佐賀県 教育委員会TOP総合トップへ佐賀県 教育委員会TOP総合トップへ
佐賀県 教育委員会佐賀県 教育委員会(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

白石高校:令和元年8月佐賀豪雨災害調査団団長 大串浩一郎氏をお招きし 進路講演会を行います

最終更新日:

 

  令和2年(2020年)6月2日

佐賀県立白石高等学校 普通科キャンパス

担当者:副校長 德永智浩

電 話:0952-84-2131

FAX:0952-71-5008

E-mail:shiroishikoukou-n@education.saga.jp

  

令和元年8月佐賀豪雨災害調査団団長 大串浩一郎氏をお招きし、進路講演会を行います

 県立白石高校普通科キャンパスでは、これからの社会を生き抜くために、自己の在り方を考え、多様な情報を適切に選択・活用しながら、自ら主体的に判断してキャリア形成をしていく力を育成するため、様々な取組を行っています。

 今回は、佐賀豪雨災害を地域の抱える問題として取り上げ、生徒が持続可能な地域社会の創造について考え、将来の進路選択に役立てることを目的として、下記のとおり進路講演会を開催しますので、お知らせします。

 なお、本講演会は、白石町・江北町・大町町の協力を得ながら実施している、地域とつながる高校魅力づくりプロジェクトの一環として開催しており、この取組を通して、生徒の地域に対する意識を高め、地域課題の解決や地域活性化を自分のこととして捉える機会となることも期待しています。

 

                                                 記 

 

 

1 日時 令和2年6月10日(水曜日) 15時15分~16時05分

 

2 場所 佐賀県立白石高等学校 普通科キャンパス 体育館、教室

(杵島郡白石町大字今泉138-1) 

 

3 講演者 大串 浩一郎 氏 (佐賀大学理工学部教授 白石高校出身)

   水工学や自然災害科学を専門とし、昨年の佐賀豪雨災害調査団の団長を務められたほか、

         災害復旧や防災に関して第一線でご活躍されています。

 

4 演題 令和元年8月佐賀豪雨災害と今後の水災害への備え

 

5 聴講者 普通科キャンパス生徒350人、職員50人、保護者

 

 6 その他 ・新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、体育館での聴講は3年生と保護者のみとし、

                      1・2年生は教室で、オンライン会議用アプリを使い、電子黒板でのオンライン聴講とします。 

        ・7月末に大串氏と希望生徒で六角川水系の水害防止対策研究のための現地調査フィールドワークを行う予定です。


このページに関する
お問い合わせは
(ID:74948)
佐賀県  教育庁  教育総務課
〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59  TEL:0952-25-7398 FAX:0952-25-7281

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県  教育庁  教育総務課

〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59
TEL:0952-25-7398
FAX:0952-25-7281
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.