佐賀県総合トップへ

食品ロス削減

最終更新日:

 現在、日本では、食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」が年間621万トンも発生しています。これは、国民一人当たりに換算すると

お茶碗1杯分(約134g)が毎日捨てられている計算になります。そこで、県では、家庭や飲食店で発生する「食品ロス」を減らすことにつながる情報を皆様に提供いたしますので、協力をお願いいたします。
 

食品ロスとは

 食品ロスは、調理残さ、食べ残し、食品の鮮度の低下や腐敗又はカビの発生、賞味期限や消費期限の経過等により廃棄することが原因で発生します。

 

削減するには

<消費者の皆様> 
食品の「買いすぎ」、飲食店での「注文しすぎ」、  食品の期限表示に過敏になる「過度の鮮度志向」など食品ロスを増やす要因となる行動について、一人ひとりが注意することや、賞味期限など食品の期限表示を正しく理解することが必要です。
<飲食店の皆様>

 食べ残しがなるべく発生しないようなメニュー設定などを工夫していただくことが必要です。
<事業内容>

 一般の消費者や飲食店の皆様に御協力をいただくことによって、食品ロスを減らすため、次の事業を行います。

 

「九州食べきり協力店等」の募集について 

 九州7県(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)では、まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」の削減や リサイクルを進めるため、利用客への「食べきり」の呼びかけなど、食品ロス削減等に協力・貢献する取組を行う店舗を募集します。

 佐賀県内で該当する取組を1つ以上実践する飲食店や宿泊施設、小売店の皆様は、ぜひ、「九州食べきり協力店等」として登録し、食品ロス削減等にご協力ください。

   九州内の複数の県に店舗を有する事業者で、代表する事業所等が佐賀県内にある場合は、当該事業所から佐賀県に一括して申し込むことができます。詳しくは、下記の募集チラシをご覧ください。


 

  食品ロス削減レシピの募集

 できるだけ調理くずを出さない方法など、「食品ロス」の削減につながる料理レシピを募集し、そのアイデアを広く県民の皆様に御紹介いたします。

      このページに関する
      お問い合わせは
      (ID:14222)
      佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
      Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

      佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

      〒840-8570
      佐賀市城内1丁目1-59
      Tel:0952-24-2111(代表)
      Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.