佐賀県総合トップへ

小児(5歳~11歳)接種について(新型コロナウイルスワクチン)

最終更新日:
 

小児(5歳~11歳)接種について(新型コロナウイルスワクチン)

 新型コロナウイルスワクチンの接種は強制ではありません。ワクチン接種によるメリットや副反応のデメリットを理解したうえで、接種について判断してください。
 周りの方に接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。
 

接種が受けられる時期

 接種を行う期間は、令和5年3月31日までの予定です。
 接種日程は自治体ごとに決められていますので、市町村からの広報やホームページなどをご確認ください。


接種の対象

 新型コロナワクチンの小児接種の対象は、原則、日本国内に住民登録のある5~11歳の方です。(国籍は問いません)

 特に接種をお勧めする方

    慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等、重症化リスクの高い基礎疾患(※)を有する方

  接種にあたっては、あらかじめかかりつけ医等と、よく相談してください。

  (※) 日本小児科学会では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患の一覧等を公表しています。

      日本小児科学会「新型コロナウイルス関連情報」別ウィンドウで開きます(外部リンク)



接種するワクチンと回数・間隔・対象年齢

 

  初回接種(1回目、2回目接種) 追加接種(3回目接種)
 ワクチンファイザー社(5~11歳用)ファイザー社(5~11歳用)
 接種回数2回 1回 
 接種間隔通常、3週間  ※12回目接種後5カ月以上 
 接種対象年齢1回目の接種日に5~11歳  ※23回目の接種日に5~11歳 

 

  ※1 1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。

   できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。

  ※2 初回接種については、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が、

   2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも1回目と同じ小児用ワクチンを使用します。

 


接種を受ける際の費用

 全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。
 

接種場所

 原則として、住民票のある市町村(住所地)の接種会場で受けていただきます。接種会場を探す場合は、接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」別ウィンドウで開きます(外部リンク)や市町村のホームページ・広報誌等をご確認ください。

 やむを得ない事情で住所地での接種ができない方は、住所地以外で受けていただくことができる場合があります。具体的な手続きは、市町村からのお知らせや「コロナワクチンナビ:住所地外接種届について」別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧ください。

 

【住所地以外でワクチン接種を受けていただくことができる方の例】

 (1)入院・入所中の医療機関や施設でワクチン接種を受ける方

 (2)基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受ける方

 (3)副反応のリスクが高い等のため、医師の判断により、体制の整った医療機関での接種が必要な方

 (4)市町村外の医療機関からの往診により、在宅でワクチン接種を受ける方

 (5)災害による被害にあった方

 (6)お住いが住所地と異なる方

 

 ※(1)~(5)の方については、住所地外接種の手続きは不要です。

 
 

接種当日に持参するもの

1 市町村から送付された接種券、予診票等 ※必須。送付されたものすべてをご持参ください。

2 本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証等) ※必須

3 母子健康手帳 ※子どものワクチン接種履歴を管理しているため、なるべくご持参ください。

 

 

留意事項

1 接種にあたっては、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要です。

  ※保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、

   保護者から委任を受けて同伴することが可能です。委任の手続きについては市町村にご確認ください。

2 接種日や予約方法等は市町村によって異なりますので、市町村からの案内やホームページをご確認ください。

3 インフルエンザワクチンは、新型コロナワクチンと同じ日に接種を受けることができます。

   前後にインフルエンザ以外の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。

 

 

接種後の注意点

 接種を受けた日は、激しい運動は控えてください。入浴は可能ですが、接種部分を強く擦ったりしないようにしてください。

 接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。大部分は12歳以上のワクチン接種後のものと同様に、数日以内に回復していきますが、おうちの方が様子を観察し、症状に合わせた対応をとってください。

 詳しくは、新型コロナワクチンQ&A別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧ください。

 ワクチンを接種した後も、マスクの着用など、感染予防対策の継続をお願いします。

 

 

効果、副反応等

【効果】

 ・初回(1回目・2回目)接種

 海外の臨床試験の結果では、2回目接種から1ヵ月後の中和抗体価(ウイルスの感染力や毒素の活性を中和できる抗体の値のこと)は、16歳~25歳におけるワクチン接種後と同程度に上昇し、2回目接種後7日以降の発症予防効果は90.7%であったと報告されています。(注:オミクロン株が流行する前のデータです。)

 オミクロン株に対しては、現時点で得られている米国での研究結果によると、ファイザー社のワクチンにおける感染予防効果は、5~11歳では2回接種後14~82日後で31%という報告があります。

 また、成人では、オミクロン株に対する発症予防効果や入院予防効果等が確認されており、5~11歳に対しても、同様の効果が期待されています。

 米国でオミクロン流行期に5~18歳を対象に実施された研究では、ファイザー社のワクチンを2回接種後の入院予防効果は5~11歳で68%であったと報告されています。

 シンガポールでオミクロン株流行期の5~11歳を対象に実施された研究では、ファイザー社ワクチンを2回接種した後の感染予防効果は36.8%、入院予防効果は82.7%であったと報告されています。


 ・追加(3回目接種)

 海外で実施されたファイザー社ワクチンの臨床試験の結果によると、感染歴のない集団において、3回目接種から1か月後の従来株(変異前の株)に対する中和抗体価は、2回目接種から1か月後と比較して約2.2倍の上昇が認められ、さらに、3回目接種から1か月後のオミクロン株に対する中和抗体価は、2回目接種から1か月ごと比較して約22倍の上昇が認められました。

 また、オミクロン株流行期における他の年齢層(12~15歳)での3回目接種による発症予防効果が報告されており、5~11歳の日本人小児に対しても、一定の有効性が期待できると判断されています。

 

【副反応】
 ・初回(1・2回目)接種

 12歳以上と同様、接種部位の痛みや倦怠感、頭痛、発熱等、様々な症状が確認されていますが、殆どが軽度又は中等度であり回復していること、現時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められていないと判断されています。


 ・追加(3回目)接種

 3回目の接種後7日以内の副反応は、1・2回目接種の後と比べると、おおむね同様の症状が見られ、2回目接種時を上回るリスクは報告されていません。

◆5~11歳の接種後7日間に現れた症状発現率の比較(ファイザー社ワクチンを使用)

5~11歳の接種後7日間に現れた症状発現率の比較

 詳しくは、新型コロナワクチンQ&A別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧ください。

 

 

副反応等に関する相談窓口

 県では、ワクチン接種に関する不安や疑問、接種後の副反応についてご相談いただける相談窓口(コールセンター)を設置しています。

 詳しくはこちら別ウィンドウで開きますをご覧ください。

  

 

資料

 

関連リンク


関連動画(政府広報)

 「5歳~11歳のお子さまと保護者の方へ新型コロナワクチン3回目(追加)接種の開始について」(首相官邸ホームページ)


新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報(佐賀県ホームページ)

 新型コロナウイルスワクチンに関する情報(佐賀県ホームページ)はこちらをご覧ください。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:84793)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.