佐賀県 教育委員会TOP総合トップへ佐賀県 教育委員会TOP総合トップへ
佐賀県 教育委員会佐賀県 教育委員会(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

県立学校の教諭に対して懲戒処分を行いました

最終更新日:

記者発表ヘッダー


   令和元年(2019年)12月26日

教職員課

担当者 副課長 中島、副課長 藤﨑

内 線 3232、3249 直通 0952-25-7226

E-mail:kyoushokuin@pref.saga.lg.jp

 

県立学校の教諭に対して懲戒処分を行いました

   県立学校の教諭が起こした不祥事について、本日、当該教諭に対して懲戒処分を行いました。

 

1 処分の概要

(1) 被処分者 県立学校 教諭 男性 40歳代

(2) 処分年月日 令和元年12月26日

(3) 処分内容 懲戒処分(戒告)

(4) 処分の理由 地方公務員法第29条第1項第1号、第2号及び第3号

※ 第1号・・・法令違反、第2号・・・職務上の義務違反、

第3号・・・全体の奉仕者たるにふさわしくない非行

 

2 事案の概要

男子バスケットボール部の顧問を務めていた被処分者は、令和元年9月頃から10月下旬にかけて、練習や練習試合の際、プレーでミスをした複数の部員に対して、至近距離からボールを投げつける、作戦ボードを投げつけるなどの体罰を行った。

また、質問攻めにするなどの威圧的な指導や「学校を辞めろ」、「お前は病気だ、病院に行け。」などの暴言を吐いた。

その結果、被害が集中していた部員1人が一時不登校となった。

 

3 本人の弁

生徒指導における生徒の対応については、これまで朝礼や職員会議の折に、校長より体罰等不適切な指導にならないよう言動には注意をすること、生徒の良いところを見つけて褒める指導を心掛けるよう指導があっていたにもかかわらず、今回の私の言動は、生徒の心を傷つけてしまうことになり、公務員全体の信頼を損ねる行為であると共に、職場の同僚や生徒、保護者、同窓生、そして応援してくださっている皆様の信用を損なう行動であったと深く反省しております。

今後は、細心の注意を払うことを心掛けるとともに、教育公務員であることを自覚し、生徒一人ひとりの心情に寄り添った指導に努めてまいります。

誠に申し訳ありませんでした。

 

4 管理監督責任に係る服務上の措置

所属職員の管理監督が不十分であったため、校長に対し口頭訓告の措置を行った。

 

5 再発防止について

11月22日(金曜日)の県立学校の校長会の場において、改めて、服務規律の保持及び綱紀粛正について徹底を図りました。

また、本日付けで各市町教育委員会教育長及び各県立学校長宛てに綱紀粛正の通知を発出しました。

今後とも、校長会や研修会等の場において、服務規律の保持等について、徹底した指導を行ってまいります。

 

6 落合 裕二 教育長コメント

     児童生徒に対する体罰等は、身体を傷つけるだけでなく、心に傷を負わせる教職員として許しがたい行為です。

  このような不祥事案が発生したことは、誠に残念であり、被害者の方をはじめ、県民の皆様に心よりお詫び申し上げます。

  県教育委員会といたしましては、学校教育に対する県民の皆様の信頼回復のため、職員一人一人の自覚を強く促し、高い倫理観を持って行動するよう、学校関係者とともに服務規律の徹底に全力を挙げて取り組んでまいります。

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:72386)
佐賀県  教育庁  教育総務課
〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59  TEL:0952-25-7398 FAX:0952-25-7281

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県  教育庁  教育総務課

〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59
TEL:0952-25-7398
FAX:0952-25-7281
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.