の後、直ちに採決に移り、まず、乙第77号及び乙第78号議案、以上2件
の議案を一括して採決の結果、賛成者多数をもって、これを認定すべきものと決
しました。
 次に、乙第79号議案を採決の結果、全会一致をもって、これを認定すべきもの
と決しました。
 続いて、審議の過程で申し述べられました主な意見及び要望の概要を申し上げ
ます。
  まず、総務常任委員会関係の事項について申し上げます。
1.将来見通しを踏まえ、県債と基金の有効活用によるバランスのとれた財政運
 営を行われたい
1.財政規模を超える県債残高は、国の経済対策に追随した結果であり、本来の
 住民の要求に応える県政運営をされたい
1.税の公平性と自主財源の確保の観点から、収入未済額の縮減に取り組まれた
 い
1.電子県庁の推進については、行政サービスの向上等本来の目的を見失わずに
 取り組まれたい
1.地域住民の十分な理解を得て市町村合併を行うためには、法期限の延長が必
 要であり、住民投票の指導を含め検討されたい
1.市町村合併については、国・県主導の合併推進でなく、住民投票の実施など
 住民の自主的判断に委ねられたい  
1.有明佐賀空港滑走路の拡張計画については、まず拡張ありきではなく、県民
 感情や財政問題を重視し対応されたい
1.真の男女共同参画社会発展のため、DV防止対策等女性問題の解決に鋭意取
 り組まれたい
1.公用車の効率的な相互運用及び経済的な燃料契約方法への見直し、また任意
 保険への加入や示談専門員の配置について検討されたい
1.未登記の公共用地の解消に一層努力されたい
1.警察署協議会活動の拡充等により、地域全体での防犯体制の確立に努められ
 たい
との意見などが出されました。
 次に、文教厚生常任委員会関係の事項について申し上げます。
1.福祉分野における雇用創出や市町村合併への対応等に向け、県社協の充実を
 図られたい
1.高齢者介護の情報を利用者や家族が容易に入手できるよう情報提供の充実に
 努められたい
1.敬老祝金の支給拡充に努められたい
1.児童福祉について、負担金の収入未済を理由に不当な処置を行わず、また、
 カウンセリングの充実等により児童虐待に対するきめ細かな対応を図られたい
1.地域子育て相互支援事業の拡大に取り組み、国の施策に留意しながら少子化
 対策の充実に努められたい
1.病後児保育事業の実施カ所の拡大を図られたい
1.県立病院については、地方公営企業法の全部適用の検討並びに民間医療機関
 との役割分担の推進及び地域医療機関との役割分担の明確化による救急医療体
 制の確保等を図られたい
1.佐賀同和食肉事業協同組合の施設を早急に撤去し、跡地の有効利用を図られ
 たい。また、同和運動団体への補助及び同和対策事業を見直されたい
1.教育ルネサンス事業の成果を検証し、今後の事業に取り組まれたい
1.やきもの食器未導入市町村への導入拡大に努められたい
との意見などが出されました。
 次に産業常任委員会関係の事項について申し上げます。 
1.厳しい経営環境に対応した的確な中小企業支援策の推進を図られたい
1.県信用保証協会の保証承諾にあたっては、弾力的な運用に努め、中小企業の
 経営改善を積極的に支援されたい
1.未分譲の工業団地については、今後も分譲促進に努めるとともに、分譲単価
 上昇抑制のため、工場用地の貸付け等の方法を検討されたい
1.東部工業用水道においては、今後も工業用水の安定供給に努めるとともに、
 新規の給水需要に適切に対処されたい
1.小売商業経営特別指導緊急事業の成果を広く周知するとともに、今後の施策
 に活用されたい
1.シンクロトロン光応用研究施設については、地域産業の振興に貢献する施設
 として整備されたい
1.県北西部の気候や土壌に適応し、収量性と品質に優れる米の新品種の開発を
 推進されたい
1.流通の多様化の進展に的確に対応した県産農産物の販路拡大や有利販売に努
 められたい
1.農村下水道整備については、市町村の実状、効果や経済性を総合的に判断し、
 推進されたい
1.農業担い手確保の観点から、農業経営の法人化や家族経営協定締結の推進に
 努められたい
との意見などが出されました。 
 次に土木水産常任委員会関係の事項について申し上げます。 
1.有明水産振興センター展示館の展示内容については、展示物を増やすなど充
 実を図られたい
1.森林資源の循環利用推進に当たっては、木質バイオマスの利用等、積極的に
 取り組まれたい
1.健全な森林を次の世代へ引き継いでいくために、公有林化に取り組むなど適
 正な管理に努められたい
1.佐賀県産材の需要拡大を図るため、木造住宅の建設推進に取り組まれたい
1.公共事業の再評価に当たっては、評価監視委員会において、十分な検討をさ
 れたい
1.有明海沿岸道路等、県南西部地域道路の早期整備に努められたい
1.佐賀城公園のリニューアルに当たっては、利用者ニーズに配慮した整備に取
 り組まれたい
1.急傾斜地災害防止対策事業については、今後の市町村事業への移行にあたり、
 その周知徹底 に努められたい
1.今後の川づくりについては、地域の特性等を検討し、地域の望む川づくりに
 取り組まれたい
1.県営住宅については、社会情勢のニーズに沿った計画的な整備に取り組まれ
 たい
との意見などが出されました。 
 以上をもちまして、決算特別委員長の報告を終わります。
 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:38935)
佐賀県議会事務局   〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-45  
(総務課)TEL:0952-25-7215  (議事課)TEL:0952-25-7216  (政務調査課)TEL:0952-25-7306  メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県議会事務局

佐賀市城内1丁目1-45
(総務課)TEL:0952-25-7215
(議事課)TEL:0952-25-7216
(政務調査課)TEL:0952-25-7306
メール(共通):gikai@pref.saga.lg.jp
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.