佐賀県総合トップへ

乳幼児向けの『読み聞かせノート』を配布します!

最終更新日:
読み聞かせノート
子どもは、お父さんやお母さん、家族のここちよい「ことば」のひびきを覚えています。
愛情に満ちた「ことば」を語りかけられることで、子どもは自分がとても大切にされ、
愛されていることを感じます。
 
また、読み聞かせは、子どもたちがおはなしの楽しさを感じるひとときです。
ことばを覚える機会にもなり、なにより暖かなコミュニケーションを通じて
子どもとの絆を深めることができます。
まなび課では、家庭での読み聞かせ活動を普及・促進させるため、乳幼児向けの『読み聞かせノート』を作成し、県内の子どもの居場所に順次、配布しています。
この『読み聞かせノート』は、子どもへ絵本や本を読んで聞かせた記録をつける思い出帳です。
世界にひとつだけの、自分のための読み聞かせの記録は、きっと子どもにとって大切な宝物になるでしょう。
 

「読み聞かせノート」とは 

読み聞かせノートとは

読み聞かせノートは、子どもへ絵本や本を読んで聞かせた記録をつけるノート。
読んだ本のタイトルや作者、子どもの反応などを記載でき、50冊(回)分の読み聞かせの記録をつけることができます。
記録のページのほかには、読み聞かせの方法や選書のポイント、県立図書館司書おすすめの本、図書館における子育てに便利な情報を
紹介するページがあります。
 

読み聞かせノートの対象

佐賀県内在住の乳幼児(0~6歳)
 

内容

  • 乳幼児向けのおすすめ絵本の紹介(発達段階に分けて紹介)
  • 読み聞かせの方法や選書のポイント(発達段階に分けて紹介)
  • 図書館における子育てに便利な情報(児童書の全点購入、相互貸借、おはなし会等)
  • 読み聞かせの記録ページ(50冊・回分)
  • 50冊(回)の記録達成後に書くお子さんへのメッセージ欄

入手方法

  • 公共図書館
  • 幼稚園・こども園等の保育施設(配布希望があった施設に限ります)
  • 各市町の児童福祉関連部署など

※その他、読み聞かせノートを入手できない場合は、まなび課までお問い合わせください。

 

読み聞かせノートの使い方

  • 子どもに読み聞かせをしましょう

読み聞かせノートの対象は乳幼児(小学校入学前の0~6歳児)です。

お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん等、家族で読み聞かせをしたらノートに記録をつけましょう。

  • 読み聞かせノートに読み聞かせの記録をつけましょう

読み聞かせノートには、本のタイトル・読んだ日・読んだ人・子どもの反応、一言メモ等が記録できます。

毎日繰り返して読んだ本も、記録できます。

  • 50冊(回)分の記録が終わったら、お子さんへのメッセージを書きましょう

将来、お子さんが字を読めるようになったら、きっと喜んでくれるはず。

既に字を読むことができるお子さんは一緒に読んで思い出を振り返ってみましょう。

  • 子どもが大きくなったら、読み聞かせノートをプレゼントしてみましょう

「この本が好きだったよ」、「あの本で笑ってたね」等、一緒に思い出を振り返ってみましょう。

 

 

 

 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:54864)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.