佐賀県総合トップへ

NPO・NGO経営者の皆さまへ 佐賀県を活動の拠点にしませんか?

最終更新日:
 佐賀県では、一緒により良い佐賀を作っていただけるCSO(NPO・NGO)を誘致しています。

 様々な地域課題を解決に導くノウハウをお持ちのCSO(NPO・NGO)の皆さま、是非佐賀で活動を始めてみませんか。

ダイアログ協定締結写真

県内CSOとの交流会

誘致第1号(特非)ダイアローグ・ジャパン・ソサエティとの進出協定締結式の様子

誘致により来ていただいたCSOと県内CSOとの交流会の様子

  

佐賀県に進出していただいたCSOと県、(公財)佐賀未来創造基金との間で協定を締結し、佐賀での活動を進めていただいています。

 ※CSOとは、Civil Society Organizations(市民社会組織)の略で、佐賀県では、NPO法人、市民活動・ボランティア団体に限らず、自治会・町内会、婦人会、老人会、PTAといった組織・団体を含めて「CSO」と呼称し、地域課題を一緒に解決していきます。

1)なぜ、佐賀県はCSOの誘致を行っているの?

2)佐賀県に進出した場合のメリットは??

  ○佐賀県誘致CSO活動支援補助金

  ○佐賀県CSO提案型協働創出事業

  ○ふるさと納税(NPO等指定寄附)

3)佐賀県はどんなところ?

4)進出された方々の声

5)自治体・地域の反応  

  1)なぜ、佐賀県はCSOの誘致を行っているの?

 佐賀県では、県外で活躍するCSOを誘致し、人材の流入や新たな雇用を生み出すとともに、県内CSOが誘致CSOとの交流や当該CSOからのノウハウ提供等を通してスキルアップすることで、一層地域の課題解決につなげるようこの取組みを行っています。

佐賀県内のCSOと一緒に活動していただき佐賀の良さに気づいていただきながら、様々な取組みを行っていただきたいと考えています。

佐賀のCSOのネットワークはとても強く、誘致したCSOの方々の受入れ体制も整っています。これまで他県で培われた活動のノウハウを活かしながら、佐賀で活動してみませんか。

 

「佐賀県で一緒に活動しましょう!」 

知事写真
 佐賀県は人と人とのつながりを大事にする県です。恵まれた自然と住環境に加え、交通アクセス、(九州佐賀国際空港、九州新幹線)も充実しています。「ふるさと納税(NPO支援)」による支援や様々なサポートなどCSO(NPO・NGO)が行政と協働する体制が整っているのも魅力です。世界で羽ばたく新たな活動拠点として佐賀県で一緒に活動しましょう。 
                                                                                                   佐賀県知事 山口 祥義

 

2)佐賀県に進出した場合のメリットは??

 佐賀に進出された際、補助金や様々な制度ををご活用いただけます。

 

佐賀県誘致CSO活動支援補助金

  拠点を佐賀に移され、人を雇用された場合には補助金を御用意しています。

  • 補助金額:50万円×(新規雇用者数+配置転換者数)の計算式により算出した金額(予算の範囲内)
  • 補助対象経費:事務所等賃料、人件費、旅費、機器取得費、需用費、役務費等
  • 補助要件:進出に係る協定を締結した日から6ヶ月以内に新規雇用又は佐賀県内への人材の配置転換を行うこと 等 

  ※ 補助金に関する詳しい要件等については、PDF 佐賀県誘致CSO活動支援補助金交付要綱 別ウィンドウで開きます(PDF:165.9キロバイト)をご確認ください。

  

佐賀県CSO提案型協働創出事業

 住民の方々の暮らしの満足度を向上させていくためには、行政のみがサービスを提供するのではなく、CSO等の多様な主体が公共サービスを担っていく必要があります。 このため、CSOの皆様から県、市町に新たな事業を提案いただき、協議後、協働によりさまざまな地域課題の解決を図ります。

提案型協働創出事業
提案型協働創出事業スキーム

   詳しくは佐賀県ホームページCSO提案型協働創出事業をご覧ください。

 

ふるさと納税(NPO等指定寄附)

 佐賀県には、CSOによる地域活動を支援するためCSOを指定して寄附を募るふるさと納税(NPO等指定寄附)があります。

寄附額の95%を指定されたCSOに交付します。※佐賀県が定める要件を満たすCSOに限られます。

  寄附実績   平成27年度  9団体 151,008千円

         平成28年度 24団体 226,408千円

ふるさと納税スキーム
ふるさと納税(NPO等指定寄付スキーム)

  ※詳しくは佐賀県ホームページふるさと納税(NPO等指定寄附)をご覧ください。

 

3 佐賀県はどんなところ?

  • NPO法人の活動環境が豊かです! 

   NPO法人に占める認定、特例認定NPO法人数(13)は全国1位! ※平成29年2月末現在

  • プラスワン運動の推進 

   県民が職場や家庭のほかに何かひとつ社会貢献活動を!と呼びかける「プラスワン」運動を推進しています。

  • プロボノの取り組み

   県民が仕事等で培った知識や技術を生かし、地域貢献を行う「プロボノ」活動を応援しています。

  • 災害が少ない

   南海トラフ地震の想定死者数が九州で唯一の「0」の県です。

  • 自然環境が豊か

    すぐ近くに海や山があり、いつでも自然とふれあうことができます。

  • 物価が安い

      地価や家賃、食費など生活に必要な費用が安く、ゆとりある生活ができます。

  • 交通の要塞

      九州佐賀国際空港は、佐賀市の中心部から車で焼く30分です。羽田便1日5便、成田便(LCC)1日2便を運行しています。佐賀ー羽田間は約1

        時間半のフライトです、また、佐賀県は、九州北西部に位置しており、高速道路はクロスポイント「鳥栖ジャンクション」を有し、鉄道は九

    州新幹線鹿児島ルートの「新鳥栖駅」(山陽・九州新幹線「さくら」全車停車)があり、抜群の利便性を誇ります。


 その他、佐賀県の情報については、佐賀県ホームページをご覧ください。

 

4、進出されたCSOの皆さまの声

平成27年度から県外CSO誘致事業をスタートし、既に5団体のCSOが佐賀で活動されています。

これまでに培われた事業ノウハウ等を活かし、また、県内CSO、県・市町、企業などとの交流を通じ、佐賀での活動を本格化されています。

 

第1号 特定非営利活動法人 ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ別ウィンドウで開きます(外部リンク)(H27.8月進出)

ダイアログ
完全に光を遮断した漆黒の空間をアテンドと呼ばれる視覚障がい者の案内により、さまざまなシーンを体験するソーシャルエンターテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」をはじめとする体験型イベント開催事業及び関連事業(調査研究・講演)等により、子どもの情操教育・障害者理解の促進に向け活動を行われています。

平成28年度から、佐賀県の子育てし大県事業により「ダイアログ・イン・ザ・ダーク佐賀2016」を開催。主に小学生を対象に約1,200名が体験し、コミュニケーションの大切さを学び、障害者への理解を深めました。 

 

代表理事 志村 季世恵 様より

佐賀の魅力はたくさんありますが、人の魅力が大きく日本で一番だと思っています。社会的な活動にも価値を見出されている方がたくさんいらっしゃり素晴らしいですね。

 

第2号 特定非営利活動法人 アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PADジャパン)別ウィンドウで開きます(外部リンク)(H27.12月進出)

A-PAD

A-PADジャパンは、アジア太平洋地区のNGOや経済界、政府が災害対応のために連携する   「アジアパシフィックアライアンス」の国内組織です。地元の自治体や企業、NPO等と広く協力し、佐賀を拠点とした、より迅速で効果的な災害対応の仕組みづくりに取り組まれています。

平成28年4月の熊本地震では、発災直後から被災地である熊本県益城町に入り、行政では対応が後回しとなりがちなペット連れの避難者に対し、テントやユニットハウスなどの避難所を提供されました。佐賀県内のCSOとも積極的に連携を図りながら活動を進められています。

熊本地震活動報告ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 代表理事 大西 健丞 様より

熊本地震では、発災直後に佐賀県のふるさと納税の寄附先として指定いただき、迅速かつ大規模な支援の実現につながりました。緊急期にはヘリコプターの給油地点として佐賀空港を活用し、その後の復旧支援活動では、佐賀の行政やNPOの皆様に多大なるご協力をいただきました。引き続きここ佐賀で災害支援の拠点となる活動を続けていきます。 

 

第3号 認定特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン別ウィンドウで開きます(外部リンク)(H27.12月進出)

 

動画別ウィンドウで開きます(外部リンク)

世界28か国で難民や被災者支援などを行ってきたピースウィンズ・ジャパンは、佐賀で新たに伝統工芸の振興に取り組まれています。佐賀の伝統工芸の作り手とデザイナーとのコラボによる商品開発などを通じて工芸の魅力を世界に発信し、新たな販路の開拓を支援されており、平成29年5月にフランス・パリで開催された国際工芸フェア「レベラション」にも出展されました。

プロジェクトホームページ:ピースクラフツSAGA別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

代表理事 大西 健丞 様より

佐賀では伝統工芸の支援を活動の柱としています。海外デザイナーとの商品開発、販路開拓などを進めており、今後の事業展開が楽しみです。佐賀の方々に喜んでいただける存在になれるよう力を尽くします。

 

第4号 特定非営利活動法人 難民を助ける会別ウィンドウで開きます(外部リンク)(H28.8月進出)

AAR
難民を助ける会は、1979年に日本で生まれた国際NGOです。西日本初の事業拠点を佐賀県に設け、国際理解啓発活動の展開を通じて、国際協力・国際支援の分野におけるグローバル人材の育成に寄与されています。
進出後、佐賀県CSO提案型協働創出事業をご活用いただき、県内の学校に対し、国際理解協力に関する出前講座について提案。平成29年5月から中学校を皮切りに出前授業をスタートされています。
 
理事長 長 有紀枝さん
維新を支えた多くの偉人を輩出した佐賀から、次代の世界を担うグローカル人材を国際社会に送り出すお手伝いができればと、国際理解教育の出前学習を行っています。AAR Japan(難民を助ける会)を世界を覗く望遠鏡のひとつにしてみませんか。佐賀から世界へ。
 

第5号 特定非営利活動法人 ブリッジフォースマイル別ウィンドウで開きます(外部リンク)(H28.10月進出)

ブリッジフォースマイル

ブリッジフォースマイルは、児童養護施設に入所する中高生向けの自立支援セミナーや退所後支援プログラムなどを通じ、社会に巣立つ子どもたちの自立支援を行われています。関東を中心とした取組で培ってきたノウハウを活かしながら、平成28年度は、佐賀の子どもたち向けの自立支援セミナーを開催。平成29年度は新たに子どもたちの就労支援を目的とした職業体験などを県内企業の協力を得ながら実施されています。
 
理事長 林 恵子 さん
新しい地域で事業を展開するとき、大事なのが地域の皆さんとの連携だと考えています。佐賀県の自動養護施設や佐賀県庁の職員さんは新しいことでも耳を傾けてくださり、立ち上げのために力を貸してくださいました。実際に活動を始めるとたくさんのボランティアさんが集まってくださり、初年度から子供向けのセミナーを開催することができました。今、次年度の就労支援のために企業さんを訪問していますが、多くの地元企業のかたがたが協力を申し出てくださっています。これからも佐賀県の皆さんに支えていただきながら一緒に活動を広げていきます。
 

5)佐賀の皆さんも歓迎しています。

佐賀県内のCSO(NPO・NGO)の方々も県外CSO(NPO・NGO)の皆さまの佐賀進出をお待ちされています!

山田 健一郎氏大野博之氏
(公財)佐賀未来創造基金 代表理事 山田 健一郎  さん 
 私は市民活動をするには佐賀が一番であると自負しています。佐賀の良さを来てくださった方々が、他のどこよりも良かった、パフォーマンスが発揮できる、という地域であるよう、人のつながりを大切にしながら、市民活動が盛んな場にするために何ができるか、我々も共に行動していきたいです。
認定特定非営利活動法人地球市民の会 副理事長 大野 博之さん
 私は兵庫県出身で佐賀で生活して22年になります。国際協力NGOである認定NPO法人で、多くの方々に支えられながら佐賀を拠点に、タイ、ミャンマー、スリランカで子どもたちの支援をしています。

佐賀は多くの方々の応援をもらいやすく、行政も市民活動に対して非常に理解のある県で他の県からもうらやましがられるくらいです。県外のCSO(NPO・NGO)の皆さん佐賀で一緒に活動してみませんか。 

 

○NPO・NGOの皆さまへ 佐賀県を活動の拠点にしませんか。

  


URL=http://www.youtube.com/v/eFiD5E_unDI&hl=ja_JP&fs動画(外部リンク:YouTube)別ウィンドウで開きます

このページに関する
お問い合わせは
(ID:46571)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.