佐賀県総合トップへ

第90回佐賀県新型コロナウィルス感染症対策本部会議を開催しました

最終更新日:
 

第90回佐賀県新型コロナウィルス感染症対策本部会議を開催しました

7月21日(水曜日)に第90回佐賀県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
 
詳細は下記リンクからご覧ください。
 
要約版はこちらからご覧ください
 
  • 会議資料

 

会議内容

○司会
 第90回佐賀県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を始めさせていただきます。
 まず最初に、最近の感染者の状況について、甲斐部長からお願いします。
○健康福祉部長
 コロナウイルスボードで確認をしていきたいと思います。
 7月15日からの7日間で、感染者数は6、9、4、3、8、9、本日7ということで、合計7日間、46件出ております。前の週が6件でしたので、感染は増加傾向にございます。
 新規感染者という、この括弧書きで書いているところをご覧いただきたいと思うんですけれども、既に感染が確認された方との接触が確認されていない新たな方ということで、新規の方が2から0、1、3、2というふうに一定低く抑えられております。この差の部分が既陽性関係者ということになりまして、新規の方の接触者を追っかけていって、そして、感染が確認されている方というのが増えているという状況にございます。
 もう少し詳しく見ていきたいと思います。昨日、7月20日までの1週間の分の感染者数を棒グラフで表しております。赤いところが新規の方、青いところが接触者の方で感染された方ということで既陽性者関連ということになります。
 赤の部分といいますのは新規感染者で、2から0、1、3ということで推移をしております。青いところが感染者が増加しておりまして、総数が42件、うち新規が12件、既陽性者関連が30件となっています。
 この中で、県が今追っかけている感染者のグループがありまして、42件のうち22件が1つのグループで起きている感染でございます。事例を少しご紹介しますと、初めに幾つかの家族が集まって、親族のところで会食をした際の感染、そして、それぞれの家庭内で感染、また、感染された家族の職場の同僚への広がりという事例がございました。この事例につきましては、デルタ株でなかったということを確認しておりまして、おそらくアルファ株ということだと思いますけれども、ここは詳しく検査をしております。現在、調査にご協力をいただいておりまして、感染を封じ込めるため、接触者の調査、検査を精力的に行っているところでございます。
 次に、県内感染者における年代別の割合をグラフにしました。4月から7月までということで、4月が415件、5月が増えまして899件、6月は52件、7月が20日現在ですけれども、59件ということになっております。ご覧いただきたいのが、65歳以上の一番上の欄なんですけれども、7月に入って割合が減っておりまして、これはワクチン接種効果が一定あったものと考えております。
 この3%、件数にしまして2件なんですけど、いずれもワクチン接種2回打ったと同時に発症されておりまして、まだ抗体が十分できていない期間での感染と考えられております。ですので、ワクチン接種後も感染予防には努めていただきたいと考えております。
 そして、10歳未満が増えておりますけれども、これにつきましては、30代の子育て世代の方々が感染されて家庭内での感染が広がっていると、家庭内での感染ということでお子さんのほうにうつったという事例で、そこの影響が出てきております。
 もう一度コロナボードのほうに戻してもらっていいでしょうか。
 こちらのほうで現在、入院者が31人、ホテル療養者が12人いらっしゃいまして、病床全体の使用率が8.4%、ホテル使用率2.5%ということで、こちらも前のときより上昇しております。
 入院者も増えておりますけれども、どうしても小さいお子さんがいらっしゃる場合には家族で一緒に入院ということになりますので、そういった影響も出ているかと思っております。
 これから夏休みや連休などで外出の機会も増えると思いますけれども、前回の会議でも申し上げましたが、新規感染者のうち、発症前に県外、特に福岡県での行動歴がある、あるいは県外の方との接触のある事例が多く見られております。改めて県民の皆様には、県外に出かける際や、県外での会食のほか、普段会わない方たちと会う際、またいろんな友人たち、いろんな親族で集まるような際には、リスクが高まることを意識して感染予防策をより徹底していただきたいと思っております。
○司会
 ありがとうございます。ほかに何かありますでしょうか。お願いします。
○坂本副知事
 さっきのもう一つ、縦のグラフかな。県内感染者数の推移のやつ。接触者の方が多くて、新規が少ないというのは、入りがはっきり分かっているというのが押さえ込み上非常に重要だと思っているんですけど、さっき言われたように、22件も同じグループというか、今までの1年半ぐらいの経験で、感染された方からさらに感染し、さらにその方から感染していくというのは、ほとんど我々確認したことがなかったので、非常に稀なケースなのかもしれないし、極めて注意しなければいけないケースなのかもしれませんけれども、ここ夏休みがあったり、お盆があったりするので、普段会わないご家族同士が会うようなことが多分多くなってくると思うので、そこら辺をしっかり今からケアしていくように関係団体とか、市町とも共有していく必要があると思いますので、よろしくお願いします。
○司会
 ありがとうございます。ほかにありませんでしょうか。
 1点よろしいですか。65歳以上の2件陽性になられた方が最近あったということなんですけど、この2件の方というのは、ワクチンを打った当日に症状が出られたということですか。
○健康福祉部長
 当日症状があったと聞いておりますので、ワクチン接種より前に感染されてあって、当日発症されたんじゃないかと考えております。
○司会
 その辺は、副反応とちょっと勘違いされたとか、そういうことはあるんでしょうか。
○健康福祉部長
 通常、副反応は発熱とか痛みとか、そういったものがあるかと思うんですけれども、一般的な話として発熱以外にもいろんな倦怠感とか悪寒とか聞いておりますが、例えば、咳とか呼吸器症状とか出てくるような場合であれば、感染の疑いというのもありますので、そういったいろんな症状で気になることがあれば医療機関のほうにご相談いただけたらと思います。
○司会
 ありがとうございます。
 ほかに何かないでしょうか。
○知事
 ワクチンの職域接種はどうなんですかね。
○県職員
 県庁のほうで             
○知事
 例えば、大学とか九州電力とか。
○県職員
 今、国のほうでモデルナワクチンの精査をされているので、やっぱり来ている分が少ないんじゃないかと思われるんですけれども、8月9日以降ぐらいということで今調整を順次していくということでされているということでございます。
○知事
 であれば、原発関係も。
○県民環境部長
 原発関係も先ほど8月9日以降ということで調整がされているということのお話がありましたけど、原発関係も同じようなルートに乗って、8月9日以降で調整されていると聞いております。
○知事
 分かりました。
○司会
 ありがとうございます。
 ほかにないでしょうか。よろしいですか。
 それでは、知事からお願いいたします。
○知事
 今日は第90回ということで、4連休前でありましたので、この日に設定させていただいております。
 ボードを見ていただいても、0人の日が見えなくなってまいりました。先ほどの報告のとおり、平均年齢も若くなってきています。何とか53日連続1桁になっているんですけれども、ご覧のとおり、8人とか9人とか出てきて、家族単位というのも結構あって、何とか追いかけまくって、ここで抑えているという数字で、何とかこれ以上の爆発は今防げているんではないのかなというのが現状なんだろうと思っています。
 そして、病床使用率が8.4%と数字が幾らか大きくなってまいりました。これは特に若い世代のご家族なので、お子さん(の年齢)が1桁の方が多くて、その方々がかかっていることによって、病院に入っていただくケースが今増えているので、人数が多くなって、病院に入るといった傾向だと思っていますので、これからも幾らか増えていく方向性かなというのが今の現状だと思っています。
 そして、先ほど報告がありましたけれども、ここの42人のうち、1つの件(事例)から22人の(陽性者が確認されて)、感染して、さらに感染してというパターンが見えていて、我々はこれはデルタ株かなと思いきや、そうではなかったわけでありまして、恐らくアルファ株だろうと県では推定しているわけですが、結構足が速くて、こちらのほうもしっかり追い続けていますけれども、スピードが速いものとそうでもないものがいろいろ混在しているような状況で、実際追ってみないと分からないというところもあるので、なかなか難しい状況に──いろんな変異が行われているんでしょう。厳しい状況かなと。特に、佐賀県は一つ一つ追っているだけに、そのあたりが実感として分かるわけですけれども、こういったことをしっかりこれからもやり続けていくということだろうと思っています。
 そして、首都圏は増加率自体も増大しているということで非常に危惧をしております。さらに、それに関連して、福岡県が、3桁に近づいてきた今状況ということで、今日の数字も注目されるわけですけれども、こういったところについて、よく注視していかないと、これまでのパターンで大体東京から福岡に、そして、九州各県に広がっていくということなので、できる限りその前の段階で食い止める努力をしていきたいなと思っています。
 さらに、今“支え愛局面”ということでありまして、特に、おいしーと食事券は今91.5%まで販売することができました。それから、(感染対策)認証店については今日広告も出ていたようですけれども、今357件ということで、こちらは県と一緒になって感染症を一緒に考えていこうというプロジェクトなので、審査を受けるのを逡巡するということではなくて、気軽に手を挙げていただいて、どうなのかということで一緒に考えていただくような、それで認証ということになったら15万円をお渡しして、いろいろ役立てていただくというものなので、そういった形で手を挙げていただいて、相談をいただけたらなと思っています。それから、県内の宿泊キャンペーンも順調に予約が増えているということで私にも様々な声が入っておりますので、ぜひこれを期に、県民の皆さん方、旅行というと県外とどうしても佐賀県民思いがちなんですけれども、(県内に)非常にすばらしい施設がたくさんございますので、これを期に再発見いただきたいなと思っております。
 ということで、学校は夏休みに入ったようでありまして、大分、県内でも子どもたちの声が聞こえてくるようになりました。さらに、明日からはオリンピックも始まるということで、人の動きが増えることが予想されます。
 我々のお願いですね、首都圏関係の、特に会食の自粛、それから、福岡県との関係についても警戒感を持っていただくことについて、しっかり県民とともに取り組んでいきたいと思います。
 それから、お盆の帰省について、首都圏からの帰省を予定しているご家族もあられると思います。ぜひ帰省を予定されている方は今のうちから人ごみを避けるですとか、会食を避けるとか、徹底した感染予防、さらに、毎日の検温、それから症状の確認といった体調管理をぜひ促していただきまして、それでも、少しでも体調が悪い場合については帰省を控えていただくようにご注意をいただきたいと思います。
 さらに、ワクチンにつきましては、配分量に対する接種率は佐賀県は全国1位ということで、個々にはいろいろありますけど、全般的には順調に推移していると思っています。関係の皆様方の頑張りに感謝したいと思っています。
 そして、先ほどの甲斐部長の話にもありましたが、65歳以上の陽性者が明らかに減少しておりますし、特に重症化のリスクは明らかにこれは下がっているんじゃないかと我々は判断しております。ですので、ワクチンの一定の効果と考えております。お二人、65歳以上で感染報告されましたけれども、あのお二人も2回目の接種、まさにその日に発症しているということでありますので、一般的に2回目の接種後2週間というのが、(ワクチンの)効果が現れる目安ということでありますので、少なくともそれまでは油断しないで、しっかりとしていただきたいなと思っています。
 それから、ワクチン接種した方も大分増えてまいりました。引き続き2回目、さらに2週間経っていても、全体としてみんなマスクが外せる日までぜひマスクしていただいて、感染症対策していただいて、チーム佐賀・オール佐賀で取り組むというところにご支援いただきたいと思っています。
 改めまして、医療現場をはじめ、介護、福祉、保育所、教育現場など様々な現場で頑張っている皆さん、保健所、ワクチン現場で頑張っている市町の皆さん、そして、県職員諸君、そして、県民の皆様方のそれぞれの取組に心から感謝したいと思います。
 それから、誹謗中傷については決して行わないということが、これは佐賀県のルールとしてこれからもお願いをしたいと思いますし、それから、様々な事情でワクチン接種できない方もおられます。そういう方々に対する、ワクチンの差別のようなことはぜひ控えていただいて、こちらもよろしくお願いしたいと思います。
 順番順番でワクチン接種もやっていきたいと思いますので、思いやりの心を持って、みんなでコロナに対応していきましょう。
 佐賀県は真っ直ぐに対策に臨んでいきたいと思いますので、チーム佐賀・オール佐賀、佐賀らしいやり方で一つになって乗り越えていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。


 

  

県民の皆様へ

 新型コロナウィルス感染症に感染された方やその御家族、濃厚接触者に対して、不当な差別や偏見があっています。
 佐賀県は慈しみ合う県です。感染された方、その御家族、濃厚接触者などに対する情報の詮索、不当な差別、偏見、いじめというのが決してないようにお願いします。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:81567)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.