佐賀県 教育委員会TOP総合トップへ佐賀県 教育委員会TOP総合トップへ
佐賀県 教育委員会佐賀県 教育委員会(スマホ版)
背景色 青黒白
文字サイズ 拡大標準

育英資金業務において、文書を第三者に郵送するという事務の誤りがありました

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 令和元年10月25日

教育庁教育総務課

担当者 松永、五郎川

直通 0952-25-7398

【E-mail】kyouiku-soumu@pref.saga.lg.jp

 

育英資金業務において、文書を第三者に郵送するという事務の誤りがありました

教育総務課において、佐賀県育英資金貸付金の返還に係る通知を第三者に郵送するという事案が発生しました。

このような事案が発生したことを重く受け止め、再発防止に努めてまいります。

 

1事案の概要

(1)発覚日

   令和元年10月3日(木曜日)

(2)誤送付の内容 

   佐賀県育英資金の借受者本人及び連帯保証人の氏名、債権管理回収会社へ委託した滞納金額を記載した通知文1通

(3)経緯

  ・佐賀県育英資金貸付金の滞納金の回収手段の一つとして、債権管理回収会社へ管理回収業務を委託している。

  ・管理回収業務の事前準備として、借受者本人とその連帯保証人の現住所を確認するため、「住民基本台帳ネットワークシステム」(以下「住基ネッ

  ト」という。)を利用し、住所検索を行った。

  ・「住基ネット」を利用し、対象者の個人情報を検索する際には、本来であれば氏名、生年月日、性別、住所の4情報を以って検索すべきところで

  あったが、当該連帯保証人については、生年月日情報が不明であったため、氏名と住所の一部をもって住基ネットで検索を行い、結果1件抽出があっ

  た。

  ・抽出された住所は貸付時の連帯保証人の住所とは違っていたものの、氏名が一致していたことから、抽出された住所を連帯保証人の住所と誤認し、

  誤った住所を育英資金管理システムに登録し、10月1日に債権管理回収会社へ委託した旨の通知を発送した。

  ・その後、10月3日に通知を受け取った第三者からの問い合わせにより、本来の送付先と異なる宛先に郵送していたことが判明した。

 

 2 発生原因

  「住基ネット」を利用して育英資金借受者や連帯保証人の住所を確認する場合は、「氏名・生年月日・性別・住所」の情報を以って住基ネットで照会

  すべきところを生年月日情報がないまま照会を行い、又、既知の住所と相違していることから何らかの方法で確認すべきところを確認しなかっため

 

3 事案覚知後の対応

  10月 3日:誤郵送した文書を回収し、誤送付された第三者に経緯の説明と謝罪を行い、債権管理回収会社に連帯保証人の誤った住所の削除を依頼しま

       した。   

  10月10日:育英資金借受者及び連帯保証人に説明と謝罪を行いました。

  ※「住基ネット」を利用して住所等の変更登録を行った者のデータを確認しましたが、他に誤ったものはありませんでした。

 

4 再発防止策

   職員に対し、「佐賀県個人情報保護の基本方針」、「佐賀県情報セキュリティ基本方針」に基づき、個人情報を適切に取り扱うよう周知・徹底を図

  ります。

   具体的には、個人情報を登録(変更を含む)する際には、住基ネットの検索結果に誤りがないか複数の担当者でチェックを行い、慎重に取り扱いま

  す。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:71546)
佐賀県  教育庁  教育総務課
〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59  TEL:0952-25-7398 FAX:0952-25-7281

Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved. 佐賀県

佐賀県  教育庁  教育総務課

〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59
TEL:0952-25-7398
FAX:0952-25-7281
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.