佐賀県総合トップへ

景観アドバイザー

最終更新日:

 

 

景観形成の取組み

 

佐賀県美しい景観づくりアドバイザー制度

  佐賀県では、県、市町、事業者、県民又はCSOが連携、或いは、協働して地域の美しい景観づくりを促進していくために、佐賀県美しい景観づくりアドバイザー制度を設け、地域における景観・まちづくりを支援します。アドバイザーには、景観まちづくりに関する様々な分野の専門家が登録されており、個別の事案に応じて、指導や助言、講演等を受けることができます。

 

  (活用例)

  • 伝統的な建造物を核とした景観づくりや地域づくりを行いたい。
  • 景観に配慮して、魅力的な住宅街・商店街づくりを行いたい。  
  • 道路・河川等の土木事業や公共建築等の設計の際に、景観の観点からアドバイスを受けたい。
  • 屋外広告物の大きさや配置、色彩等に関して、専門家からアドバイスを受けたい。 

など、地域づくりや計画・設計の検討で景観に関してお困りの場合は、是非このアドバイザー制度を御活用ください。(派遣を希望される際は、下欄の申請様式をメール等で送付ください)


 なお、アドバイザーの派遣に係る謝金や旅費等の費用は全て佐賀県で負担します。アドバイザーは今後も増員していくこととしており、増員した場合はその度情報の更新を行います。

 

 

県民・CSO、事業者

  1. 景観に配慮した商店街づくりや地域づくりを行おうとするとき
  2. 地域や商店街等で景観形成に関する住民協定やまちづくり協定、建築協定を締結しようとするとき
  3. 22世紀に残す佐賀県遺産」を活用し、良好な景観形成を行おうとするとき
  4. 伝統的な街並みや建築物を保存しようとするとき
  5. 案内板や屋外広告物等の設置に際し、デザインの統一や周辺景観との調和を図ろうとするとき
  6. 地域に適した植栽・緑化をしようとするとき
  7. 自然環境と調和した景観づくりを行おうとするとき
 
 

市町・県

  1. 景観形成に関する基本方針や基本計画等を策定しようとするとき
  2. 周辺の景観に調和した公共事業を行おうとするとき
  3. 景観形成について普及・啓発を行おうとするとき
  4. 沿道景観のサイン計画等を策定しようとするとき
  5. 地域の景観特性を活かしたまちづくりを行おうとするとき
 
 

  1. 地域の歴史・文化、自然景観に配慮した建築物等のデザイン、都市計画,農山漁村整備計画
  2. 景観に配慮した橋梁の設計や照明灯のデザイン
  3. 景観に配慮した道路、河川や砂防施設のデザイン
  4. 自然環境と調和した景観づくりなど
 
 

添付ファイル

 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:13183)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.