佐賀県総合トップへ

本部ダム(昭和63年6月竣工)Motobe Dam

本部ダム

 

計画説明

 

 松浦川水系の川古川下流域では、昭和42年、昭和47年、昭和51年をはじめとして、度々河川が氾濫し、家屋の浸水など多大な洪水被害が発生しました。
 また、武雄市においては、上水道の給水拡大を行うにあたり、新たな水道水源の確保が急務となっていました。
 このようなことから、県では、洪水調節、既得取水の安定化、河川環境の保全等、および武雄市の上水道の水源確保を図るために、川古川上流部に、多目的ダムとして本部ダムを建設しました。

 

 

 事業概要

 

  1. 事業主体:佐賀県 本部ダム河川図
  2. 水系名:一級水系松浦川
  3. 河川名:川古川
  4. 位置:佐賀県武雄市若木町
  5. 型式:重力式コンクリートダム
  6. ダム概要:
    • 堤高:42.1m
    • 堤頂長:130.0m
    • 堤体積:69,700m3
  7. 集水面積:
    • 直接 1.36km2
    • 間接 0.94km2
  8. 総貯水容量:1,140,000m3
  9. 有効貯水容量:1,090,000m3
  10. 工期:昭和54年度~昭和62年度
  11. 総事業費:6,380,000,000円

 

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:12403)
佐賀県庁(法人番号:1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号:1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.