佐賀県総合トップへ

第135回佐賀県新型コロナウィルス感染症対策本部会議を開催しました

最終更新日:

 

第135回佐賀県新型コロナウィルス感染症対策本部会議を開催しました

6月9日(木曜日)に第135回佐賀県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
  
詳細はこちらをご覧ください。

  

要約版はこちらからご覧ください。

 

 

会議資料


会議内容

○司会
 それでは、ただいまから第135回佐賀県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を始めます。
 最近の感染の状況について、久保山部長からお願いいたします。
○健康福祉部長
 6月3日から今日までの1週間の感染状況でございます。本日の感染者は156人ということで、1週間前の同じ曜日が125人だったということで、今日は1週間前よりは多くなっております。ただ、その前までは最近はずっと1週間前よりは(感染者数は)少ない数でしたけれども、今日はちょっと超えたということで、医療機関とか、小・中・高等学校とかの部活動とか社会体育、そういったところで若干クラスターが出たということがあって、本日はちょっと(感染者が)増えたということになっていますけど、1週間ごと、7日間ごとで見ていった場合には、まだずっと減っておりますので、減少の幅というのはちょっと変わってくる可能性がありますけれども、減少傾向ということについては変わりはないかなと思っています。
 年代別で見た場合にも、これまでどおり、20代以下が5割、40代以下が8割、高齢者が1割ということで、その比率は変わっておりませんので、全体的なループ感染のループが縮小しているのかなと感じておりますけれども、今日出たクラスターのところ、そういったところから拡がりを見せないかなということは気にしていきたいかなと思っております。
 病床使用率でございますけれども、本日、入院者数が56人ということで病床使用率は9.8%となっております。このところ、10%程度で推移しています。中等症者が今10人で、病床使用率の中等症者の率は1.7%となっております。重症者はいらっしゃいません。ホテルの使用率は13.8%で、自宅療養者は882人ということで、1,000人よりも今、少ない状態になっております。
 高齢者の感染者は1割未満ということで少ない状況ではございますけれども、やはり高齢者の場合は、入院率が高く、3割から4割となっておりますので、引き続き重症化リスクが高い高齢者の方、あるいは基礎疾患がある方、そういった方への感染が拡がらないようにしっかりと取り組んでいきたいと思っております。
 私からは以上でございます。
○司会
 ありがとうございます。この件に関しまして何か、御質問等ございますか。
 そしたら、部活動関係の話がございましたので、落合教育長からお願いします。
○教育長
 部活動関係で先ほど御指摘がありました。県の高校総体が6月2日まで開催されました。その関連で感染拡大が拡がらないかと心配される向きもあったんですけれども、これまでのところ、高校総体を機に感染拡大したという事例は確認されておりません。これは選手、あるいは大会関係者の皆様、保護者の皆様、大会に関係していただいた全ての皆さんの感染拡大防止の徹底がその成果だと思っております。私も多くの会場を回らせていただきましたけれども、いずれの会場でも万全の対策を取って開催をしていただいております。
 改めて感謝を申し上げたいと思います。
 ただこの数日、部活動や、あるいは社会体育の中で感染拡大というのが複数で見られます。高校総体が終わって、高校にあってはほっとしている時期ではないかと思いますし、また、中学校にあっては、中体連に向けて気を引き締めないといけない時期になっております。そういう時期ですので、改めて学校部活動においては感染拡大をしないよう、感染防止に努めながら活動していただきたい。それについては、学校のほうに伝えていきたいと考えております。
 以上です。
○司会
 ありがとうございます。
 ほかにございますか。よろしいでしょうか。
 それでは、続きまして、ワクチン関係につきまして、五郎川ワクチンチームリーダーから説明をお願いします。
○ワクチン接種調整チームリーダー
 ワクチンチームから離島でのワクチン4回目接種について説明させていただきます。
 離島につきましては、医療提供体制が脆弱ということもありまして、これまでの1回目から3回目までのワクチン接種の際にも、唐津市や医療機関と県が連携して接種を実施してきたところでございます。そのため、4回目につきましても、これまでと同様連携して実施してまいります。
 今回は、対象者が限定されますけれども、60歳以上の方ということで、7島合わせて800人ぐらいの方が対象になってます。それに基礎疾患をお持ちの方が対象となります。
 実施時期につきましては、現在、唐津市さんや地元の方と調整をしているところでございますけれども、3回目の接種から5か月が経過しました6月下旬から7月にかけて実施予定でございます。
 また、県の調整で医療従事者を派遣することとしておりまして、今回も県の防災ヘリでありますとか、漁業取締船を活用しまして、医療従事者や県職員の応援スタッフを搬送することといたしております。
 以上でございます。
○司会
 ありがとうございます。
 ほかございますでしょうか。よろしいでしょうか。
 それでは、最後に知事からお願いいたします。
○知事
 135回目の佐賀県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しております。お疲れさまです。
 そうですね、病床の使用率は9.8%ということで、10%程度がずっと続いていて、抑えられている状況だということで、ここ15日間連続で(感染者数は)対前週を下回っていたのですが、今日は16日ぶりに対前週比が増加となりました。
 今説明がありましたけれども、4つのケースを紹介しますが、1つは小学生のバスケの練習試合、2つ目は中学校のバレー、バスケ部、3つ目は高校の野球部、4つ目は病院、この4つのケースだけで全体で(感染者数が)68人なんです。なので、大きな固まりが出てくると今日のように人数が大きくなるということで、ずっと対前週で下回っていたんですけれども、オミクロン株の感染力はちょっと弱くなっているのかなということで期待はしていたわけですけれども、まだまだ相手さん(オミクロン株)は感染力があるのかなと思わざるを得ない状況です。
 もちろん(新型コロナウイルスの)弱毒化の流れは変わっていないので、直ちに病床使用率が上がるわけではないけれども、これも再三申し上げているように、そのループが大きくなって、また高齢者にということに、この後ならなければいいなと思っている今日の(感染者数)156人という数字になっております。
 ですので、今、だいぶ緩和の方向で世の中は動いておりますけれども、やはり我々として、感染症対策、医療関係者も今でも頑張ってやっていただいているので、ぜひ屋内での会話ですとか、例えば、部室でのミーティングとか、そういったときに、ふと気を抜いてしまうこともあるのかもしれないけれども、感染のリスクが高い場面では、やはりもうしばしちゃんとマスクをして、状況に応じた基本的な感染予防対策はやっていただきたいと思います。
 我々は医療への負荷に直結する高齢者への感染が極力拡がらないように、引き続き高齢者に対する対策を重点的に続けていきたいと思っています。そして、今日は(感染者数)156人という数字になっておりますけれども、緊張感を持って、この先、この後どういう推移になっていくのかということをしっかりと分析を続けていきたいと思います。
 何とか感染予防対策を適切に取りながら、徐々に日常を取り戻していきたいという考えには変わりはないので、県民の皆さん方も基本的な感染予防対策については引き続きよろしくお願いしたいと思います。
 コロナ対応で予防対策が緩和されていく中でも、今もなお現場で頑張っている皆様がおられます。改めて医療現場をはじめ、介護、福祉、保育所、教育現場など、そして、保健所、ワクチン現場で頑張っている皆さん方、そして、感染対策をしっかりやっていただいている県民の皆さん方にも心から感謝したいと思います。
 引き続きエールを送り合いながら頑張っていきたいと思っています。本県は真っすぐに、佐賀らしいやり方で対応していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。
 以上でございます。
○司会
 ありがとうございます。
 それでは、以上をもちまして第135回佐賀県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を終了いたします。
 お疲れさまでした。

 

県民の皆様へ

 新型コロナウィルス感染症に感染された方やその御家族、濃厚接触者に対して、不当な差別や偏見があっています。
 佐賀県は慈しみ合う県です。感染された方、その御家族、濃厚接触者などに対する情報の詮索、不当な差別、偏見、いじめというのが決してないようにお願いします。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:86238)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.