佐賀県総合トップへ

令和3年度11月補正予算案に関する知事臨時記者会見を開催しました

最終更新日:
 

令和3年度11月補正予算案に関する知事臨時記者会見を開催しました

令和3年度11月補正予算案に関して知事臨時記者会見を開催しました。
 
 

資料(まずは、こちらからご確認ください)

 

 

会見動画

記者会見の内容は、下記リンクからご覧ください。

 
 

会見内容

要約版はこちらをご覧ください。

 

 <令和3年度11月補正予算案>

 皆さんおはようございます。
 令和3年度11月補正予算案についての説明をいたします。
 まず、11月補正の予算額につきましては129億円でございます。そのうち、コロナ対策分が81億円、そして、8月豪雨災害に対する対策分が44.4億円、その他通常補正が3.6億円という構成になっています。
 この129億円を補正いたしますと、予算額は6,225億円となりますので、この11月補正後でいいますと、昨年が6,284.1億円でしたので、ちょっとそれを切るぐらいという、非常に大きな規模だと。過去最大ではないけれども、2番の規模だという状況でございます。
 では、この説明をいたします。
 まず、コロナ対策でありますが、そのうち大変大きい予算になっております64.4億円の予算がこの医療提供体制の強化です。第6波を想定しておきたいと思っています。入院患者が過去のピーク時の1.5倍程度まで対応できるようにという想定で、4月の時点では336床だったんですが、9月で434床、そして、今回545床までの病床を確保すべく予算化しております。簡単にいいますと、これは空床補償の分なので、枠が広がると、その分、実際に使われなかった部分の幅が広がります。ですので、予算をしっかり押さえておこうということでございます。ですので、この当初予算が97億円程度だったので、その分、増床する部分の予算を確保しておかなければいけないということでございます。財源は包括支援交付金になります。
 続きまして、その他コロナ対策の主なものについて説明します。
 継続的な支援を実施していこうということで、1つは生活福祉資金貸付事業費補助というのがあります。簡単にいいますと、一時的に生計の維持が困難になった皆さん方に、例えば、少額で20万円貸し付けるとか、生活再建までの間に必要な生活費用ということで60万円を最大3回までと、そういったものの原資になるもので、こちらは全額国費となっております。
 それから、新型コロナウイルス感染症対策事業費ということで、これは5.7億円です。これは包括支援交付金になりますけれども、コロナに対応する、例えば、空気清浄機だったり、生体情報モニターとか、そういったものを医療機関が整備するために必要な予算を今回予算化しております。
 そのほか、行政経費ですね、PCR検査に係る経費とか、そういったものについてなどが今回のコロナ対策の主なものとなっております。
 続きまして、8月豪雨災害対策分ですが、これまでの予算総額をおさらいしておきますと、10月補正までで148億円予算化しておりました。今回、11月補正で44.4億円を補正させていただくので、今年の8月豪雨災害としての予算総額は192.4億円と現時点でなっています。おおむねここで大分計上していますけれども、プラスアルファ幾らかという状況であります。
 ちなみに、2年前の令和元年度の佐賀豪雨のときは103.7億円でした。ですので、ざっと倍の災害対策費がかかっていると思っていただいたらいいのかなと思います。
 ちなみに、今回44.4億円補正させていただこうと思っていますが、うち、河川、道路、農地、林地の復旧、いわゆる災害対応の公共事業、これに36.7億円です。だから、これがほとんどということになります。
 それ以外についての説明をさせていただきます。44.4億円引く36.7億円の部分についての説明を今からします。
 1つが、コミュニティ再生支援という事業をさせていただこうと思っておりまして、簡単にいいますと、コミュニティの維持のために、例えば、公民館で被災したときの修理だとか、例えば、伝統芸能で太鼓を置いていたけれども、それが被災して水に浸かってしまったとか、そういうコミュニティ系の、防災マップの作成とか、そういったものに対して支援をするということなんですが、これは2年前にもやらせていただいて、なかなか公民館とか、いわゆるコミュニティに対する直接の支援策というのがなかったので。これは大変使い勝手がいいと評判であったので、今回も県に対するふるさと納税の寄附金、1,700万円も活用させていただいて、それに一般財源を足し込んで、直接そういったコミュニティに対して支援をさせていただくというものでございます。
 続きまして、改めて内水対策としての「プロジェクトIF(イフ)」について説明いたしますけれども、2年の間でまた気候変動型で豪雨災害が起きるということなので、来年起きたときにどこまで対応できるかというところが勝負だと思っています。もし来年起きて、浸かる家屋が0(ゼロ)とは申し上げられないけれども、できるだけ少なくするというのが我々の対応、もちろん0であるのが一番いいわけだけど、できることを、来年あると思って準備をするということが我々の共通認識であります。ですので、準備が整ったものから速やかに着手しようと思っています。
 例えば、(人命等を)守るためのソフト対策ですね。いち早くカメラで認知して、避難をして、機械を逃がしておくというようなところとか、それから、(内水を)貯める機能として、田んぼダム、できるだけ上流の田んぼで水を維持できるように、流さないようにガードしていく。皆さんの協力によってですね。それとか、ため池にあらかじめ水を、切り欠きとかで一定数の水量を六角川に流しておいて、流しておいた分ためられるので、そういうポケットをいっぱい作っていこうと。クリークも同じことです。ダムもそう。いろんなあらゆるところに流域全体でポケットを作って、できるだけ水の浸入を防いでいくというやり方。
 それから、内水を流していく機能ですね。ですので、今回、排水ポンプ車の導入については契約済みでありますけれども、佐賀県が独自に5台のポンプ車を導入することにいたしましたし、それから、排水機場の機能を向上するということ、それから、浚渫(しゅんせつ)ですね、河川をできるだけ掘っておいて流量を多くしていくと。そんなことをトータルで、やれるところから順次順次早めに早めにやっていくというのがこの「プロジェクトIF」でございます。
 今説明させていただきましたけれども、例えば、この予算を使って県としても内水監視カメラを設置して、できるだけ早く内水面に対するオペレーションを可能にしていくと。河川カメラというのは多いんですけど、内水面はあまり今、県は直接対応していなくて、基本的に市町の仕事になっているんだけれども、県としても、佐賀県の場合は内水面の被害というのは半端ないので、そういったところもしっかりとやっていこうということであります。市町と連携しながら取り組ませていただきます。
 これがため池の調節ゲートということで、さっき切り欠きと言いましたけど。あらかじめカットする、ゲートを作っておいて、ゲートを開いておくと水が流れていきますから、その分だけポケットがため池の中にできるということです。ですので、この切り欠きをやることによって約40センチの水位低下が可能ということなので、これはもともとため池だから農業用水に使っているものなんだけれども、実際いつも水を使っている、例えば、白石町をはじめ、そういった皆さん方のご理解を得て、ごめんなさいと、大雨が降りそうなときには少し流させていただきますという了解を取りながらやっていく事業ということになります。
 もう一点は、河川の浚渫でありまして、県で管理する河川をできるだけ、土砂がどうしてもたまってしまって流量が維持できないということになるので、できるだけ川の底に溜まっている土砂を掘り返してあげることによって水がいっぱい流れて、河川の流下能力を確保しようという事業です。
 こういったことをやる予算として、この6,800万円というのは国費を入れながらやる事業、さらに、債務負担行為として8.2億円を今回予算設定させていただいているということです。
 さらに、今回の災害対策として、市町の被災者に県の災害救助基金特別会計から住宅の応急修理とか避難所の運営などに対して交付するお金があるんですけれども、今回、もともとあった0.5億円に7.5億円を上乗せして8億円交付しようとしているので、この7.5億円を支出する補正予算と、この8億円交付について、国と県とで4億円ずつ負担するという予算。だから、予算上出てくるのは、ここ(佐賀県災害救助基金特別会計への繰り出し金4億円)とここ(国庫負担金4億円)とここ(7.5億円)ということになります。
 そのほか、住居などに被害を受けた方への貸付けなどによって、今回の豪雨災害対策の予算が構成されているということであります。
 最後に、通常分の3.6億円について、ここに説明を書いています。
 法人事業税の一部を市町に交付というのは、法人事業税が増収になったので、その分、市町に支出しておこうと。一定割合が決まっているので、法人事業税の7.7%を決まって市町に出すことになっているので、今回、その増収部分について、この際、交付すると。
 それから、食肉センターの整備、OPEN-AIR佐賀北山キャンプ場の整備、それから、コロナの影響によるインバウンド対策の取りやめなどによって減額があったり、こういうことを精算すると3.6億円の補正ということになります。
 順次説明しています。
 まず、空港関係です。今、インバウンドがほぼ壊滅的ということで、非常に厳しい状況にあるんですけれども、この際ということで、ちょうどコロナの期間中に九州佐賀国際空港はリニューアルができました。本当に何といっていいのか、利用者にあまり迷惑をかけずにやれたというところはよかったというのか、スムーズに展開することができました。またインバウンドが戻ってきたときには、非常に皆さん喜んでいただけるんではないかと思っています。
 今回の予算については、まずは有料駐車場を新設するという予算であります。
 今、駐車場は第1、第2、第3、第4と展開しているんですけれども、混んでいるところは全部埋まってしまうので、本当に本当に緊急時に焦って止めたい人だとか、ある程度お金を払ってでもいいから近くがいいとか、いろんな皆さん方のニーズがあるもんだから、100台程度の有料駐車場を新設しようと思っています。そのための経費であります。1日1,000円程度ということで、今検討を開始しております。
 そのほか、今回はターミナルビル前について、アイランドというか、一般の車とバスとか、そういったところの整理をしようということで、今、構内道路改良事業が行われていますけれども、そこのうちの歩道部分についてルーフを造っていこうという事業です。
 そういったところで、誰もが利用しやすい空港へというような予算を債務負担行為で3.5億円設定させていただいております。
 続きまして、SSP関係、国スポ・全障スポ関係ですけれども、佐賀県の場合は、20市町全てで行われるわけですけれども、特に市町の施設整備について補助を行っています。上限額は1億円ということで、吉野ヶ里町の体育館だとか、唐津市の野球場とかやっているわけですけれども、今回についてはここ、小城市の芦刈文化体育館について。ここではハンドボールやバレーボールが行われるので、9,800万円補助をするということで、200万円はもう既に補助しているので、今回は残りの9,800万円、それで1億円補助ということでありまして、11月補正予算に計上しているということであります。
 続きまして、佐賀県高性能食肉センターの整備です。
 これが多久市で行っている、いわゆる「KAKEHASHI(かけはし)」(仮称)にしていますけれども、食肉センターの整備なんです。簡単にいいますと、佐賀牛は非常に今評価も高いので、それをしっかりと衛生的に、高性能な処理施設を造って輸出を増やしていこうというためのものでありまして、今、鋭意、牛処理施設については新設をしています。今まさに、取り組んでいます。ですので、来年の今頃にはオープンできるんではないかなということで今準備をしているんですが、我々としては、さらにその後、この事故畜棟というところについての新設と、それから汚水処理施設、脱臭装置なんかも整備する。さらに、今使っているこの施設を、牛はこっちにできますから、豚の施設に改修するということを順次やっていくことにしているわけなんですけれども、今回の予算については、この事故畜棟と汚水処理施設についての整備に着手するので、そのために必要な予算と継続費の補正をするということであります。
 順次、そういった形で事業規模、それから事業内容が固まったところから予算化をしていくということでございます。
 畜産に関して言えば、ブリーディングステーション、それからキャトルステーションですね。ブリーディングステーションというのは、牛の産婦人科とよく言っていますけど、キャトルステーションは牛の保育園。そして、今回食肉センター、この3点セットで、佐賀が畜産の聖地として、本格的に輸出拡大を目指す拠点として、施設の整備面も向上されるということでございます。生産額の拡大を図っていきたいと思っています。
 以上が11月補正予算の概要でございます。



○西日本新聞
 幹事社から3点ほど質問させてください。
 まず、今回も災害復旧費用をたくさん盛り込まれたと思うんですが、まだ3か月経っても復旧が進んでいない現状も中にはあると思います。そんな中で、予算に込められた知事の想いを聞かせてください。
○知事
 本当にいろんな皆さん方がつらい状況の中で今過ごされている。その中で、できるだけ早く光が見えるような仕事をしたい、予算化をしたい常日頃考えているわけですけれども、ここ数日で武雄、大町関係で事業者がもう一回前を向いて仕事を再開したという話が幾らか流れてきて、カツ丼屋さんもそうだし、鶏飯屋さんもそうだし、とてもうれしく思います。
 2年前にあって、また繰り返した、もう一回立ち上がろうと思って前を向いて頑張っている皆さんにエールを送りたいなと思いますし、皆さん方からも何とか、もう次は厳しいという声も聞いておりますので、我々としても言葉だけでなくて、全力をもって早めに対応して、来るべき大雨に備えていきたいと思っています。
○西日本新聞
 2点目がコロナ対策に関してなんですが、国のほうが3回目接種について徐々に具体的に動き出していると思うんですが、県として3回目接種に関してはどのような方針というか、方向性でいくのかということとか、あとは大規模接種場に関して3回目の接種についてはどうされるのかというのを、現時点で分かる範囲でいいので教えてください。
○知事
 我々、ここのところ(感染者数が)ほとんどゼロの日が多くて、たまに1が入るというふうに抑えられた状況にいます。そして、全国的にもそのような状況になっているということの大きな要因は、やはりワクチン接種にあったんではないのかなと思いますけれども、やはり諸外国を見ておりますと、接種があっても、また件数が増えているところというのが散見されるので、やはりワクチン効果、接種効果というものについて一定の効力を発する時間があるのかなと推察するわけですけれども、そうした中で迅速に3回目接種についての方向性が国から出されたことについては、非常に評価したいと思いますし、我々も確保されたワクチンをしっかり希望する皆さん方に接種できるような体制を整えていくことが都道府県の仕事だと思っています。
 そうした中で、これから、12月からまず医療従事者に接種開始をしていくということ、今月中には接種券を発送できる準備を今進めています。さらに1月になりますと、それ以外の皆さん方に順次接種が進んでいくように、県としては進めていきたいと思います。
 一応(2回目接種から)8か月後ということが大きな方針のようです。一旦、6か月という話がちらほら出てちょっと混乱をして、市町からの話もあったんですけれども、特別な場合と、それこそクラスターが起きてちょっとコントロールできない状況になったりしたときには例外としてあるようですけれども、一般的には8か月ということでありますので、皆さん方、順次これから3回目の接種に向けてやっていくということ。
 それから、交差接種といって、取りあえず今、まずはファイザーが来るわけですけれども、途中からモデルナが入ってくると思います。そこの整理はまだはっきり県としてもできていないわけですけれども、まずはファイザーがしっかり来ますからそれを接種していただくと。それから、交差接種については、国としてもそれは問題ないということが示されたので、そこをどのように取り扱っていくのかということだと思います。
 さらに言えば、3回目なので、大分スムーズにいくとは思いますけれども、それでも何か不具合なものが起きてくるとしたならば、県としても大規模接種会場のような形になるのかどうか。いずれにしても、県は補完的役割を果たそうと思っているので、市町と相談させていただきながら、市町がどうしても苦しい状況になったりとか、県民の皆さん方からお困りの状況があれば、それに応じて県としての対応をやっていくという形になろうかと思いますので、これまで以上に市町との連携を取って対策を打っていきたいと思っています。
○西日本新聞
 最後になりますが、おいし~と食事券が完売されたということで、何か今後、追加発行とかを予定されていたりしますか。
○知事
 佐賀県の場合は、本当に官民挙げて、おかげさまで県民のニーズを捉えながら、おいし~と食事券は完売して、全国で人口当たり3番目の規模で75億円の発行をして、さらに大隈重信、大隈券ってみんな言っているようですけれども、県としての単独での追加での配分をして、それももう即効で完売されたということでありますので、かなり支え愛という意味でのニーズもあるし、ウィン・ウィンの関係が築けている事業になっているのかなと思います。
 他県はなかなか売れていないところもある県があるみたいですけれども、本県の場合はそういった意味で、皆さん方が支え愛という局面では支えていこうという気持ちが非常に強い県でもありますので、国でもさらにこの事業費が設定できるように、今週、経済対策を取りまとめていると国が言っていますから、ぜひこういったおいし~と食事券、いわゆるGO TO Eatについても追加実施していただけるようになると、我々としてはありがたいなと思っています。
○朝日新聞
 コロナ対策の交付金についてなんですけれども、知事は前回、予算の発表のときにかつかつという表現を使われていましたけれども、今回に関してはどういう状況でしょうか。
○知事
 かつかつです。かつかつというか、予算をずっと洗っているので、見ていると、もちろん、少しずつ未執行の部分が出てくるので、今、5億円ぐらい残っている形になっています。そういったものだけでは足らないので、これからの状況によりますけど。ですので、臨時交付金についても、知事会を通じて2兆円配分してくれという話もさせていただいているので、そういったところ、国に対する要請もしながら対応していくことになろうかと思います。できる限り、県の一般財源にならないように対応できたらいいなと思っています。
○朝日新聞
 ということでありますと、昨年、宇宙をテーマにしたスペースであったりとか、あとは中高生のスポーツ大会の電光掲示板だったりとか、財務省の主計局が直接的には理解しにくいんじゃないかというような苦言を、全体的な全国の使用例に対して苦言したことがありますけれども、今回、それでも交付金に関しては利用していくという……
○知事
 基本的に、コロナって、もちろんコロナ対策をメインに医療従事者、医療環境を守っていくというのが第一義であることは、これは誰も疑わないことです。ですので、佐賀県も全部で今まで538億円を医療関係に使っていて、事業者支援に268億円ということで対応させていただいています。
 ただ、去年のSSPカップもそうですけれども、コロナの後にどういう世界があるのかということに対してしっかり向き合うということについては、地方創生臨時交付金のターゲットになっていますので、我々としては、そういったその先にしっかりと展望が持てるような事業展開はなお続けていきたいと思っていますし、言わせていただくと、1年以上前のことになりますけれども、やはり宇宙というのは大きなターゲットになっている。先だっても、4人の知事──私も行ければよかったんですけれども、署名はさせていただいておりますが、やはり地方から宇宙に、直接地方創生のためにやっていくというのは、やはりトレンドになってきたし、誹謗中傷の問題についても、あの後、やはりそこが大きな課題だということになっていくわけですよね。だから、やっぱり佐賀県は時代の先を常に行って、問題意識を持っていたから問題提起をしたわけで、その頃にしてみると、何かというご批判もありましたけど、やはり我々のやってきたことって、問題提起したことというのは、やはり問題の核心をついていたのではないかなと私は自負しております。
○西日本新聞
 先ほど発表された予算の中で、空港の駐車場を一部有料化されるということだったんですけど、利用者が多くて有料化したほうがいいという面もあれば、結構佐賀空港って駐車場が無料というのが売りな部分もあったと思うんですよね。その中で、一部有料化するというのは、どんな狙いとか思いがあったのかなというのをちょっと聞きたいです。
○知事
 やはり佐賀空港が県営空港で無料化しているというのは大きな売りでもあったので、これは大事にすべきだろうということです。ですので、今回100台程度ですね。本当に一部に限定させていただいています。ただ、この100台程度が必要なことについては、どうしても近くに置きたい必要がある場合、例えば、緊急に飛行機に乗れるか間に合わないようなぎりぎりのときとか、いろんなシチュエーションがあると思うんですね。ですので、そういったニーズに対応するためにも、まずは100台程度限定的に有料化させていただいて、その状況を見ながら、いろんな利用者の意見も聞きながら、その後の展開をどうするかを考えていきたいと思います。ですので、ほとんどのエリアは無料化を維持する予定です。
○読売新聞
 コロナの医療提供体制の強化の話なんですけれども、これについて、ホテルのほうは今回の予算には入っていないんですか。
○知事
 ホテルは前回、予算化してあるので、それで今、様々な事業者と交渉しております。うまくいかないところもあったし、何とか交渉に行って、特に北部を何とかしたいなと思って、これはまだ交渉継続中です。
○読売新聞
 この第6波に備えてというお話ですけれども、第5波で結構想定を上回るような感染者が出て、自宅療養を導入されましたけれども、今回も病床数の増加とか、ホテルのこれまでの増加によって、どういう感じで運用ができるのかというシミュレーションはできていますでしょうか。
○知事
 本当、よく分からないところがありますよね。なので、今回は基本的に感染者数の速度が通常より2倍ぐらいのイメージを想定して、それでもワクチン効果って効いているので、その分も考慮に入れると1.5倍でいいんではないのか、ばくっとしておるでしょう。でもしょうがないなと、これはやってみないと分からないんですよね。実際の感染の状況というのは見えないので。ただ、佐賀県は全国で3番目に多いのかな、予定している(人口10万人あたりの)病床が。和歌山、沖縄に次いでかな。というところで設定できたので、コロナ禍で、我々の強みであるプロジェクトM、そこを最大限フル活用してやっていくというシステムが何とかできるんじゃないかなとは、そこは期待しています。
 どうしようもない場合は、前回、8月に対応できなかったように自宅療養、しっかりそれはみんなでいろんなパッケージを持って、自宅をしっかりと支援できるセンターを県庁の中に設けて対応できるようにというところが最後の備えかなと思っています。いずれ、第6波の出てきた対応に基づいて、先手先手で対応できるような設定にしたと思っています。

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:83502)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.