佐賀県総合トップへ

樫原湿原(かしばるしつげん)開花情報

 
樫原県自然環境保全地域

いくつもの花物語を持つ、静かな楽園


標高600m、唐津市七山の山間地に位置し、豊富な湧き水で形成された樫原湿原(かしばるしつげん)。この樫原湿原は、特に優れた自然環境を有する地区として「自然環境保全地域」に指定され、保護されています。
また、“九州の尾瀬”ともいわれる数少ない湿地で、珍しい湿原植物の宝庫となっています。晩春のミツガシワ、夏のサワギキョウ、サギソウ、秋になるとマアザミやミミカキグサなど、100種類を超える植物が次々と可憐な花を咲かせます。

サギソウ

湿地風景
樫原湿原

   ◆湿原観察のマナー・注意

 PDF 湿原観察のマナー 別ウィンドウで開きます

(PDF:288.5キロバイト)

 ◆観察時の服装について

  自然界には様々な動物や植物など

 が生息し、中には毒などを持つ危険

 なものもいます。

  樫原湿原の自然を安心安全に楽し

 むために、長袖や長ズボン、帽子の

 着用等、肌の露出を少なくしましょ

 う。 

PDF ダニによる感染症に注意 別ウィンドウで開きます

(PDF:570.8キロバイト)


  ◆アクセス等

  ◎湿原案内図 新しいウィンドウで

   (126KB; PDFファイル)  

  ※駐車場の位置が平成22年から変わりました。 

  ◎道路案内図 新しいウィンドウで

   (154KB; PDFファイル) 

  ◎樫原湿原の生き物たち 新しいウィンドウで

   (677KB; PDFファイル)

  ◎樫原湿原の花ごよみ

 春~秋 新しいウィンドウで(49KB; PDFファイル)

 夏~秋 新しいウィンドウで(52KB; PDFファイル) 

ヒツジグサ
サギソウ
樫原湿原を代表する植物で、七山村の村花にも指定されています。シラサギのような華麗な花びらが魅力的。

ヒツジグサ
ひつじの刻(午後2時)に咲いて夕方しぼむことから名付けられました。3~5日の間、白い花を水面に咲かせます。


トキソウ ミツガシワ
トキソウ
日当たりのよい湿地に生え、6月中旬から下旬にかけて桃色の可憐な花を咲かせます。


ミツガシワ
カシワのような葉が3つついていることから名付けられました。3~4月が花の見頃です。

ハッチョウトンボ モウセンゴケ

ハッチョウトンボ
日本で見られるトンボの

中で最も小さな種類の

一つ。水辺だけに生息し、

オスは鮮やかな紅色が

特長です。

モウセンゴケ
代表的な食虫植物の一つ

で、一葉に200本近い腺毛

があります。

樫原湿原(かしばるしつげん)開花情報

2016年04月04日

 樫原湿原の秋

 

樫原湿原の風景

     アケボノソウの花 ノダケの花 ツルリンドウの花

  アケボノソウの花      ノダケの花         ツルリンドウの花 

平成27年10月2日撮影

  さわやかな季節になり、樫原湿原にも秋がやってきています。湿原のあちらこちらで秋を感じることが出来ます。

  湿原周辺に咲くアケボノソウの花は花びらが5枚に分かれており、黒点と黄緑色の斑紋が見られます。おもしろいことに黄緑色の斑紋は蜜腺になっており、アリなどの昆虫が蜜を求めてやってきます。

  ノダケはキアゲハ(蝶)の食草なので、この時期幼虫を観察することができます。しかし、キアゲハの幼虫を餌とするスズメバチが狩りにやってくるので、観察される方は十分ご注意ください。

  樫原湿原の賑わいはまもなく終わり、生物の活動が静かな季節を迎えます。 

 

 

サギソウが咲いています。

 

湿原の様子

 

                    コバギボウシの花  サギソウ  ユウスゲの花

                     コバギボウシ          サギソウ           ユウスゲ

 平成27年8月5日撮影

 樫原湿原は一年で一番賑やかな時期を迎えています。

 湿原のあちこちに白い可憐なサギソウの花が咲いています。シラサギが羽を広げたような花の大きさはわずか2cm程度なので、ゆっくりじっくり探してみてください。

 サギソウやコバギボウシは一度咲くと数日咲いていますが、ユウスゲは夕方咲き始めて、次の朝には閉じてしまう一日花です。樫原湿原の花は開花時期が異なる花だけではなく、ユウスゲのように一日の時間帯によっても開花時間が違う花を数種類見ることができます。

 そのほか色とりどりの花々や多くの種類のトンボ等を見ることができます。 


 

樫原湿原の夏の動植物

カキランニホンアマガエルカキランの花

     カキラン          ニホンアマガエル    カキランの花   

ユウスゲハッチョウトンボのオスヒツジグサ

     ユウスゲ          ハッチョウトンボ(オス)   ヒツジグサ     

           平成27年7月10日撮影 

梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですが、梅雨が明けるといよいよ本格的な夏がやってきます。樫原湿原では、湿原の夏を彩る花々が咲いています。

標高約600mに位置するため、 平地より気温が5~6℃低く、冷涼な風が心地よい樫原湿原へ散策に訪れてみませんか?

 


 

― トキソウが咲き始めています!! ―

 

樫原湿原

 

トキソウの花

トキソウ(佐賀県レッドデータブック:絶滅危惧1類種) 

平成27年5月26日撮影 

 夏を感じさせるほど暑い日が続いていますが、樫原湿原では初夏を感じられる花のひとつ「トキソウ」が咲き始めました。

 日当たりのよい湿地のあちらこちらに、淡い紅紫色の花を咲かせています。

 また、いろいろなトンボが辺りを飛び回り、カエルやハルゼミの声も聞こえてきます。

 樫原湿原へぜひお出かけください。 


 

 

    樫原湿原 トキソウの花芽

                     トキソウの花芽 

 

 モウセンゴケ サワヒヨドリ ウマノアシガタの花

 モウセンゴケ        サワオグルマ      ウマノアシガタ

平成27年5月13日撮影 

 樫原湿原は新緑がまぶしい季節を迎えています。湿地のなかには、食虫植物であるモウセンゴケが鮮やかな赤色を帯びた葉を広げ、サワヒヨドリが黄色の花を咲かせ、また湿地の周辺をウマノアシガタが黄色い花で彩りをそえています。

  例年だと6月10日(時の記念日)頃に見頃を迎えるトキソウですが、今年は早くも花芽を伸ばし始めています。そのため、今年は見頃のピークがやや早まることが予想されます。 トキソウをご覧になりたい方は樫原湿原に早めに来られることをオススメします。

 

 

秋の樫原湿原

 

湿原の状況 

 サワギキョウアケボノソウアカバナ

ツルリンドウコナラの実(ドングリ)コバノガマズミの実

平成26年10月3日撮影 

 樫原湿原は色とりどりの秋の花が咲き、果実が実り、湿原は秋色に色づき始めました。サワギキョウの鮮やかな紫色の花が今年は湿原のあちこちで見られます。湿原ではアケボノソウやアカバナの花、湿原周辺林ではツルリンドウの花やコバノガマズミの赤い実等を見ることができます。

 爽やかな秋風が吹く樫原湿原を散策に訪れませんか?


 

 

サギソウが見頃を迎えています!!!

 

湿原の風景 

カワラナデシコサギソウサワヒヨドリ 

平成26年8月8日撮影

樫原湿原のあちこちにサギソウが咲いています。お盆の頃までが最盛期です。

可憐で白いサギソウ、淡いピンクのカワラナデシコ、オレンジ色のコオニユリ。色とりどりの花々が樫原湿原を彩っています。

樫原湿原を訪れてみませんか?


樫原湿原 ~夏の花々~

 

 カキラン カキランの花

 カキラン(ラン科)              カキランの花 

 モウセンゴケの花 モウセンゴケの葉

モウセンゴケの花(モウセンゴケ科)    モウセンゴケの葉

                                                        (葉の腺毛から出る粘液で虫を捕らえる)

マナー看板   平成26年6月25日撮影

 

 トキソウの花が終わり、入れ替わるように カキランの花が咲き始めました。

 カキランは目立たない花ですが、花をじっくり見てみると、その鮮やかな美しい模様がよく分かります。

 また、食虫植物であるモウセンゴケの花も咲いています。径1cmほどの小さな花を午前中だけ咲かせています。モウセンゴケは湿原などの貧栄養な環境に生育する植物なので、虫も栄養分として取り入れている植物です。

 この他にも色々な花が樫原湿原では見られますので、梅雨の時期ですが、湿原を訪れてみてはいかがですか?

 


  トキソウが咲いています!!

 

トキソウ群落 

トキソウの花  ハッチョウトンボ(オス)

撮影日:平成26年6月4日 

  樫原湿原の三大花のひとつ、トキソウが見頃を迎えています。湿原のあちこちで、可憐な花をたくさん咲かせています。トキソウの花は、6月下旬まで楽しむことができそうです。

 夏に近づき、いろいろなトンボ達が飛び始めました。樫原湿原を代表するトンボのひとつ、ハッチョウトンボも姿を見せてくれます。きっと、ハッチョウトンボの愛らしい姿に思わず笑みが浮かびますよ。 

 


樫原湿原の春

 

湿原の風景 ミツガシワの花 ニホンヒキガエルのオタマジャクシ ヤマザクラ

  撮影日:平成26年4月18日撮影

 樫原湿原に春が来ました!!!平野部に比べるとやや遅いのですが、樫原湿原でも春を感じて、生きものたちが動き始めました♪

 湿原の春の訪れを告げるミツガシワ、湿原周辺の森林ではヤマザクラの花がちらほらと咲いています。また、水の中ではニホンヒキガエルのオタマジャクシが活発に動き始めました。これから、湿原では様々な花が次々と咲き始め、湿原一面を彩ります。湿原の春を感じに訪れてみませんか?

このページに関する
お問い合わせは
(ID:7889)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.