佐賀県総合トップへ

新型コロナウイルス感染症に関する記者説明を開催しました(6月15日)

最終更新日:
 

新型コロナウイルス感染症に関する記者説明を開催しました(6月15日)

6月15日(火曜日)に佐賀県健康福祉部健康増進課企画主幹田中丈晴、副課長森屋一雄による新型コロナウィルス感染症に関する記者説明を開催しました。
要約版はこちらからご覧ください。
 
 

記者説明資料

記者説明内容

○田中健康増進課企画主幹
 初めに、佐賀県では、先ほど開催いたしました85回目の新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、県民の皆様の御協力により非常警戒措置を解除した翌日、6月6日には72日ぶりに陽性者がゼロとなり、5月30日以降、本日まで1桁または0の日が続いていること。また、病床使用率も6月12日の時点で9.6%と1桁に改善したことから、ステージ1にあることをお伝えいたしました。これはチーム佐賀・オール佐賀の一丸となった取組が功を奏したと考えており、改めて医療や介護、保育や教育などの現場を支えていただいている皆様、御協力いただいている事業者の皆様、そして、日々感染対策に取り組んでいただいている全ての県民の皆様に感謝申し上げたいと思っております。
 この状況を維持していくためにも、県外への移動や県外での会食につきましては、もうしばらく自粛をお願いするとともに、引き続きマスク着用、手指消毒、換気など感染予防策の徹底をお願いしたいと思っております。
 次に、本日の検査状況についてご報告いたします。
 本日、これまでに陽性は確認しておりません。
 次に、本日の検査件数についてご報告いたします。
 本日の検査件数は318件です。
 次に、昨日ご報告いたしました1件につきましては、追加情報がないことをお知らせいたします。
 最後に、現時点での病床使用率などについてご報告いたします。
 病床使用数は、病床全体の確保数365床に対し、病床使用数は23床で、病床使用率は6.3%。
 また、ホテルは最大確保数472に対して使用数は3で、ホテル使用率は0.6%。
 病床全体のうち、重症者用は、最大確保数48床に対して、使用数は1床で、重症の病床使用率は2.1%。
 なお、重症者の方は1名、中等症の方は18名となっております。
 私からの事例の追加報告などは以上となります。
○森屋健康増進課副課長
 それでは、変異株のスクリーニング実施方針の変更について報告させていただきます。
 先ほど対策本部会議でもあったように、変異株の検査について、佐賀県ではこれまで衛生薬業センターにおいてN501Yに関するスクリーニング検査、いわゆる変異株PCR検査を行ってきましたが、既に県内においてはほぼN501Yの変異株に置き換わっていること。また、新たな変異株の監視を強化するために、今後、L452R、いわゆる従来インド株、インドで最初に検出された変異株と言っていたデルタ株等を対象としたスクリーニング検査に切り替えることにいたしました。
 そこで、早速昨日、先週12日までの、これが6日から12日までに確認された陽性事例で、衛生薬業センターで陽性となった4例について、L452Rの変異株PCR検査を実施しましたが、全て陰性でした。
 今後、L452Rの変異を持つウイルスは、検査で変異が確認された場合は、これまでと同様に国立感染症研究所へゲノム解析を依頼することになります。
 なお、変異株については、これまで英国株と言っていたものについてはアルファ株、インド株と言っていたものについてはデルタ株など、呼び名、呼称が変更になっています。

 

県民の皆様へ

 新型コロナウィルス感染症に感染された方やその御家族、濃厚接触者に対して、不当な差別や偏見があっています。
 佐賀県は慈しみ合う県です。感染された方、その御家族、濃厚接触者などに対する情報の詮索、不当な差別、偏見、いじめというのが決してないようにお願いします。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:80950)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.