佐賀県総合トップへ

第89回佐賀県新型コロナウィルス感染症対策本部会議を開催しました

最終更新日:
 

第89回佐賀県新型コロナウィルス感染症対策本部会議を開催しました

7月15日(木曜日)に第89回佐賀県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
まずはこちらからご覧ください。
PDF 県民の皆様へ 別ウィンドウで開きます(PDF:75.6キロバイト)
 
詳細は下記リンクからご覧ください。
 
要約版はこちらからご覧ください。
 
  • 会議資料

 

会議内容

○司会
 それでは、時間になりましたので、第89回佐賀県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を始めさせていただきます。
 まず最初に、最近の感染者の状況につきまして、甲斐部長から説明をお願いいたします。
○健康福祉部長
 最近の感染状況でございますけれども、首都圏では既に報道などもされておりますように、特に東京都を中心として感染拡大が顕著になってきておりまして、周辺ですが、全国への影響も懸念をされているところでございます。
 県内の状況をコロナボードで見ていきます。
 7月9日からの1週間でございます。(感染者数は7月9日から)3日間、0人が続いた後、1、1、3、本日が6人出ております。
 本日は、(感染者数の)下の(カッコ内の)新規感染者が2ということですので、この差の4人は既に感染が確認された方の関係者を追っかけていって判明した4人ということになっております。
 7日間の感染者数の合計が11人、前の週の7日間が9人でしたので、大きな状況の変化はございません。
 病床の使用率もご覧のとおりで、ホテル使用率もご覧のとおりでございます。
 県内については大きな動きはございませんけれども、気になるのが福岡県の動きでございます。
 福岡県は11日をもちまして、まん延防止等重点措置が終了されまして、12日以降、44、50、昨日95人ということで、ちょっと増加傾向が見えます。
 昨日までで7日間連続、前の週の同じ曜日を上回っている状況がございまして、私ども、佐賀県と福岡県からの往来というのが大変多いので、注意をして見ているところでございます。
 7月に入りましてから、新規の感染者、つまり既陽性者関係ではない新規の感染者の方が、つい先ほど陽性が判明したばかりの一例を除きまして、12例ございます。そのうち発症前に福岡県での行動歴がある方、あるいは福岡県の方との接触がある方が10例ございまして、率にして83%でございました。このようなことで、福岡県との往来、会食については特に警戒が必要だと考えております。
 
 また、前回の新型粉ウイルス感染症対策本部会議で申し上げましたけれども、これから高齢者以外の年代の方々のワクチン接種が進んでまいります。そうした多くの方々のワクチン接種が終わるまでは、引き続きマスクの着用ですとか、3密を避ける、小まめな手洗いなど、基本的な感染予防対策をお願いしたいと思います。
○司会
 続きましてコロナのワクチンのお話がありましたけれども、ワクチンの配分の状況につきまして元村チームリーダーからご説明をお願いいたします。
○ワクチン接種調整チームリーダー
 私からワクチンの配分についてご説明をさせていただきます。これはワクチンの回数分で棒グラフに示しているところですけれども、7月19日以降、全国的なワクチンの減少傾向というのは代わりはございません。今回、8月2日からの2週間分の配布が国から示されました。今回の国の配分の考え方をまずご説明させていただきたいと思いますけれども、まず、基本計画枠というものがございます。これは、各市町ごとの人口に応じて配分される基本的な枠でございます。
 次に、この基本計画枠で既に在庫、未接種のワクチンの在庫が多くある市町村につきましては、この基本計画枠を1割削減しますよということになりました。こういったことで、これは市町村ごとに1割ずつずっと削減をされているところでございます。
 それを市町村ごとに削減されたワクチンを、全国的に集められたワクチンを今度は市町村ごと未接種ワクチン、在庫の数とか、接種のスピード、そういったものを加味して調整枠として全国に配分されているという、国の考え方のもとに今回配分計画、配分がされております。
 1つ強調させていただきたいのは、市町ごとに在庫が多いところについては、1割削減されていきますということなんですけど、佐賀県は全20市町で削減されているのは1つもございませんでした。それはここにも書いておりますけれども、全国的には(削減対象となった市町村がない都道府県は)8県のみで、九州では佐賀県のみということになっております。これは県内各20市町が頑張ってスムーズに接種をしていただいている証ではないかなと思っております。
 そういったことで、今回基本計画枠として61,000回、調整枠として24,000回分が加わって、合わせて85,000回分のワクチンが配布される予定となってございます。
 次に、箱数で書いていますけれども、各市町ごとの配分の様子です。今回各市町ごとに先ほど申し上げました基本計画案ですけれども、これは全体で52箱、現在佐賀県に来ることになってございます。これは人口比で割り振られた数字でございます。ここ(基本計画枠)が1割減らされたところが一つもなかったということでございます。
 次に、調整枠なんですけれども、全体として調整枠としては、16と5、合わせて21の箱が調整枠として佐賀県に来ることになっております。ただ、そのうち16箱につきましては、国において、各市町の在庫量とか接種のスピード、そういったものを加味して市町ごとにもう既に割り振られております。これは動かせないということもございまして、実際は県の調整で配分することができるのは5箱ということになっていまして、これにつきましては、県におきまして12歳~64歳等の人口を踏まえて配分をするということで計画させていただいています。
 1つ、実は玄海町が0になってございます。これはもう既に玄海町は12歳以上の人口の分のワクチンが既に来ている(配分されている)ということもございまして、希望がないということで0になっているということでございます。
 こういった形で今ワクチンが各市町に配分される計画になっているところでございます。
○司会
佐賀県においては、ワクチンについては基本計画枠に追加した形で調整枠ということで配分がされているということで……
○知事
 ということは、玄海町は(配分)済みだよね。だから、もう二度と配分ないわけでしょう、既に全部配っちゃっているから。(配分)済みだから、済み。
○ワクチン接種調整チームリーダー
 はい。配分は済みです。
○知事
 (配分)済みと。「〇に済」にしたほうが分かりやすくていいかもしれないね。「-」だと何か(分かりにくい)。
○坂本副知事
 「0」より「-」かなと思ったんですけど、済みですね。
○知事
 よく判こで「〇に済」と押される形の。
○坂本副知事
 終了。完了か終了か。
○知事
 そうすると、次に終了になるところって見えてきているんだよね。大体市町で把握して順次ね。
○県職員
 大町町ぐらいが次にいくんじゃないかと思います。
○知事
 大町町。だから、順次そうやって済みになってくると、トンネルの先が見えてきた感じがあってね、いい感じになる。
○司会
 ありがとうございます。順調に進んでいるということで、引き続き接種が進むように調整をよろしくお願いいたします。
 それでは、知事から最後お願いいたします。
○知事
 今日は第89回目の新型コロナウイルス感染症対策本部会議です。皆様お疲れさまでございます。
 先ほど説明がコロナボードでありましたけれども、おおむねこんな形で今1桁が続いていて、(ゼロの日も含めて)47日間連続で1桁になっています。ただ、今日は6ということで、ちょっと数字が出てきています。そのうち、先ほど説明がありましたけれども、4人は1つの家族ですので、そういった意味からすると、(4人、1人、1人の)3つのパターンということであります。
 ということで、一応整理をさせていただいたんですけれども、今日はちょっとパネルを作りました。まず一番最初、県内は落ち着いておりまして、支え愛局面ですということでございます。「SAGAおいし~と食事券」についても、今販売実績が9割を超えておりますので、こういった「SAGAおいし~と食事券」などを使って支えていただきたいなと思っています。
 それから、「支え愛キャンペーン」、これは旅館、ホテルに対するキャンペーンですけれども、こちらも順調に予約が増えていると聞いています。佐賀人が佐賀に泊まるということで、新しい佐賀の姿が見えてくるところもあると思いますので、こういったタイミングでぜひ佐賀の宿に泊まるということも「支え愛」の一つとしてよろしくお願いしたいと思います。
 2つ目の丸ですが、首都圏です。緊急事態宣言中の東京都という意味では、昨日は(感染者数が)1,149人ということでありまして、また増えてきたなということ。それから、約半数がいわゆるデルタ株に置き換わっていると伝わってきております。最大限の警戒が必要だと思いますので、引き続き首都圏との不要不急の往来、そして首都圏での会食については自粛をお願いしたいと思います。
 さらにもう一つ、福岡県の増加傾向ですが、昨日は(感染者数が)95人ということで(一昨日から)約倍増となっております。大体今までのパターン、何度も何度も繰り返しているわけですが、首都圏が増えて、大阪が増えて、福岡が増えて、近隣県が増えるという、1つのパターンなので、今回、福岡県一生懸命頑張っておられて、これからも一つになって頑張らなければいけないんですけれども、やはりあらかじめ、特に警戒としております。自粛とは言ってないです。特に警戒ということで、みんながみんな慎重に行動していくということを気をつけていただければ、何とか抑えることができるんじゃないのかなと思っております。
 先ほど説明もありましたように、ほとんどの事例がエビデンスとして感染が多いところからの往来によるもの、会食によるものということでありますので、みんなで警戒していきたいと思います。
 続きまして、ワクチンについてですが、配分量に対する接種率は、佐賀県は全国第1位ということでありますし、高齢者、65歳以上の2回接種済みにつきましても、相変わらず全国1位ということで、68%ということであります。まさにチーム佐賀・オール佐賀で取り組んだ結果だと思いますし、やはり3週間、65歳以上の高齢者から陽性者は出ていません。ワクチンの効果ということについて、必ずしも全てが100%実証されているわけではないけれども、少なくとも3週間高齢者の皆さん方の感染がないということを考えると、やはりワクチン打っていくということについて意義があるものだろうと思います。
 そして、先ほどこのワクチンの供給についてですけれども、配分量の1割削減ということでしたけれども、本当にみんなの努力で、佐賀県はむしろ配られるほうになったということであります。これも市町ともいろいろ連絡を取り合いながらやっているので、佐賀県はあくまでも全体としてうまく進むようにということなので、一つ一つを余り気にしないでいただきたいなと思います。
 順次、玄海町は全て配分が終わりましたし、次は大町町・・・ということで、順番順番に、しっかりと佐賀県が1つになって希望される方への接種を進めていきたいと思いますので、安心いただきたいと思っています。
 そして、改めてですけれども、大体2回目の接種を終えて、2週間程度すると効果がかっちり出てくるんじゃないかという結果もありますから、その途中で、例えば無茶をしたりとか、マスクを取ったりとかいうことがないように。
 そして、これもお願いなんですけれども、2回目の接種が終わって当分経っていても、いろんな事情で接種のできない方もおられるし、みんなでマスク取れる日ってきっと来ると思います。それまでの間、できる限りマスク、不自由でしょうけれども、特に外出されるときとか、そういったところは、つけていただけるとありがたいなと思っています。
 それから、これから先のことはもちろん分かんないんだけれども、大体今までのパターンからするとだんだん増えていく傾向というもの、このリスクを考えながら行動しなければいけない。そして、今からは、連休だったりお盆が近づいてまいります。もし、どうしても帰省を予定しているという家族もおられると思います。ぜひ帰省される予定の方は、今のうちから人混みを避けたり、会食を避けたり、帰ってくるのに万全な形でコントロールしていただきたい。徹底した感染予防をして、そして毎日の検温、そして症状確認などの管理をしていただいて、少しでも調子が悪いということだったら遠慮していただくという考え方で現時点では臨みたいと思います。これはまたもうちょっと近くなってきたら、我々も分析をしっかりして、また整理してお伝えしたいと思います。
 改めまして、ここに至ってもまだまだ医療現場、頑張っておられる方がたくさんおられます。心から感謝申し上げたいと思いますし、(介護施設や教育現場などの)従事者の皆さん方も、接種も大分進んでまいりましたけれども、本当に日々、苦労をされながらの活動だと思います。様々な現場で頑張られている皆様に、本当に感謝します。
 それから、保健所、ワクチン現場、これ、佐賀県の接種が順調に進んでいるのは、一人一人の力の結集だと思います。こうした皆様などの取組にも、そして、我々県職員も、ホテルとか、そういったところの管理もそうだし、大規模接種もそうだし、いろんなところで頑張っています。職員のみんなにも心からお礼を申し上げたいと思います。
 そして、佐賀県は慈しみの県であります。引き続き、誹謗中傷などは決して行わないようにお願いしたいと思います。
 佐賀県は、しっかりと現場を見据えて、真っすぐに、チーム佐賀・オール佐賀で、佐賀らしいやり方でこのコロナ対策をやっていきたいと思いますので、1つになって乗り越えていきましょう。よろしくお願いいたします。


 

  

県民の皆様へ

 新型コロナウィルス感染症に感染された方やその御家族、濃厚接触者に対して、不当な差別や偏見があっています。
 佐賀県は慈しみ合う県です。感染された方、その御家族、濃厚接触者などに対する情報の詮索、不当な差別、偏見、いじめというのが決してないようにお願いします。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:81458)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.