佐賀県総合トップへ

SAGA Ukeire Network ~ウクライナひまわりプロジェクト~全国初・佐賀県とCSOの官民連携による避難民の受入れ支援プログラム

最終更新日:

記者発表ヘッダー


令和4年4月4日

国際課

担当者 井崎

内線 2260  直通 0952-25-7328

E-mail: kokusai@pref.saga.lg.jp

 

SAGA Ukeire Network ~ウクライナひまわりプロジェクト~全国初・佐賀県とCSOの官民連携による避難民の受入れ支援プログラム

 佐賀県では、行政とCSOが協働して行政・社会課題に対応するという本県の強みを活かし、これまでにも様々な分野でお互いにできることを持ち寄り、地域課題の解決へつなげてきました。

 ロシアの軍事侵攻により国外への避難を余儀なくされているウクライナの皆さまについても、人道的な観点から、佐賀県において積極的に受入れを行うべく、本年3月9日に「SAGA Ukeire Network ~ウクライナひまわりプロジェクト~」をいち早く立ち上げ、準備を進めてきたところです。

 今般、「佐賀県モデル」として、受入れ支援プログラムが整いましたので、これに沿って、避難された方に寄り添った支援活動に取り組んでいきます。

 

1 受入れ概要

 次のとおり、当面は30組を限度に受入れを行います。

 いずれの場合においても、佐賀県、市町、CSOが連携し、ワンチーム、ワンストップできめ細やかな支援を行います。

 (1) 個別対応型 20組

  佐賀県、さが多文化共生センター(佐賀県国際交流協会)、市町、CSO

  それぞれに避難の個別相談があった案件について佐賀県で情報集約

1組目の受入れ

・ウクライナ国籍の女性2名、4月13日に入国予定

・国際コミュニケーションネットワークかけはし を通じた避難相談

 

 (2) 募集型 10組

 日本ウクライナ友好協会を通じて、佐賀への避難希望者を募集

 

2 受入れ予定期間

 在留資格「短期滞在」の90日間

 ※在留資格「特定活動(1年間)」に変更された場合はその期間

 

3 支援内容

 ・ウクライナまたは周辺国から佐賀までの旅費支給

 ・通訳、生活のサポート等

 ・住居、生活物資の提供

 ・生活資金の援助

 ・医療、就労、就学(保育含む)支援

 ・日本語教育支援(子どもの日本語学習を含む)  など

 

4 経費の財源

 義援金、寄付(クラウドファンディング等)など

 

5 県民の皆さまへ

 佐賀県が募集しているウクライナ避難民救援義援金、CSOが実施している寄付の募集、そのほかにもふるさと納税を活用したクラウドファンディングなどで、広く支援を募っています。

 県民や企業の皆さまからの幅広い御支援、御協力をよろしくお願いいたします。 

 

 佐賀県ホームページ

  ウクライナからの避難民の受入に関する相談・支援等の情報

   https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00385108/index.html

 ふるさと納税を活用したクラウドファンディング

  ウクライナ待避者も安心して暮らせる多文化共生の佐賀に

  (佐賀県NPO支援×公益財団法人佐賀未来創造基金)

   https://www.furusato-tax.jp/gcf/1663

 

添付資料

 SAGA Ukeire Network CSO関係者リスト 別ウィンドウで開きます(PDF:161.2キロバイト)

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:85391)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.