佐賀県総合トップへ
2022年9月23日 ~ 2022年12月4日

「未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ」を開催します

最終更新日:

記者発表ヘッダー


 令和4(2022年)年9月14日

佐賀県立九州陶磁文化館

担当者 藤原 宮木

直通 0955-43-3681

E-mail: kyuto@pref.saga.lg.jp

 

特別企画展 日本工芸会陶芸部会50周年記念

「未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ」を開催します

 日本の伝統陶芸を牽引してきた日本工芸会陶芸部会の活動が令和4年に50周年を迎えます。

 九州陶磁文化館では、日本工芸会陶芸部会設立50周年を記念し、伝統陶芸を支えてきた日本工芸会陶芸部会の活動を振り返りつつ、さらにはこれからの伝統陶芸の歩みを考える機会として、伝統工芸の粋を紹介する展覧会を開催いたします。本展覧会では、歴代の人間国宝の名品から新進作家の最新作まで137名の作家による代表作品139点を3部構成で紹介します。

 我が国の人間国宝(陶芸、個人)の代表作品が一堂に会します。この機会にぜひ御観覧ください。

 記

 

1 名称

 特別企画展 日本工芸会陶芸部会50周年記念

 「未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ」

 

2 会期

 令和4年9月23日(金曜日・祝日)~12月4日(日曜日)

  ※月曜休館(ただし10月10日は開館し、10月11日休館、11月21日は開館)

   開館時間 9時~17時(入館は16時30分まで)

 

3 会場

 九州陶磁文化館 第3~5展示室 (西松浦郡有田町戸杓乙3100-1)

 

4 主催

 佐賀県立九州陶磁文化館、公益社団法人日本工芸会、NHKエンタープライズ九州

 

5 観覧料

 一般600円(500円)、大学生300円(200円)※( )内は20名以上の団体料金

 高校生以下及び障害者手帳又は指定難病受給者証等をお持ちの方とその介助者(1名)は無料


6 開会式

 日時:令和4年9月22日(木曜日)14時~

 場所:九州陶磁文化館 講堂

 ※佐賀県立有田工業高等学校の生徒による碗琴の演奏を行います。

   終了後に関係者内覧会を行います。

 

7 関連イベント

(1)記念講演会「日本の伝統陶芸のあゆみと未来」

   日時:10月1日(土曜日)14時~15時30分

   講師:唐澤(からさわ)(まさ)(ひろ)氏(国立工芸館館長 本展監修者)

   会場:当館講堂 

   参加費:無料 ※ 事前申込が必要です。

   参加募集人数:100名(先着申込順) 

   申込方法:当館ホームページの応募フォームによりお申し込みください。

 

(2)トークショー「新たなる陶芸の美を求めて」

   日時:10月29日(土曜日)14時~15時30分

   会場:九州陶磁文化館 講堂

   出演者:福島(ふくしま)(ぜん)(ぞう)氏 中村(なかむら)(せい)()氏 津金(つがね)日人夢(ひとむ)

   参加費:無料 ※ 事前申込が必要です。

   参加募集人数:100名(先着申込順) 

   申込方法:当館ホームページの応募フォームによりお申し込みください。

 

(3)トークショー「三右衛門 大いに語る-伝統陶芸の未来-」

   日時:11月12日(土曜日)14時~15時30分

   会場:九州陶磁文化館 講堂

   出演者:十四代中里太郎右衛門氏、十四代今泉今右衛門氏、

              十五代酒井田柿右衛門氏

   参加費:無料 ※ 事前申込が必要です。

   参加募集人数:100名(先着申込順) 

   申込方法:当館ホームページの応募フォームによりお申し込みください。

 

(4)アーティスト・トーク 出品作家によるトーク(展示解説)

   事前申込み不要 ※展覧会の観覧券が必要です。

   いずれも14時~(30~40分程度)

   ・9月24日(土曜日)江口(えぐち)勝美(かつみ)

   ・10月8日(土曜日)石原(いしはら)(しょう)()

   ・10月15日(土曜日)庄村(しょうむら)(ひさ)()

   ・10月22日(土曜日)中尾(なかお)(じゅん)

   ・11月5日(土曜日)德澤守俊(とくさわもりとし)

   ・11月26日(土曜日)福吉(ふくよし)浩一(こういち)

   ※記念講演会及びトークショーの申込に関する問合せ先

    「未来へつなぐ陶芸-伝統工芸のチカラ講演会事務局」

    電話 0952-28-3888(株式会社佐賀広告センター内)

 

8 展示構成

 陶芸家137名の代表作品139点(人間国宝37名の38点を含む。)を展示します。

 

1章:「伝統工芸(陶芸)の確立」

 日本工芸会の初期の活動を支え、その存在を知らしめるきっかけとなった陶芸家の優品を展示し、伝統陶芸の神髄を紹介します。

 

2章:「伝統工芸(陶芸)のわざと美」

 多彩な展開をみせてきた伝統陶芸の技と美の広がりを紹介します。

 

3章:「未来へつなぐ伝統工芸(陶芸)」

 伝統的な技術・技法を駆使しつつ現代という時代を意識して作品をつくり上げている陶芸家の作品を紹介します。

 

コラム1:【伝統工芸(陶芸)と創作工芸(陶芸)】

 日本工芸会と勢力を二分する日展の代表的な作家の作品を紹介します。

 

コラム2:【人間国宝(重要無形文化財保持者)の存在】

 1955年に陶芸分野で初の重要無形文化財保持者となった4名の代表作を紹介します。

 

コラム3:【産地と表現】

 窯業地が育んだ独自の作風を紹介します。

 

コラム4:【茶の湯のうつわ】

 伝統陶芸には欠かせない日本の文化を映す茶の湯のうつわを紹介します。

 

コラム5:【素材と表現】

 新たな素材と独自の技法により導き出された作品を紹介します。

 

コラム6:【新たな技法とうつわのかたち】

 現代という時代を作品に映し出し、これからの伝統陶芸の可能性を予感させる作品を紹介します。

新型コロナウィルスによる感染拡大防止のため、お客様に入館時の検温チェック、マスク着用、アルコール消毒等のご協力をお願いしています。

 

添付資料

このページに関する
お問い合わせは
(ID:87782)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.