佐賀県総合トップへ

飼っている鳥へ鳥インフルエンザを感染させないために

最終更新日:
 

飼っている鳥に鳥インフルエンザを感染させないために

 

鳥インフルエンザとは?

 鳥インフルエンザは、A型インフルエンザウイルスが引き起こす鳥の病気です。鳥に感染するA型インフルエンザウイルスをまとめて鳥インフルエンザウイルスといいます。
 家畜伝染病予防法では、鳥インフルエンザを家きん(ニワトリ、七面鳥等)に対する病原性やウイルスの型によって、「高病原性鳥インフルエンザ」、「低病原性鳥インフルエンザ」などに区別しています。
 家きんで高病原性鳥インフルエンザが発生すると、その多くが死んでしまいます。一方、家きんで低病原性鳥インフルエンザが発生すると、症状が出ない場合もあれば、咳や粗い呼吸などの軽い呼吸器症状が出たり産卵率が下がったりする場合もあります。

一般の飼い主の方へ

 国内で鳥インフルエンザが発生したからといって、直ちに家庭等で飼っている鳥が感染するということはありません。
 特に、普段から屋内で飼っている鳥については、感染のリスクは低いと考えらますので、冷静な対応をお願いします。
 飼養管理(主に屋外での飼育)については、次のポイントを参考にしてください。 

 1 飼っている鳥への感染予防に努めましょう
  ○野鳥と接触させない
  •   飼養施設を点検、補修して、野鳥が侵入できる穴などをふさいでください。
  •   しばらくは、鳥を施設内で飼い、野鳥と接触するような放し飼いはしないでください。
  ○野鳥の糞などが飼っている鳥の水・エサを汚染しないように気を付ける
  •   水や餌は毎日取り替えて常に清潔なものを与えてください。
  •   また、野鳥が飛来する池などの水を飼養鳥の飲水に利用しないでください。
  •   エサは野鳥が侵入しない場所に保管し、ネズミ・ハエを駆除してください。
  ○飼い主が病原体を持ち込まないよう、持ちださないよう気を付ける
  •   飼養施設に入る際及び出た後には、手を洗ってください。
  •   飼養施設に入る際は、専用の長靴にはきかえたり、出入口で靴を消毒してください。
  •   飼養に関係ない人が飼養施設やその付近に立ち入らないように注意してください。
  •   飼い主は、鳥インフルエンザが発生している地域などへの旅行、訪問は控えましょう。

 2 鳥の健康観察をしましょう
   鳥インフルエンザの症状は、ウイルスの病原性の強さ、他の病原体との混合感染、環境要因などによって多様です。
   毎日、鳥の健康状態をよく観察して、異常が見られたらすぐに獣医師に相談してください。

 3 飼養施設・器具の清掃と消毒を徹底しましょう
  病気の侵入や感染を防ぐには、飼養施設の清掃と消毒がきわめて重要です。
  1. ○飼養施設・器具の清掃
     飼養施設を不潔にしないように、毎日1回は糞などの汚れを取り除き、できればケージや施設の床を水で洗ってください。
  2.  鳥の糞は乾燥すると舞い上がりやすいので、マスクや手袋などを使用して毎日きれいに清掃してください。
  3.  清掃が終わったら、手を石鹸でよく洗いうがいをするようにしましょう。
  4.  餌箱などの飼養器具類は、毎日汚れを洗剤などで洗い流してください。
  5. ○飼養施設・器具の消毒
     消毒は、汚れを取り除いてから行ってください。汚れ(有機物)が残っていると、いくら消毒薬をまいても効果はありません。
     消毒は施設・器具だけに行ってください。生きている鳥の体を消毒しても効果がないばかりか、鳥の健康を損ねてしまいます。

動物取扱業者の方へ

 動物園等における飼養鳥に関する高病原性鳥インフルエンザへの対応指針(参考資料 参照)に基づき、下記のことに留意して、十分な対策を講じてください。

 1 飼養鳥の健康状態に注意し、異常死・大量死の早期発見に努めてください。
   また、施設周辺における野鳥の状況を把握し、異常の有無を確認してください。
 2 人・車両等による侵入、野鳥もしくは野生動物との接触による侵入、又は飼料等の汚染による侵入が考えられるため、施設外からのウイルスの侵入を防ぐため、下記のような適切な衛生管理を行ってください。
   ○飼育員は飼養施設ごとに作業靴を変更し、出入りの際に適切な消毒を行う。
   ○防鳥ネットを設置するなど野鳥又は野生動物との接触を防ぐ
   ○多くの野鳥を誘引しないような給餌方法へ変更する
 3 相談できるかかりつけの獣医師を確保し、連携に努めてください。
 4 農林水産省、厚生労働省のホームページなどから情報を収集し、研修会に参加するなど情報共有に努めてください。

 また、国内において家きん又は野鳥もしくはその他の飼養鳥において高病原性鳥インフルエンザが発生し、国内にウイルスが侵入していることが認められた場合には、家きん又は野鳥もしくはその他の飼養鳥における発生状況について行政等が公表する情報に留意しつつ警戒を強化してください。
 具体的には、上記1~4に加え、下記に留意した対応をお願いします。

 1 飼養鳥の施設内及び施設外の移動は必要最小限とし、放し飼い展示は原則として中止してください。また、可能な場合には、野外の池等における飼養鳥を野鳥との接触の可能性が低い施設内に収容するとともに水を抜くことも検討してください 。
  希少種等については、野鳥との接触の可能性がより低く、防疫の徹底した施設内に避難的な隔離を行うことも検討してください。
 2 観覧者によるウイルスの持ち込み又は持ち出し、及び観覧者への感染を防止するため、施設の出入口における靴底の消毒を徹底し、飼養鳥と観覧者との間に十分な距離を確保してください。その観点から、観覧者の飼養鳥とのふれあい及び野鳥を誘引するおそれのある観覧者による餌やりは中止してください。
  観覧者以外の外部からの来訪者(納入業者等)についても、敷地の出入口での車両タイヤの消毒、施設の出入口での靴底の消毒、不要不急の来訪の抑制等により、ウイルスの侵入を防止してください。

 ※ 詳細については、対応指針(参考資料)をご確認ください。

 

参考資料・外部リンク

 

 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:88885)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.