佐賀県総合トップへ

スマート農業の実証試験を実施します

最終更新日:
 

自動給水栓の実証試験を実施します

 

1.自動給水栓による労力の短縮時間を調査

・水田の用水管理が自動でできる「自動給水栓」を、調査のため佐賀市内の2箇所の農地に設置します。

 

・「自動給水栓」の設置により、水管理に係る労力がどの程度省力化されるか検証を行います。

 

 調査期間:令和3年~令和4年

 検証項目:水稲栽培期間における水管理に要した時間

 

設置イメージ
設置イメージ

2.背景

・農業従事者の減少や高齢化が進み、農作業や農地の管理等のための担い手が減少していくことが想定されます。今後、将来にわたって農地・農村を保全するため、ロボット技術やAI、IoT等の先端技術の導入による、農作業の効率化・省力化を実現する「スマート農業」に期待が高まっています。

 

・スマート化の技術は日々進歩しています。技術や機械の内容、導入コストに対する効果など不明瞭な点も多く、より有用な効果を得るためにはその農地に適した技術を選択する必要があるなど課題もあります。

 

・今回、本県での導入を見据えた実証試験により、佐賀県農業に適した技術を検証し、今後の導入に繋げていきます。


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:80729)
佐賀県庁(法人番号 1000020410004) 〒840-8570  佐賀市城内1丁目1-59   Tel:0952-24-2111(代表)     
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.

佐賀県庁(法人番号 1000020410004)

〒840-8570
佐賀市城内1丁目1-59
Tel:0952-24-2111(代表)
Copyright© 2016 Saga Prefecture.All Rights Reserved.