佐賀県総合トップへ

漁業権の一斉切替について

最終更新日:
 

海面漁業権の一斉切替について


 現在、免許されている漁業権は令和5年8月31日をもって期間が終了します。令和5年9月1日からは新たな漁業権が設定されますが、それに伴い漁場計画を策定する必要があります。


1 漁業権とは

 漁業権は、「一定の水面において特定の漁業を一定の期間排他的に営む権利」であり、定置漁業権、区画漁業権及び共同漁業権の3種類があります。
漁業権は、漁業権制度及び沿岸漁場管理制度を合わせた全体計画として、5年ごとに作成される漁場計画(海区漁場計画及び内水面漁場計画)にとして設定され、行政庁の行政行為(免許)により取得されます。

 

2 存続期間

 存続期間は、共同漁業権は10 年、定置・区画漁業権は5年です。

  

3 各漁業権について


(1)共同漁業権

・ 海面では第1種(あわび漁業、うに漁業等)、第2種(小型定置網漁業等)、第3種(飼付け漁業、築磯漁業等)、第4種(特定海面において営む寄魚漁業等)があります。なお、本県では第4種共同漁業権の免許はされていません。


・ 第1種共同漁業権の内容とすることのできる水産動植物の種類は藻類、貝類及び農林水産大臣が指定する定着性の水産動物(なまこ、いせえび等の14 種)に限られ、魚類やイカ類などの遊泳するものは内容とすることができません。なお、第1種共同漁業権により生じる権利は、漁業権の内容となっている水産動植物にのみに及びます。


本県の免許状況

漁業の種類

松浦

有明

第1種共同漁業権

23

1

第2種共同漁業権

23

1

第3種共同漁業権

6

2

 

(2)定置漁業権
 一定の水面に漁具を定置して営む漁業で、身網の設置場所の最深部が最高潮時で水深27m以上のもの。

本県の免許状況

漁業の種類

松浦

有明

定置漁業権

2

0

 

(3)区画漁業権
・第1種(のり・わかめ養殖、魚類小割式養殖、かき垂下式養殖)、第2種(くるまえび築堤式養殖)、第3種(あさり地まき式養殖等)があります。


本県の免許状況

漁業の種類

松浦

有明

第1種区画漁業権

112

328

第2種区画漁業権

3

0

第3種区画漁業権

4

168

 

 

4 漁業権の切替等に関する相談窓口

 漁業権の要望や相談は随時受け付けていますので、以下の窓口にご連絡をお願いします。
なお、要望において必要な書類の一例としては以下のとおりです。

 ① 事業計画書、生産計画書等
 ② 区画等の図面
 ③ 法人にあたっては、定款や事業報告など経営状況がわかる書類
   
   佐賀県農林水産部水産課漁業調整担当
   TEL:0952-25-7145
        e-mail:suisan@pref.saga.lg.jp


このページに関する
お問い合わせは
(ID:87160)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.