佐賀県総合トップへ

「解体工事業の登録」についてご説明します

最終更新日:

解体工事業とは

 

    登録申請の様式は添付ファイルのとおりです。

  建築物等を除却するため、倒壊・切断・加工・取り外し等の行為により、建築物等の全部又は一部を解体する工事を請け負う営業が「解体工事業」です。

 なお、この場合、その請け負った解体工事を自ら施工せずに他の者に請け負わせて営むものを含みます。

 

 一方、建築物を維持・修繕するため、切断・加工・取り外し等の行為を伴う工事、例えば台所や風呂等の水まわりを修繕するため壁の一部を撤去する工事を請け負う営業は、解体工事業ではありません。

 この解体工事を営もうとする方は、建設リサイクル法(正式名称:建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律)により、請負金額に関わらず、解体工事を行おうとする都道府県知事の登録が必要です。ただし、建設業許可(解体工事業(工作物の解体)、土木工事業(土木工作物の解体)又は建築工事業(建築物の解体))を有している場合は、登録は必要ありません。
※平成28年5月末時点で建設業許可のうち「とび・土工工事業」の許可を継続して受けている場合は、平成31年5月末まで登録は不要とされています。

 

 なお、登録の有効期限は5年間となっていますので、引き続き登録を希望する場合は、期限満了日の30日前までに更新手続きを行う必要があります。

   また、佐賀県外で解体工事業の登録をしている解体工事業者が、佐賀県内で解体工事を行おうとする場合も、佐賀県知事の解体工事業の登録が必要です。



解体工事業の登録申請について

 

登録申請にあたっては、事前に以下のファイルをご覧ください。

PDF 解体工事業登録のための要件と申請方法について 別ウィンドウで開きます(PDF:180.5キロバイト)


(参考) 佐賀県証紙売りさばき所一覧(サイト内リンク)

 

解体工事業に関する詳細について

 下記リンク先(国土交通省のリサイクルホームページ)のQ&Aを御覧ください。

 

その他 (解体工事業者が掲げる標識)

 解体工事業の登録を受けた解体工事業者は、「営業所」及び解体工事の「現場」ごとに、公衆(一般の人)の見やすい場所に、一定の事項を記載した標識「解体工事業者登録票」を掲示しなければなりません。

 「解体工事業者登録票」の様式については、添付ファイルの「標識」をご参照ください。 

 (参考) 建設業法施行規則等の一部を改正する省令について(国土交通省ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

関連リンク

国土交通省の建設リサイクルホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

建設副産物リサイクル広報推進会議ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク) 

 

添付ファイル

登録関係様式
 
(登録申請)

(変更届出)

 

(チラシ)

(標識)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:24582)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.