佐賀県総合トップへ

5 医療サービスについて

最終更新日:

 

自立支援医療の給付

 身体障害者(児)の障害の軽減や機能回復、精神障害者の医療普及を図るために自立支援医療制度(更生医療、育成医療、精神通院医療)があり、医療の給付を受けることができます。

 自立支援医療は、決められた指定医療機関のみ適用されます。

 自己負担については、原則として医療費の1割を負担していただきますが、世帯の所得水準によっては、ひと月あたりの負担に上限額を設定します。また、入院時の食事療養費及び生活療養費(標準負担額相当)については、原則自己負担となります。(所得制限があります)

 

 

1 更生医療の給付

相談窓口  市町(障害福祉担当課)

市町(障害福祉担当課)

 

対象者

身体障害者(18歳以上)

 

主な給付対象例

  • 視覚障害(白内障手術、角膜移植術など)
  • 聴覚障害(人工内耳植込術、鼓室形成術など)
  • 音声・言語・そしゃく機能障害(口蓋裂手術など)
  • 肢体不自由(関節置換手術など)
  • 心臓機能障害(ペースメーカー植込術、心臓移植術など)
  • 腎臓機能障害(人工透析療法、腹膜灌流、腎移植術など)
  • 小腸機能障害(中心静脈栄養法など)
  • 免疫機能障害(抗HIV療法など) 
  • 肝臓機能障害(肝臓移植術など) ほか
 

2 育成医療の給付 

相談窓口

市町(障害福祉担当課)

対象者

身体障害児(18歳未満)

 

主な給付対象例

  • 肢体不自由、視覚障害
  • 聴覚・平衡機能障害
  • 音声・言語・そしゃく機能障害
  • 内臓機能障害(手術が必要なもの)
  • 人工透析、腎臓・肝臓及び心臓の移植手術後の抗免疫療法
  • 小腸機能障害に対する中心静脈栄養法
  • ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害治療 など

 

3 精神通院医療の給付

相談窓口

 市町
 

対象者

 精神障害者・児

 

主な給付対象例

  • うつ病
  • そううつ病
  • 統合失調症
  • 認知症
  • てんかん など

4 重度心身障害者医療助成

 重度の心身障害者の方が病院などで診療を受けられた場合に、要した医療費のうち保険診療にかかる自己負担分の一部を助成します。

 

相談窓口

市町(福祉または医療担当課)

 

対象者

 県内に住所を有する国民健康保険、社会保険、後期高齢者医療制度の加入者で、

 (1)身体障害者手帳1級~2級

 (2)知能指数35以下

 (3)身体障害者手帳3級でかつ知能指数50以下 のいずれかに該当する方

  • 市町において受給資格証を発行します。
  • 所得制限があります。
  • 入院時食事療養費の標準負担額は、助成対象外となります。
  • 1人1月500円の自己負担となります。

 

 そのほか、「特定疾患医療給付」や「小児慢性特定疾患医療給付」などの医療助成制度があります。詳細については、保健福祉事務所にお問い合わせください。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:2856)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.